« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

うちの夫は仕事ができない

ドラマ「うちの夫は仕事ができない」を見て・・・う~~~む、隔世の感がある。
なにが良いとか悪いとかではないけれど。

公文にいたとき、幼稚園の運動会の日(この幼稚園はカトリックなので、運動会が日曜日になくてウィークデイでした)公文のお迎えはすべてパパでした。
運動会で、仕事を休んだってことですよね。

...

うちの息子が育ったころ、多分ほとんどの会社勤めのパパはこうではなかったと思います。
男たるもの、仕事が一番。
現に、息子の小学校の運動会、夫は6年間一度も来ることはありませんでした。
幼稚園の入園式、卒園式、小学校の入学式、卒業式も。

当時はバブル期。
毎日の接待に、土日は接待ゴルフ。
晩御飯を家で食べることもほとんどありませんでした。

ドイツで息子を出産したときも、出産の前日まで夫は出張に行っていたし、退院の日の会議で迎えに来られず、母は来てくれたけど、雨の中、赤ん坊と荷物をもってタクシーで帰宅しました。

ドイツ人の旦那さんは、毎晩病室に来て、奥さんをねぎらいます。でも日本人駐在員の夫は、まず来ることができません。だから、駐在員の妻は、同室のドイツ人から「この人、私生児を生んだのかしら」という目で見られるという話も聞かされました。

出産直後に、引っ越しをしなければならなくて、首の座っていない息子を抱いて一人で家探しをしました。

シンガポールにいたときは、月の四分の三が出張でした。
息子が喘息の発作を起こして、救急病院に連れて行ったときも私一人でした。

息子がまだ小さいとき、私がインフルエンザで40度の熱を出しても、夫が会社を休んだり、遅刻早退することはありませんでした。

私たち世代は、「そんなもの」と思っていたのではないでしょうか。
その分、ママ友たちとは運命共同体的な強いつながりがありました。
お互いみんな夫を頼りにできないから、頼りになるのはママ友だけ。

ドラマでは、夫が大事な仕事を任されて、自分を相手にしてくれないからと家出する妻。
大事な仕事を、部下に譲ってまでも、妻の出産に立ち会おうとする夫。

家庭を第一に考えるのは大切なことだけど。

以前、ランチをしていたら、隣の席にサラリーマン風の男性と、部下らしい女性が座っていました。
二人の会話を聞いて、私はぶっ飛びました。

男性「僕は明日休みます。娘が、小学校の卒業式で、卒業生を送る歌を歌うのを見に行くので」
娘が卒業するならわかるけど、それを送る歌を歌うのを見るために会社を休むってか!

う~~~む、隔世の感がありすぎだなあ。
そうはいっても、本人たちが幸せならそれが一番ですね。

| | コメント (0)

9月になりました。

すご~~く飛んでしまいましたcoldsweats01
8月22日から学校が始まって、9月に入ってボラもNPOも始まって、バタバタしています。

学校では生徒さんが「先生が一番面白いです。みんなの一番好きな人です」なんて言ってくれて、豚が木に登っていますgood
学校はどうしても評価をしなくちゃいけないので、先生方は厳しくしなきゃいけないんだけど、私は前職が子供相手だったから、ついつい甘くなっちゃうのでしょう・・・
週5日の授業、私は五分の一を担当しているから、一日くらい気が抜ける先生がいるのもありかなと(勝手に)思ってます。

面白いのは、ブラッシュアップ講座の講師に「日本語の先生は芸人でいなさい」と言われたからかな、まあ関西の血ってのもありますが。
他の講座を受けた先生は「日本語の先生は女優でいなさい」と言われたそうな。
芸人と女優・・・講師も相手を見て言うのだろうか coldsweats02

最近の晩御飯です。

Dscf2244

鶏の味付け焼き。ケチャップを入れた中華風のたれで鶏を焼きます。
息子のお弁当の定番でした。
Dscf2257_2

さんまのオイル煮
まださんまに脂が乗ってなかったので、オイル煮。
Dscf2258

チキンアンナ。うちの近くの鶏肉やさんに教えてもらったレシピです。
鶏肉を台にしたピザみたいなものです。
Dscf2259

万願寺唐辛子。これ息子も大好き!
Dscf2261

豚バラキムチ。ちょっと写真がばっちいのですが、豚バラの塊を圧力鍋でトロトロに茹でて、暖かいうちにキムチと一緒に食べます。
昔よく行った神田のホルモンやさんのメニューです。
Dscf2262

アジフライ。大井町阪急でぴかぴかの鯵を購入。揚げ物は家でしないと言う人が多いけれど、揚げたてのアジフライはめちゃめちゃ美味しい☆
Dscf2263

ブタしゃぶ。青いどんぶりに入っているのは、白ネギです。こぶ出汁にこのねぎを山と入れて、豚をしゃぶしゃぶしてネギを巻いて食べます。たれはめんつゆ。
ネギをたくさん食べるので、鍋の野菜はあまり入れません。
このほかにサラダなどをつけました。
Dscf2265

エビときのこのアヒージョ。息子があまりきのこが好きじゃないので作ってみたら、ものすごく気に入ってくれました。
「また作ってね」って。
Dscf2266

生協で生きくらげが届いたので作ってみました。
貴妃鶏しょう(漢字が見つかりません)楊貴妃が大好きだったそうです。
鶏の手羽先ときくらげの煮物。
手羽先トロトロです~~

しかし、時々現れる白髪ねぎのぶっといこと・・・


あと10日で息子はアメリカに帰ります。
ちょっとつまんなくなります・・・

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ