« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

京都の旅 そのに 神戸へ行ったよ

PCの写真加工ソフトがバージョンアップしたら、なんだか使いづらくなったのと、息子が家にいる時は私のPCの前にどっかり座っていたので、ちょっと遅れてしまった「京都の旅そのに」です。

美味しいもの編にする予定だったのですが、私の写真の未熟さゆえ、かえってレストランにご迷惑をおかけするのではcoldsweats02と思い、割愛させていただきました。

京都東山松原の「コリス」というお店です。 ...
小さな家庭的なフレンチレストランで、ものすごく美味しかったです!!!
京都は土壌が良いので、お野菜が美味しいんですよね!
それに伴ってお肉も!

うちの隣のおばあさんが、滋賀県の方で
「東京の人は豪勢ですね、こんな不味い野菜に高いお金を払って・・・」って言っておられましたっけ。

京都にいたら絶対にリピしたくなるお店でした。
Mちゃんご夫妻に感謝です。

ということで、今日は、「京都の旅 そのに 神戸へ行ったよ編」です。

二日もMちゃんちに泊めていただき、すっかりくつろいだ最後の日、神戸へ連れて行ってもらいました。

三ノ宮まで電車で行き、コインロッカーに荷物預けて、ランチは駅の高架下?高架上?う~~む、ゲームのダンジョンのような場所にある、「信そば長野屋」のカレー蕎麦です。

Dscf1850

あまりカレーうどん、カレー蕎麦を食べたことはないけれど、これ江戸のカレー蕎麦とは全然違います!!
江戸のカレー蕎麦(息子が好きなのでみたことはある)はお蕎麦屋のカレーライスのカレーを出汁で伸ばしたのがそばにかかっている感じじゃないですか。
このお店のカレー蕎麦はとにかく出汁が効いてます。
関西風の美味しいうどん出汁にカレーが溶け込んでいて、それがあんかけでそばにかかってます。具はほとんどありません。ちょびっと牛肉にちょびっとねぎ。
これがめちゃめちゃ美味い!!

うどん文化の関西圏で、このお店はお客さんの8割以上が「カレー蕎麦」を注文するとか。

「食べても食べてもなかなか減らないよ」と聞いていたのですが、あっという間に完食!

家ではカレーが余った時の昼ごはんにカレーうどんを作っていたけれど、これはわざわざ作って食べたい味でした。

お腹いっぱいです、さあ歩きましょう!
目指すは異人館。

Dscf1851

フロインドリーブ本店です。
ここは長い歴史を持つ神戸のベーカリー。教会を改築して、国の有形文化財に指定されています。中にはショップとレストラン。
ランチタイムには長蛇の列ができていました。

Dscf1852

それからは、ひたすら坂、坂、坂・・・
この道、ものすごく狭くて、人がすれ違うのがやっとです。
その上、すごい傾斜・・・
なんでこんなところに異人さんは住んだんやろう・・・

暑い!キツイ!しんどい!!!と文句たらたらの私ですが、ついたところは本当に美しかった!!

Dscf1854_1

うろこの家。

Dscf1857

風見鶏の家。
ここは昔NHKの朝ドラの舞台になった家です。
当時ここに住んでいたドイツ人商人は、日本に財産を残してドイツに帰国中、第一次世界大戦が起こり、日本に帰ることができなくなり、困窮の末亡くなりました。
そののち、このドラマが放映されたことで、娘さんの目に留まり、再びドイツとの交流が始まったそうです。
中には、当時の幸せいっぱいのご家族の写真が沢山ありました。

Dscf18551

萌黄の家。
ここは、水谷豊さん主演の「少年H」に出てきた家です。
この家の隣の坂を水谷さんと、少年Hが歩いていた画像、覚えています!

しばらく歩いて、喉が渇きました。
にしむらコーヒー。
Dscf1858

Mちゃんはブレンド、私はアボカドジュース。
このジュース、アボカドとパインとレモンのミックスジュース。
初めての味でしたが、元気になりました。

そのほか、インドの教会とか、ユダヤ教の教会とか、モスクとか・・・中華街とか。
面白かった!
最後は、どうしても明石焼が食べたくて「たちばな」に行きました。

タコ焼きはどこでも食べられけれど、明石焼はあまりないよね。
もぉとろとろでめちゃめちゃ美味しかったです。
お土産に買い、帰って息子に食べさせたら、絶賛でした!!

主人は「江戸舌」だから、私とは味覚がちがうところが時々あって、関西ASナンバーワンの私にはイラ!!っとするところがあるのですが、息子には「関西舌」が受け継がれていて嬉しい。

帰りの新幹線で、缶ビールをあけ、爆睡して品川に帰ってまいりました。

神戸三ノ宮は、美しい所、興味深い所満載です!!

でも、きっと横浜も同じ雰囲気なのだろうなと思いました。
横浜というと、中華街で美味しいものを!!としか考えていなかったけど、一度ゆっくり歩いてみたいです。

| | コメント (0)

やった~~!

フィギュア4大陸選手権、パトリックチャンがSP5位からの大逆転で優勝!!!もぉ最高、魅せてくれるなあ!!やっぱり王者はこうじゃなくちゃ!ええもん見せてもらいました good

| | コメント (0)

大学院合格しました。

息子が、今日上海に出発しました。

その前、昨日、カナダのブリティッシュコロンビア大学の大学院に合格しました。

アメリカの大学院の発表がまだなので、どこに行くかまだわかりませんが、彼がとても気に入っている大学です。

決して平坦とは言えなかった今までの彼の道のりを考えると、嬉しくて私は涙が出ました。

よく頑張った!

今はとにかく彼の努力を誉めてあげたいです。

| | コメント (0)

今週も元気なのだ!

京都の夢のように楽しかった旅から帰って・・・現実は厳しい~~!!

仕事や、日本語、そしてひさしぶりに日本に滞在しておる息子への三度三度の飯作りsadそして、文句言いのばあ様・・・

あ~~めんどくさい!と言いながら、それがきっと私の一番落ち着ける場所なんだなと思います。

また、いつか夢を見に行こう!

11日の木曜日、シンガポール時代の友達とランチ。
彼女がシンガポールにいたときのあまさんが日本旅行に来られて、お土産に持ってきたザーサイやカレーのもとなどおすそ分けを頂きました。

私もあまさんとはとても仲が良かったけど、日本に旅行に来て連絡してくれるほどの関係ではなかったなあと思うと、彼女のお人柄なんでしょうね。

ひさしぶりのシンガポールのローカルフード楽しみにいただきます!

16日から、仕事で地獄の!!無料体験が始まる前日、これまたロンドン時代の友達とランチをしました。
もう30年以上前からの友達です。
当時は、お互い子供がいない駐在員妻、結構ブイブイ遊んでましたなあ。

なかなか会うことができなくて、しばらくは年賀状のお付き合いだったのですが、クーの喪中ハガキを期に、メールを頂いて会うことになりました。

場所は恵比寿の小龍包のお店「京鼎樓ジンディンロウ」です。
小ぶりな小龍包がとっても美味しかった!!
シュウマイも、レタスのオイスターソース和えも、棒棒鶏もとっても美味しかった!!
けど、彼女も去年の3月にワンコを亡くしています。
だから、美味しいお料理を目の前に・・・涙ぼろぼろで・・・あまり食べられませんでした。

彼女のワンコが夜、急に悪くなってかつぎこまれた救急病院と、クーが早朝胃拡張の発作を起こして連れて行った救急病院が同じでした。

お互いそこの処置は的確で満足しています。

彼女のワンコは、重度のヘルニアで緊急手術が必要と言われ、彼女がかかっていた獣医さんでは対応ができないので、初めていく遠い所での手術となりました。
それが単純なヘルニアではなく、骨を溶かす病気ですぐにモルヒネを打たれ、そのまま回復することなく、あまりの苦痛を見かねての安楽死を選んだそうです。
あの時、あそこの病院に連れて行かなかったら、もしかしたら違う道があったんじゃないか。

私も、あと一時間早く病院に連れて行っていれば・・とか、あれだけおうちが好きだったクーを獣医さんに無理を言ってでも連れて帰ってあげられたらという後悔で、いまだに泣かない日は一日もありません。

でも、彼女に言われました。
「もしクーちゃんを無理に連れて帰っていたら、すごく苦しんで、私みたいに安楽死を選ぶことになったかもしれないよ。それをしなくて良かったと思うよ」。

そうだね・・・初めてクーの最期がそれでよかったのかなと思えました。

泣いてばかりじゃなく、面白い話にゲラゲラ笑って、あやしいおばさん二人。
会えてよかったです!

息子はあと3日でまた日本を離れます。

Dscf1861

今夜の晩御飯です。お刺身盛り合わせ。サザエのつぼ焼き。明太子としらたきの和え物。照り焼き。大根と牛筋の煮物。ほうれん草のおひたし。

日本でしか食べられない味をしっかり食べて行ってね。


ちょっとさびしいけれど、来週はお楽しみを沢山いれているのだ~~!!

色々あるけれど、きっとうまくいく!

私も息子も。

それを信じて!

| | コメント (0)

京都の旅 そのいち 愛校心

2月6日の午後の新幹線で、京都へ行きました。
私たちが、同志社中学2年H組だったとき、新卒で来られ、担任になられた理科の先生がいらっしゃいました。
生意気ざかりの13,14歳の、うるさい男女生徒を相手に、きっと大変でいらしただろうなあと、(今なら)想像がつきます。

このクラスは、とても仲が良くて、特に女子は(当時、学年一濃いメンバーだったらしいcoldsweats01)、その後も一緒に旅行に行ったり、私の10年間の同志社生活の中で、最も印象に残っているクラスです。

先生も初めて担任したクラスと言うことで、いつもいいつも気にかけ、可愛がってくださいました。

私は大学を卒業後、すぐに結婚し、夫の転勤で8年半の海外駐在、その後はずっと東京。
子育てをしながら、なかなか同窓会にも行けません。
子供が成長したら、今度はマイクーのことがあって、これまた家を長く空けることができませんでした。

なのに、2年H組の女子仲間、そして一番仲良しのMちゃん(彼女とは高校で同じクラスになりました)は、こんな私を見捨てることなく、何かあるときは必ず声をかけてくれて
「スーさんが来ないと、始まらないよ!日程はスーさんに任せるから、必ず来てね」とずっと言ってくれました。

それがやっとかなっての今回。
先生の定年退職を祝う会でした。

木屋町のイタリアンに集う面々。
懐かしい顔・・・きゃーきゃー言いながらハグしあって、時は一瞬にして45年前に戻ります。

当時のクラスの半分以上が集まりました。

女子はすぐ分かったけれど、男子は変貌を遂げている方が多かったかな。

大盛り上がりでした!!
先生は当時のクラスノートや、私たちが書いたものを持って来てくださって、もぉ笑った笑った!!
赴任当初は頼りなかったけれど(笑)、生徒たちの気持ちをいつもわかってくれて、育ててくれた先生がみんな大好きです!

先生、あの時あのクラスで先生に受け持っていただけたこと、私の人生のベスト10に確実に入ります。

京都を離れて25年以上たつ私は、まったくのおのぼりさん状態です。

Mちゃんちに行く電車まで友達が送ってくれました。
(それ以前に、数人の友達からMちゃんに「スーさんは責任を持って電車に乗せます」「それ以降は、Mちゃん、スーさんをどうぞよろしく!」というメールが行っていたそうな)

その時点で、かなり酔っぱらっていたのですが^^;;、Mちゃんちに着き、Mちゃんやご主人(彼も同級生なのだ!)と、またいっぱいやって・・・その後の記憶はありませんcoldsweats01

次の日、Mちゃん、もりもり、おみやという最高のメンバーで母校めぐりです。

同志社もすっかり新しくなりました。
寒梅館という新しい建物の7階にあるレストランでランチ。 Dscf1830
Dscf1831_2
素晴らしい眺めでした。
ちょっとわかりにくいけれど、右側の山、大文字の送り火の「大」の字です。
こうやってみると、京都は山に囲まれているなあと実感。
東京だと、どこまでも見晴らせちゃうもんね。

思いっきりおしゃべりをしながら、美味しいランチを頂いたあとは、「愛校心ツアー」です。Dscf1835
チャペル。
国の重要文化財です。
当時は中学のチャペルでした。
毎朝礼拝があり、礼拝サボりは一番の校則違反だったような記憶があります。
今は、大学のものになっています(中学は、当時も今も高校がある岩倉に移転)

紅白の梅が咲いていました。

Dscf1837

クラーク館を臨む。
Dscf1839

アーモスト館。

入れる館には入って、思い出に浸ります。

「なんで私らこんなにこの学校が好きなんやろね」
「ほんま、他の人にはちょっとわからんくらいの思い入れやもんね」

私関ヶ原を越えると関西弁人なります。

やんちゃで、多感な私たちを、大きく、懐深く包み込み育ててくれたこの学校に本当に感謝です。

この後、大学の隣にある相国寺を散策、そして、京都御所。
どちらも、青春時代のデートスポットでもあったな。

もりもり、おみやとはそこで別れて、Mちゃんと私はディナーへと向かうのでした。

そのに、美味しいもの編へ続く。

| | コメント (0)

京都行ってきます。

今から、京都へ二泊で一人旅です。

中学の時の担任の先生が定年退職されるのでその会に。

10年間一貫校だったから、男子も女子もとても仲がいいのです。

親友のところに泊めてもらい、明日は京都をうろうろ、あさっては神戸あたりをうろうろ連れて行ってもらいます。

泊めてもらう親友のところはご主人も同級生だからとてもゆっくりさせてもらえます。
青春の時代を、素晴らしい環境で過ごせたことに今さらながらに感謝!感謝!!
One purpose Doshisha!!

| | コメント (0)

タイ料理大好きです。

二日続けて、タイ料理ランチしちゃいました。

昨日は、日本語の後、駒場東大前駅近くの小さなタイレストランでランチミーティング。 とても小さなお店で、滅多に入れないのだけど、ラッキーでした。

トムヤム麺と小ガバオ。とても美味しかったです。

今日は大森の整体の後、最近大森駅近くにできたチキンライス(カオマンガイ)のお店で一人ランチです。

カオマンガイと海南鶏飯(シンガポールのチキンライス)は似ているんだけど、微妙に違うんだな・・ う~~ん、やわらかさとか温度とかソースとか。

私は海南鶏飯の方が好きなのだけど。

駅のガード下のカウンターだけのお店・・と思っていたら、二階にテーブル席もありました。 ランチはカオマンガイとお任せの二種類。

お任せは、チャーシュー風のチキンと味玉。 生春巻き、ヤムウンセン、カレー風ポテサラの中から二つ選んでワンプレートに。ご飯はチキンライスのジャスミンライスです。

それにお代わり自由の鶏スープ、ワンドリンクついて1000円。 ワンドリンクは、グラスの赤ワインをお願いしたのですが「ロゼになります」というので、ロゼは甘いから嫌だなあと思ったら「うちのロゼは甘くないんですよ」山梨のロゼワインをお願いしました。

ワインもお料理もめちゃめちゃ美味しかった~~~! 「タイ料理大好きです」というと「パクチ大盛りにしますね」とにっこり言ってくださって。

ほんと、サラダ状態で乗ってました。

このパクチが、そこらのしなびたパクチじゃなくて、サラダ用ほうれん草のような太さとしゃきしゃき感じが最高でした。

スープは、具が入っていない鶏の出汁(水炊き屋さんでまず何も入っていないスープが出て来るじゃないですか)で、これまた最高でした。

カメラも携帯も持ってなかったので写真は撮れませんでしたが、 大森「プラアーティット」PhraArthit 大変お勧めです

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »