« 京都へ行きました。 | トップページ | レ ミゼラブル »

義母の入院と源義経です。

火曜日、近くのホームで暮らす義母が誤嚥性肺炎で緊急入院しました。
96歳という年齢に加え、血圧や腎機能が低下しており、2,3日が山でしょうと言われました。
親戚や合わせたい人に連絡してくださいともいわれ、覚悟をしていたのですが・・・

お見事!復活しました。 ...
血圧、呼吸も安定しており、話しかけると反応するということで、今のところ一安心です。

しかし、今回ほど「憎まれっ子〇にはばかる」という諺を実感したことはありません(⌒▽⌒;)
もちろん、安心したし、心から良かった~~~と思っているんですよ!!

私の友達の間でも有名な、かなり強烈なキャラな方だったので(;^_^A

これからは、そのキャラの通り、奇跡の復活を遂げて、区長さんから、長寿のお祝いをもらうまで頑張ってほしいです。

とても感動する出会いがありました。
義母を担当してくださる看護師さんの一人が、なんと息子の幼稚園時代の友達でした。
幼稚園以前、公園デビューの時からのお友達で、ちっちゃかった彼らは一緒にお風呂に入ったりお昼寝をしたり・・・コロコロわんこのように仲良くしていました。
そのお嬢ちゃまが、すっかり大人になって、立派な仕事をしておられます。
「病院で快適に過ごせるよう一生懸命お手伝いさせていただきます」と言っていただいて、本当にうれしいです。
不思議なご縁に乾杯! wine

「世界ふしぎ発見!源義経は生きていた?」を見ました。
高校時代「源義経 ジンギスカン説」とか「イエスキリストは日本にいた」とかいう本を読みました。

読んでいると、どんどんその気になっちゃうんですよね。

私「イエスキリストは日本にいた」を読んで、絶対に東北に旅行しようと思っていました。
おととし、クーが亡くなって、ゆっくり旅行に行けるようになって、まず、イエスキリストの足跡を調べたら・・・この40年の間に、どんどんうさん臭さが発覚し(もともと胡散臭い話ではあるけれど、だましてもらいたいというロマンがあったのに)、もはや、まるで魅力のないところになっていました。shock

しかし、今日の義経の話はおもしろかった!!
身代わりがいたこと、頼朝の首見分でばれないようにわざと頭を焼いて、しかも40日過ぎ、見分けがつかなくなったものをおくったとか、東北のいろいろなお寺に残る古文書・・・
義経が竜に乗って、蝦夷に飛び立ったという竜飛岬。

蝦夷にわたってからの伝説は、根拠のない嘘くさいものばかりなので、多分彼の消息は青森で途絶えたのでしょう、ジンギスカンにもなっていないのでしょう。

久しぶりに歴史をたどって、歴女の私はとても楽しかったです。

|

« 京都へ行きました。 | トップページ | レ ミゼラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都へ行きました。 | トップページ | レ ミゼラブル »