« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

エリザベート、観劇です。

Mainpage01


行ってきました、6年ぶりの「エリザベート」。
この演目のチケット、とにかく取れません・・・
友達が頑張りに頑張ってくれてのチケットでした。
ほんま、ありがとう!

...

久しぶりのエリザベートは、めちゃめちゃ良かったです!!!!

キャストは
エリザベート:花總まり
トート:井上芳雄
フランツ:佐藤隆起
ルキーニ:成河
ゾフィー:涼風真世
ルドルフ:京本大我

どなたも初見のキャストです。

今まで拝見したトートは、山口祐一郎さん、石丸幹二さん。
トートとはそれなりの年齢のおっさんで、不気味に青い生き物やと思い込んでいた私には、井上トートはとても新鮮でした。
メイクが変わったのでしょうか、青くないし!!!
若いし!!!
生き生きしてるし!

トートが好きじゃなかった私が、トートに惚れた!!
かっこいい~~~~!!
ルックスも素敵だし、最高の歌唱力で、何回も観た演目ですが、初めて「トートとはかっこいい存在なんだ」と思いました。
もちろん、山口さんも石丸さんも素晴らしかったんですよ!!
でも最後にエリザベートが命と心を預けるほど魅力的な男・・・・・・・なんかな・・・と思ってました。
すごいよ、井上トートは!!

ルキーニの成河さんも、よかった!育三郎さんのルキーニも観たいなあ。

トートへのイメージが変わったのと同じくらい、フランツが良かったです!

そもそもフランツという男、お見合いについてきた相手の妹のエリザベートに惚れ、結婚します。
しかしかなりのマザコンで、嫁と姑との間でうろうろし、浮気した相手にやばい病気を移され、それが原因で、エリザベートが家出をする。
息子にも裏切られ、何度もエリザベートに復縁を迫るもことごとく断られる・・・というなんとも情けない男・・・というイメージだったのですが、佐藤フランツは非常に包容力があり、暖かくて優しくて・・・
私好きだな!

ルドルフの京本君は、京本政樹さんの息子さんなんですね。
井上トートのデビューがルドルフであったように、若手俳優さんの登竜門なのかもしれません。
私は今までは、パクトンハさんを選んでみていました。
いかにも育ちのいい、悩み深い感じのパクルドルフが大好きでした。
京本くんもとても純粋で、若い熱いたぎる気持ちの素晴らしいルドルフでした。
あんなにかわいい息子なら、エリザベート、受け入れてあげようよ~~!!

久しぶりのミュージカル、本当に本当に楽しかったです!!!

| | コメント (0)

上原理生コンサート2016

Event_56d6900833718

昨日「上原理生コンサート2016」に行きました。
上原理生さんは、2013年の帝劇ミュージカル「レ・ミゼラブル」のアンジョ役で初めて拝見し、「うわ!!!王子様見っけ!!」と思った方。

また彼の舞台を観たいなあと思っていたけれど、マイクーのことがあってすっかり観劇から遠ざかっていました。

初めて行った関内大ホール。

素晴らしいコンサートでした!!!

エルビスプレスリーの「この胸のときめきを」から始まり、映画音楽のメドレー。
彼がアンジョと重なったというフォークソング「若者たち」、「よいとまけの歌」、「愛の賛歌」。

第二部は、ミュージカル曲です。
「オペラ座の怪人」「モーツァルト」「ラマンチャの男」「レント」「ダンスオブバンパイア」「ジキルとハイド」「ミスサイゴン」などから、よく知った大好きなナンバーの数々。

アンコールは、カンツォーネの曲と、エアロスミスの「アルマゲドン」のテーマでした。
最高のお声と表現力に、何度も立ち上がりそうになるくらい素晴らしかったです。


三列目という良い席だったので、キラキラのお目目までじっくり見られて、おばちゃん感激!!
やっぱりあなたは「王子様」だわ☆
って、息子とほとんど変わらないお年なんですけど^^;;

トークはちょっとやんちゃで可愛かったです!

秋から上演の「ミスサイゴン」絶対に行こう!!
昨日も歌われた「ブイドイ」って、ミスサイゴンの中で一番好きな曲です。
上原ジョンを見に行くぞぉ~~

今持ってるチケットは「エリザベート」と「真田十勇士」です!
まだまだ観劇の予定が増えそうな予感が・・・ふふふ

| | コメント (0)

隔世の感??

仕事では、幼稚園児さんを見ることが多いのですが、時代を感じるなあと思うことがよくあります。
幼児さんの教材で、一枚のプリントに三つ絵が載っていて、それを読んで覚えるというのがあるのですが、わからない絵が多い(この教材は字を読めるという以前の教材なので、あくまでも絵を見て覚えて、繰り返すというものです)。

座布団、やかん、せんぬき、こたつ、えんとつ・・・これがわからないのはなんとなくわかります。
和室ない家多いし、やかんでお湯を沸かすことも少ないでしょう。
せんぬきなんて、うちでも使うことないし。
小包み、宅急便だと小包みにしなくてもいいものね。
えんとつだって、銭湯くらいでしか見ないし。

最近の傾向!
電話がわからない。
教材の絵は、いわゆる家電。
固定電話がない家が増えているのかな。

乳母車・・・「ベビーカー」
確かに私も乳母車という言葉は使わないなあ。
味噌汁・・・「スープ」
切手・・・「シール」

なかなか面白いです。

日曜日、目黒に行きました。

Dscf1931


友達と食べたタイ料理はいまいちでしたが、鮒一本店でウナギを買って帰り、母を呼んで晩御飯です。

Dscf1932


うなぎのひつまぶし(鮒一のウナギは、箸をつけると崩れるほどやわらかくないので、ひつまぶしにぴったりでした)。卵のどんぶり蒸(上に乗っけたのがうちの三つ葉・・・なんと雑な!!)。
お漬物がない!と夫が文句を言ったので、冷蔵庫に残っていた野菜(きゅうり、ミョウガ、ズッキーニ、セロリ)をエ○ラ浅漬けのもとでモミモミ。ラタトィユ(和食には合わないけれど、冷蔵庫が夏野菜でいっぱいだったので作りました。美味しかったよ)

| | コメント (0)

マイクーの会

Dscf19281

昨日、マイクーをかわいがってくださった、私の大好きなお友達をご招待して「マイクーの会」を開かせていただきました。
初対面同士の方もいらしたのですが、みなさん、沢山しゃべって沢山笑ってとても和やかな会になりました。

来てくださった方々に感謝です。
そして、なにかとお心遣いいただいたお店のママさんにも感謝です。
本当にありがとうございました。

こんな会が開けたのも、マイクーが同じ時期に亡くなったおかげなんですね(笑)
一月と八月とかだったら、どちらに合わせるか迷っちゃうもの。

今日は一年ぶりの獣医さんへ。
本当に本当によくしていただいたから、お花をもってご挨拶に行きました。
ここ一年この病院の前を歩けなかった。
先生もとても気にかけてくださっていたようで、お話ができてとてもよかったです。

マイもクーもそして私も、本当に周りの方々に恵まれています。

本当にありがとうございます。
そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

明日からは

二年連続でマイクーが6月の第二土曜日に召されました。

今年の第二土曜日はおかあしゃん、ひとりぼっちだよ。

明日からは、「忘れずに覚えていることと、引きずることは違う」を座右の銘???として、前向きに歩いていきます。

Cutittayo1

Maihohoemi1


| | コメント (0)

フライングタイガー

暑い~~!
今日からマンションの屋根の張替工事が始まりました。
朝から、足場を組む音が激しく響いています。

ベランダに洗濯物を干せない日も多々あるようで、「お洗濯命」の夫、発狂するんじゃなかろうか。

昨日初めて、「フライングタイガー」に行ってきました。
可愛い小物、大好きだから、興味あったのですが、すごく混んでると聞いていたので我慢してました。

小雨の二子玉川のお店はとても空いていてゆっくりと何周も何周も見ることができました。
楽しい、かわいい
お友達にプレゼントするものも含め、いろいろ買っちゃいました。

ただでさえ暑苦しい中、連日の舛添さん・・・
この人、どんどん悪い顔になっていくな。

この方の日本語、気になります。
「考えてございます。」
「搬入してございます。」
「所有してございます。」

違和感・・・
数年前の福島の原発事故の後の東電の偉いさんの会見とまったく同じ言葉遣いなのです。

人間、うそがばれないようにつくろうと、こういう言い方をしちゃうのかな。

Dscf1921


フライングタイガーで買ったものです。

Dscf1919_2

日曜日、夫がいなかったので母と二人で晩御飯。
「年寄りはお肉を食べなきゃいけないのよ。それも脂っこいお肉を」というので、分厚い豚ロースを沢山のやさいと煮込みました、豚肉のロベール風。バンバンジー。わが家で漬けた新生姜の酢漬け。

| | コメント (0)

心に響いた言葉です。

Windows10の「勝手にバージョンアップされちゃった問題」ですが、先週PCの先生に来ていただいて、なんとか使えるようになりました。慣れればきっと良いものなのでしょう(そう信じて・・)

写真の取り込みもできるようになったので、喜んで載っけちゃいます。
Dscf1914_2

今年は我が家のやせ梅の木が豊作です。
2,3年に一度豊作の年があるのですが、青梅なので梅干しにはできなくて、梅酒にしていました。
でも、梅酒は誰も飲まないし(甘いお酒は嫌いなのだ)。

今年は塩をまぶして「かりかり梅」にしてみました。
さっき一つつまんだら、まだ塩気が立っているけれど、かりかり感はなかなかです。

まだ上のほうに実がたくさんなってます。
植木屋のおじさんが「傘を逆さにつるして揺さぶるといいよ」と教えてくださったのですが、いくらやせ梅といえども、少々のことじゃ揺すれませんって^^;;

6月になりました。
6月は、二年続いて、思い出したくない月です。
おととしの6月14日にマイ、去年の13日にクーが召天しました。

最後の数か月は認知症で、夜泣き徘徊はしたけれど、苦しむことなく抱っこして見送れたマイに比べ、クーの最後には心が残ります。

べたべたの私の宝物でした。
もっと早くああしていれば、最後の夜は家で迎えさせてやりたかった・・・そう思うと「クーちゃん、ごめんね。ごめんね」と毎日涙が出ます。

先日、録画しておいた「科捜研の女」を見ました。
再放送なので、実際に放映されたのは1,2年前だと思うのですが。

部下を殉職させたことをずっと後悔し、立ち直れない刑事さんに、「科捜研の女」榊マリコが語り掛けます。
「忘れずに覚えていることと、引きずることは違う」

なんだか、すごく心に響きました。
Dscf1917


久しぶりに我が家の晩御飯です。
焼きアスパラとベビーコーン(ベビーコーンはひげ根が美味しいんだよね!)。砂肝の南蛮漬け。手羽中のパイナップル煮。鯵のナメロウ。ナメコおろし。お味噌汁(豆腐と油あげ)。

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »