« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

号泣とは

あの議員さんの初公判でした。

おもしろい記事を読んだのですが、「号泣」という言葉が誤用されている。

最近インタビューや記者会見でちょっと涙を流しただけで「号泣」と言う言葉が使われるがそれは間違いである。

本当の意味の「号泣」とは近年のあの議員の会見だけである。
確かにすごく納得!!

| | コメント (0)

いろいろ遊んだ一週間でした。

今週はよく遊びよく食べた一週間でした。

水曜日は、演劇関係やマイミクのお友達4人で自由ヶ丘「葱や平吉」にて新年会でした。
お店の名前通り、ねぎのお料理のお店。
青ネギ、白ネギ、下仁田ネギなど、色々なおねぎが色々な料理でいただけます。
しゃきしゃきしていたり、とろとろしていたり、とても美味しかったです。
身体に良さそうだから、いくらアルコールを飲んでも罪悪感がないしgood・・・って違うぞ~~~!!

お話もとても楽しくて、しゃべってしゃべって笑って笑って声が枯れたよ(笑)

木曜日はお料理大好き友達mamさんと、神保町のランチョンでランチでした。
本当は月曜日に予定していて、二人とも頭の中、口の中がすっかりランチョンモードだったのに、突然の雪のため中止・・・
木曜日は本当に満を持してのランチョンでした。

女性二人・・・とは考えられないくらい食べました!
ここの仔牛のカツ(コルドンブルー)大好きです!
ニシンのマリネもとても美味しいつけ具合に、マスタードソースが美味しい☆
茹でタンも最高です!

そしてなにより、生ビールが美味い!
冷たすぎずぬるすぎず(私キンキンに冷えたビールはあまり好きじゃありません)、泡がとてもなめらか。
mamさんとのおしゃべりは8割がお料理のこと!もぉ楽しいのなんの!!
最高のひと時でした。

Dscf1819


そして今日は、三越劇場に「新春新派公演」を観に行きました。
母の従姉妹の娘さん、私のはとこになる方とご一緒です。
小さいころからお互い名前は知っていたものの、お会いしたのは5年前の父の前夜式の時が初めてでした。
その後、FBで再会し、お互い、歌舞伎俳優の市川段治郎さん(月之助さん)が好きだということが分かって、今日の舞台にお誘いいただいたのでした。
演目は1、糸桜 2、新年踊り初め
三越でランチをご一緒し、初めてゆっくりお話ししたのですが、とても話題豊富で知的な素敵な方でした。
ほとんど初対面なのだけど、沢山お話ができて楽しかったです!
素晴らしい出会いに感謝です。

お芝居は、まあ・・・新派の王道と言う感じでしょうか。
緩やかな流れのお話で、ちょっと寝落ちしてしまいました^^;;
が、月之助さん、よかったです!
姿や立ち居振る舞いの美しい方だなとしみじみ思います。
声も良いなあ。

膝をお怪我されたとのことでしたが、もう大丈夫なのでしょうか、正座を長くするシーンもありました。

第二部の踊り、とても華やかでした。
そして、月之助さん、抜群に華がある!!

かっこいい!!!
三越劇場はそれほど広くないけれど、クラシックな内装のとても素敵なところでした。

私にとってすごく久しぶりの劇場(ライブハウスデビューはしたけれど)!
幕が開くのを待つ間の高揚感。
舞台から伝わってくる熱気。
そこにいられる幸福感。
舞台が終わった後の満足感。

やっぱり大好きな世界です。

はとこさんと「また是非観劇をご一緒しましょうね」と言ってお別れしました。
観劇、再開するぞぉ~~~~

Dscf1816


17日の晩御飯です。サムギョプサル。お漬物いろいろ。白子ポン酢。えのきと明太子のおろし和え。

Dscf1818


18日の晩御飯です。もつ鍋。五六ミンチのタルタル。しめ鯖(本当は自家製が一番おいしいのだけど、最近どこの魚屋さんでも生食用の鯖を売ってません・・・)

息子が帰ってきて毎晩真面目に作っているのですが、仕事があったり、夜遊びしたりで写真がありません。

| | コメント (0)

息子が帰ってきます。

今朝、息子から、スカイプで「16日に帰るから」と言ってきました。

あさってじゃない!1月の初めに、1月半ばに帰るとは言ってたのですが、それっきり連絡がないし。 彼は2月に上海に行くので、夫と「きっとアメリカから直接上海に行くんだろうね」と話していた矢先でした。

彼の部屋は物置状態だし、掃除しなきゃ。

16日に入れていた予定をキャンセルし、「帰ったらしゃぶしゃぶが食べたい」というので、今日お肉を買いに行ったり・・・

それにしても、せめて一週間前に言ってほしかったよ。 約一年ぶりの息子、成長したかな、それとも後退したかな(笑)

最近の晩御飯です。

Dscf1810

Dscf1811

ナマコ酢。レンコンのソテー。にら入り卵焼き。しじみ味噌汁。にんにくの芽と豚肉炒め。

Dscf1812
アンコウ鍋。シイタケの肉詰め。

Dscf1813

アジフライ(お刺身用のアジだったので、ふっくら!!とても美味しかったです)。ゲソ(身は塩辛にしました)ともずく、キュウリのお酢の物。ピーマンの塩コブマヨネーズ和え。トン汁。

来週からはもう少し豪華な晩御飯になると思います。

Dscf1814

大切なお友達が、マイクーのために編んでくださったドイリー。
なんてやさしい色なんでしょう。
マイのピンクと、クーの黄色(写真では色がボケちゃってますが)。
広島から持ってきた飾り棚の中にマイクーのコーナーを作ってあります。
そこに飾らせていただきました。

| | コメント (0)

ブリッジ オブ スパイ

今日(昨日?)は、一日いろいろやりました。
また、ワンコの話になって悲しいけど、これだけ自由に出られるのなら、これはこれで幸せなんだね。

まず、大森の整体でがっちがちの40肩をケアしていただきました(アラ還で、40肩と言うのもおこがましいのですが)。
その後、夫と待ち合わせをして大森のお蕎麦屋さんへ。

休みの日の昼ビール、当たり前ですやん!
夫は磯海苔そば、私は鍋焼きうどんで、それぞれハーフ&ハーフのビール。

我々が向かうのは、平和島シネマサンシャインです。
前にも書きましたが、ここはとてもきれいなシネマコンプレックスなのに、非常にすいています。
お客が二人ということもあったり、半分入っていれば「今日は混んでるねえ」というところなのです。

おまけに、平和島競艇が行われている日は大森からバス、ただです!
バスに乗って「このバス女の人乗ってないね・・・」まあ、いいか!

夫が監督をする前、そしてマイクーが元気だったころはよく、「夫婦50割」を使って映画を見ました。

観た映画は「ブリッジ オブ スパイ」
トムハンクス大好きな私には外せなかった。

東西冷戦中のスパイ交換の話です。
ものがたりは淡々と進んでいきます。
盛り上がりやものすごく感動する場面はないのだけど、静かに2時間半、まったく飽きることなく、観ることができました。

以下、ネタバレもありますので、まだ見ていない人は見ないでね。

先ず、スパイ役のマークライランスが良かった!!
スパイとしてとらわれても、まったく動じない姿勢。

弁護士のトムハンクスに「不安はないか」Aren't you worried?」と聞かれるといつも「必要あるか?Would it help?」
しびれました。
毎日不安だらけの私、少しは学びたいものです。

ベルリンの壁が一瞬にして建てられたこと。
その後の東ドイツと西ドイツの発展が大きく違ったこと・・・
東ドイツの対応の酷さ。
これは、壁が壊される前に東ドイツに行ったことがある私には(そして、東ドイツのミスで、国境で列車をおろされ、尋問された体験がある)、めちゃめちゃリアルでした。

ドイツ人、ロシア人が、英語で語るのではなく母国語で語ったのが良かった。
(なぜか字幕はなかったけれど)

まあ、アメリカは良い人で、ソ連、東ドイツは悪いやつ・・・というアピールは見えたけど^^;;

アメリカの正義を演じるのに、トムハンクスは最高やなと思いました。

静かに感動した作品でした!

その後は、母を伴って、蒲田のとんかつ屋さんで晩御飯です。

金曜日、母からぐちぐち電話がありました。
「お医者さんや、看護師さんからもおどかれるほど痩せた・・・体が痩せると何もやる気にならなくて、気力が萎えて、もう私は死ぬかもしれない・・・」と。
母は、晩御飯にワタミのお弁当をとっています。
これはとてもバランスが取れたお弁当なのだけど、カロリー的には低いのでしょう。
私とランチなどで一緒に食べると、すごく沢山食べるんです。

ある意味、寂しい、心細いという気持ちの表れでもあるのでしょうか。

なので、映画の帰り、母を誘って食べましたとも!
はい、がっつり食べていました。
夫は、「明日は、大森のイタリアンに行こう」と母を励ましてくれたけど・・

あたし、太りたくないから~~~!!

| | コメント (0)

今年もよろしくお願いいたします。

元旦は、亡くなった夫の姉のご主人と、甥っ子夫婦二組、それぞれのちびっこちゃん4人が来てくれて、にぎやかに楽しく過ごしました。

Dscf1805
Dscf1806

Dscf1807
Dscf1808Dscf1809


お節はかずのこ、小肌、かまぼこだけしか用意しないで、ローストビーフや、鍋、ちらしずし、チキンのトマト煮。
みんなすごく沢山食べてくれました。

初夢は、マイとクーが登場しました。
広島の家の近くをマイクーを連れて歩いています。
なぜかマイは人間の言葉が喋れて、いちいちクーに指図したり注意したりするのです(笑)

「クー、靴が脱げたよ」とか「クー、ちゃんとまっすぐ歩いて!」とか。

笑いながら目が覚めたけれど、なぜか泣けちゃいました。

天国でも強いマイお姉ちゃんと、甘ったれのクーなのかな。
きっとマイが「おかあさん、クーのことは天国で私が面倒見てるよ。もう安心して、泣かないで」って言ってくれてるのでしょう。

録画しておいたドラマ「赤めだか」を見ました。
すごく面白かった!

息子が大学時代落研にいました(結構彼の落語面白かった☆)。
大学の落語祭に、有名な噺家さんがいらっしゃるというので、彼らは接待係(男女ともにスーツ着用)でしたが、そのマニュアルに、「落語家の名前を言うときは、必ず師匠をつけること」というのがありました。
ついつい、身内でだと「そこに志の輔がいてさあ」とか「さっき談志を見かけたんだけど」なんて言っちゃいそうだものね(笑)
それを、聞かれたらとっても失礼だからね。

それを思い出しながら、大笑いして見てました。

今年も良い年になりますように!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »