« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

息子とバングラディシュです。

バングラディシュの銀行でインターンシップをする息子が、今日帰国しました。

今のバングラは、ラマダンで、ISがテロを呼び掛けており、バングラ大使館から、注意勧告が出ています。
ラマダン明けまでは日本に引き留めようと思っていたら、昨日また注意勧告BNPというバングラ民族主義者党というのが、18日に起きたBNP幹事長襲撃事件を受けて、全国で抗議デモを実施する旨発表しました。不要不急の外出を控え、最新の情報に注意してください、デモ、集会に出会ったらすぐに逃げてください・・・って。

そんな危険なところなのか・・・

とりあえず、こんばんは、お帰りのご飯。
Dscf2178



牛タンしゃぶしゃぶ
Dscf2179

お刺身盛り合わせと、自家製ぬか漬け
Dscf2180


カツオのカツ
Dscf2181


茄子とズッキーニのグラタン。

美味い美味いとたくさん食べてくれました。


できれば、バングラ行ってほしくないです。

| | コメント (0)

6月第二土曜日

三年前の6月第二土曜日にマイが、二年前の6月第二土曜日にクーが召されました。

一年の中で、6月第二土曜日が一番嫌い。


Dscf0079


Dscf0287
Parareru



Osotode

Atuidesu2_2

| | コメント (0)

レ ミゼラブル

昨日、「レ ミゼラブル」に行きました。

今回はチケットを取り遅れてしまったのですが、何とか一枚!!
もちろん、吉原バルジャン、上原アンジョです。
川口ジャベールは見られなくて・・・

...

川口さん見たかったし、見たかったし、見たかったし ( ´△`)

でも素晴らしい「レミゼ」でした。
もぉ 吉原さんのジャンバルジャンは完璧です!!

やさしさ、悲しさ、強さ、弱さ・・・
すべてが混然一体となり、私にとって、最高のジャンバルジャンです。

この間の究斗さんのミュージカル落語「レミゼの歌をたくさん聴く会」で初めて知ったのですが(遅いって!)、ジャンバルジャンの囚人番号、原作と日本語版では違うんですね。

原作では「24601 24シックス オー ワン!」日本語では「24653 24ろく ごう さん!」
「24ろく ぜろ いち!」ではちょっと語呂が悪いですものね。

初見の岸ジャベール、とても良かったです。
彼は刑務所の中で生まれ、その反面教師なのか、不正は絶対に許さない。法律こそが命、すべて。だから犯罪者であるジャンバルジャンに命を救われ、マリウスを助けようとするジャンバルジャンに道を譲る・・・真面目であるがゆえに、そんな自分が許せなくて自殺する・・・川口ジャベールの威風堂々としたカッコよさは最高だけど、岸さんの繊細なジャベールは、私が持っていたジャベール感を少し変化させたような気がします。

上原アンジョ!!
やっぱりあなたはおばちゃんの王子様だわ (●⌒∇⌒●)

| | コメント (0)

義母の入院と源義経です。

火曜日、近くのホームで暮らす義母が誤嚥性肺炎で緊急入院しました。
96歳という年齢に加え、血圧や腎機能が低下しており、2,3日が山でしょうと言われました。
親戚や合わせたい人に連絡してくださいともいわれ、覚悟をしていたのですが・・・

お見事!復活しました。 ...
血圧、呼吸も安定しており、話しかけると反応するということで、今のところ一安心です。

しかし、今回ほど「憎まれっ子〇にはばかる」という諺を実感したことはありません(⌒▽⌒;)
もちろん、安心したし、心から良かった~~~と思っているんですよ!!

私の友達の間でも有名な、かなり強烈なキャラな方だったので(;^_^A

これからは、そのキャラの通り、奇跡の復活を遂げて、区長さんから、長寿のお祝いをもらうまで頑張ってほしいです。

とても感動する出会いがありました。
義母を担当してくださる看護師さんの一人が、なんと息子の幼稚園時代の友達でした。
幼稚園以前、公園デビューの時からのお友達で、ちっちゃかった彼らは一緒にお風呂に入ったりお昼寝をしたり・・・コロコロわんこのように仲良くしていました。
そのお嬢ちゃまが、すっかり大人になって、立派な仕事をしておられます。
「病院で快適に過ごせるよう一生懸命お手伝いさせていただきます」と言っていただいて、本当にうれしいです。
不思議なご縁に乾杯! wine

「世界ふしぎ発見!源義経は生きていた?」を見ました。
高校時代「源義経 ジンギスカン説」とか「イエスキリストは日本にいた」とかいう本を読みました。

読んでいると、どんどんその気になっちゃうんですよね。

私「イエスキリストは日本にいた」を読んで、絶対に東北に旅行しようと思っていました。
おととし、クーが亡くなって、ゆっくり旅行に行けるようになって、まず、イエスキリストの足跡を調べたら・・・この40年の間に、どんどんうさん臭さが発覚し(もともと胡散臭い話ではあるけれど、だましてもらいたいというロマンがあったのに)、もはや、まるで魅力のないところになっていました。shock

しかし、今日の義経の話はおもしろかった!!
身代わりがいたこと、頼朝の首見分でばれないようにわざと頭を焼いて、しかも40日過ぎ、見分けがつかなくなったものをおくったとか、東北のいろいろなお寺に残る古文書・・・
義経が竜に乗って、蝦夷に飛び立ったという竜飛岬。

蝦夷にわたってからの伝説は、根拠のない嘘くさいものばかりなので、多分彼の消息は青森で途絶えたのでしょう、ジンギスカンにもなっていないのでしょう。

久しぶりに歴史をたどって、歴女の私はとても楽しかったです。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »