« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

息子が留学します。

またまた飛んでしまいましたcoldsweats01

26日に伯父がまたJR病院に入院しました。
この入院は、ケアマネさんとJR病院のドクターとの間でちょっとした行き違いがあり、かなり感じの悪いスタートとなってしまいました。

結局、東松山に帰ったものの、伯父の状態はあまりよくなく、それに対して、前回の退院から、今後はすべてお世話になる予定だった東松山の病院が、そういう対応ではなく・・・
ケアマネさん、訪問看護師さんにしてみれば、何を相談しても相手にしてくれない。で、見るに見かねてJRに再々電話をしたらしいのですが、JRにしてみたら、もうすべてを東松山の病院に送った(東松山の病院がそれほどひどいとは思っていなかった)のに、今さら・・・と言うことだったらしいです。

それでも、緊急で受け入れると言ってくれた日に伯父が行かず、JRの先生は「調子が良くなって来られないのだなと思っていました」と。

そこでどういう行き違いがあったのか、伯父はてっきり月曜日入院だと思って行ってみたら、非常に状態が悪くて緊急入院となったのですが、JRにしてみたら、急に来られて、どういうこった??!!と言うことだったらしい。

月曜日は研修があったから、携帯をみることがなく、気が付けば病院から7件の着歴。
家に帰れば、留守電・・・

とりあえず電話して、水曜日に伺うことにしました。

しかし、この夕方、病院に行った従兄弟は、「ケアマネさんと東松山の病院とあなた(従兄弟)の連携があまりにできていない」とおしかりを受けたそうな・・・

火曜日には、仕事中にも病院やケアマネさんから電話があって・・・
事情を話して、仕事中でも電話に出られるようにしてもらっていたのですが。

水曜日の日本語の後、病院へ行き、従兄弟(朝電話して無理やり出席させた)、ドクター二人、看護師さん、ソーシャルワーカー二人、伯父も同席して今後について話し合いがなされました。
その時にはドクターとの誤解もとけて、和やかな話し合いができました。

結局また振り出しで、伯父の年金で入れるホスピスをさがすことに・・・
「これからはあなたがメインだからね。ケアマネさんとの話もドクターとの話も、あなたがきっちり
すすめていかないと、私を挟むと三元中継になるからね。もちろん、私が手伝えることは手伝うけど」と宣言しました。
リストを見ながら、従兄弟私ソーシャルワーカーさんで条件が許すところを4つピックアップしました。

でもね、いろいろ調べるとホスピスって、やはり狭き門です(知ってはいたけれど)
例えば、有料個室一日18000円(5床) 無料個室10床というところがあります。
ソーシャルワーカーさんは、とりあえず18000円に入って、金銭的なことを相談すれば、空き次第無料に変えてもらえる。
数日だけ有料個室を払えばいいと。
数日なら、なんとかなるだろう。

で、実際に従兄弟が電話をしました。

「一か月は必ず有料に入っていただく。その後の一か月は無料、また次の月は有料」だって!
なんだか詐欺みたいannoy

後のところは従兄弟が調べ中でどうなるかわかりません。

それまでは、JR病院でお世話になります。

ただ、話し合いの中で、また、伯父や従兄弟との話で、伯父の家の経済状態がわかり、またその原因も赤裸々になり(大げさだ!)、私が今まで知らなかったこと、知りたくなかったことが多々出てきました。

母に話すと大きなショックを受けています。

まあ、これからはすべてひっくるめて、従兄弟をメインとして、少しでも快適に過ごせることを祈るばかりだし、できるお手伝いはするつもりです。

日本語に新しい生徒さんが来られました。
来日2年目のタイ人の若い奥様。
子供さんが日本の幼稚園に通っているので、ママ友が多いから、日常会話はかなりおできになります。
挨拶も、数字も、動詞も助詞も過去形も「て形」も自然に入っている!!
究極のサバイバル日本語だ!

だけど「ひらがな」が全く読めませんsweat01

今までも、ひらがなが全く読めない生徒さんは何人かいました。
でも、そういう方は、みんな挨拶から数字からまったくのゼロでした。

ここまで話せて、ひらがなが読めない生徒さんは初めての経験です!!
また、教案づくりに七転八倒しそうです。

突然ですが、3月から息子がアメリカの大学に留学することになりました。
最初は7カ月の語学コースに入り、マスターコースの受験が目的だそうです。

おととい、こちらの修士論文の審査が終わり、今は大使館からのビザ待ちです。
最低七か月、そのままうまくいけば数年は帰ってこない(もしかしたらもう帰ってこないかも)と思うと、鬼母もちょっとさびしいですweep

わけあり息子だから、きっと日本での自分の居場所に限界を感じたのでしょう。

もっと私がしっかりしていれば、彼にそんな苦労をさせなくて済んだかもしれないね。
もちろん、そんな甘い世界ではないのはよくわかっているけれど、とにかく新しい場所で自分を試しておいで。

行先は、ペンシルベニア大学。
フィラデルフィアです。
アメリカのことは全く知らない私・・・
見たら、東海岸?めっちゃ遠いやん。
直行便もありませんやん・・・

トムハンクス好きだから、もう一度「フィラデルフィア」のDVD借りてみようかな。

そんなこんなの晩御飯です。
Dscf1640


先週土曜日の晩御飯です。
鶏むね肉のコロコロステーキ。レバ刺し。ナマコ酢。海藻とサラダオニオンのサラダ。生たらこの煮物。

Dscf1641

水曜日、病院から帰ってあわてて作った晩御飯です。
お刺身盛り合わせ。しじみとあおさのお味噌汁。豚肉ともやしの重ね蒸し(ねぎをたっぷり)。たたききゅうり。
Dscf1639

木曜日の晩御飯です。
鯖の塩焼き。やりイカをさっとゆでて細切りにし、生姜醤油で。白菜と肉団子のスープ。ピーマンと塩昆布の和え物。

息子がいなくなったらお料理しなくなるんだろうな・・・

| | コメント (0)

迷惑なんだな!!

日本語で、大大先輩の授業を見学させていただきました。

・・・もぉショックとしか言えない。
私は教科書通り進めていくのに必死だったから。
彼女は、教科書の中でも大切なところだけをやって、残りは「今後埋めていけばいいのよ」。
う~~~~む、もちろん大ベテランの先生だからこその技だろうけど、あまりの素晴らしさに言葉もありませんでした。

日本語教師そろそろ4年目、まだまだ駆け出しです。

最近、時間があって暖かいときは、クーを近くの公園にお散歩に連れ出します。
マイが死ぬ数日前まで通った公園。

あの時よりクーはずっと老いぼれたから、下を向いてとぼとぼ歩きます。
時々よろっとしたり。
多分、マイと同じように目も見えてないんだろうな。

マイの時からここの公園は本当にみんなやさしくて、わんちゃん連れの人も、そうでない人もマイに心を配ってくださいました。

それは思い出しても涙が出るくらい。

それが、月曜日の午後、ゆったりとクーを連れてお散歩していたら、向かい側から、ビーグルを連れたお姉さんが来ました。

私たちを見るとリードを短く持って立ち止まるから
「うちはゆっくりしか歩けないので、どうぞお先に行ってください」と言ったのですが、黙ってにこにこしている。
これは私たちが先に行った方がいいんだなと思って「お先に行きますね」と横を通った途端、そのビーグルがすごい声でクーに吠えかかりました。
リードは短かったから、とびかかっては来なかったけど・・・
私もクーもびっくり!!!
そのお姉さんにっこにこで「○○ちゃん~~~ダメじゃない~~~~」

あのね、老犬にはそういうことだってショックなんですよ。
そもそも私は、クーを足元に寄せて、先に行ってくれと言っているのに、どういうことよ??

まあ、ムカつくのはやめましょう、血圧にも悪いしcoldsweats01

でも、また公園からの帰りに遭遇してしまったんですね。
うちは公園を出て道に出るとそのまま左ぞいに少し歩いてうちの敷地に入ります。

またいたんだなそのお姉さん。
わざわざ私は右側に寄りましたよ。
うちの敷地の入り口まで数メートル。

さっさと行ってください。
なのにまた私たちを待ってる?んです。
あんたたちがいなければ、さっさと行ってくれれば、私たちは速攻家に入れるんですけど、どうしてそこで頑張ってる??

私たちは不必要にも右を歩いて家の入口の前で立ち止まっていたら、またまた、左側から「がうがう!」してくるんですよ。
またまた「○○ちゃん~~ダメでしょう~~」って。

これってどういう心理??????

向こうが勝手に待っていて(私は先に行ってくれと言ってるの←繰り返し)
老犬にがうがうさせて、嬉しげに??してる。

私はあなたたちを待っている優しい親子なんです~~
この子は良い子だから遊びたくて待ってるんです~~
ってか????

う~~~~~~ん、なんとしても理解ができぬ!!!

まあマイクーともに犬見知りに育ててしまった私も悪いのですが、うちの子たちは少なくとも他犬に迷惑はかけてないんだけど。

今度出会ったら、なんか言ってやろ!(考え中)
「あんたなあ、なんでそこに立ち止まっているか知らんけど、迷惑なんじゃ!!
トットとどけ!!犬を吠えかからせて、嬉しいんなら、こんな爺犬じゃなく、もっとでっかい犬にせえ!!
それができん小心者ならこの地から立ち去れ!!」

こんな人初めてですわ。
Dscf1636

月曜日の晩御飯です。
常夜鍋。深川飯。えのきとわかめの(騙されたと思って作ってみて)です(笑)

Dscf1638

昨日の晩御飯です。
テーブルで天ぷら。
蕪のそぼろあんかけ。

| | コメント (0)

ホスピスとか・・・

またしばらくあいてしまいましたcoldsweats01

この10日間、伯父の病気のことで翻弄されていました。
去年の秋、肝臓転移がわかって、東京のJR病院で治療を受け、東松山の自宅で、ヘルパーさんや訪問看護師さん、デイサービスなので、快適に過ごしていたのですが、年末から腹水がたまり始め、1月6日にまたJR病院に緊急入院しました。

DRから、このまま長く入院するともう家に帰れなくなる。
出来るだけ早く退院して家に帰らないと、JR病院から、東松山の看取りの病院に転院と言うことになる・・・と言われました。
伯父はどうしても家に帰りたいというので、11日に従兄弟が送って行ったのですが、伯父はすっかり落ち込んでしまいどうしても、母や私の近くの病院(緩和ケア)に入りたいというのです。
本来、従兄弟がいるのだから、彼が動くべきなのに、仕事だなんだと連絡がつかない!!
伯父は、もうここにはいたくない、早く東京のホスピスに入りたいと泣きながら電話をかけて来るし。

今週一週間は、東松山のケアマネさん、JR病院の連携室の方たちと、死ぬほど電話で話しました。
仕事中、日本語の最中にも電話がかかってくるほど。

水曜日は朝一番でケアマネさんとホスピスのワーカーの方と電話で話し、日本語に行って二時間しゃべりっぱなし。
家に帰ってもバンバンかかってくる電話、かける電話・・・声がかれました。

夫も息子も最初は「伯父ちゃん、可哀想だからできるだけやってあげたらいい」と言ってくれていたのですが、あまりのばたばたに
「Sちゃん(従兄弟)がいるのに、どうしてあんたがそんなに大変なことをしなきゃいけないの?」と不機嫌になりだしました。


そうなると、家のことも仕事も、日本語も絶対に手が抜けません。

正直、もういっぱいいっぱいでした。

クーも新しく加わった薬が合わなかったのか下痢が続き、疲れ果てて家に帰ったら、玄関から廊下までう○ちだらけで、それを見たとき、思わず玄関で泣いちゃいました。

結局、ホスピスは余りに高額であることと、私たちが通いやすいところは、今申し込んでも2,3か月待ち。
ということで、伯父は引き続き東松山で生活しながら、そこの病院で見てもらうことになりました。

ケアマネさんが色々なサービスを考えてくれて、毎日のヘルパーさん、デイサービスが開始され、伯父は落ち着いてきました。

今はこれで良かったと思います。
狭いアパートでも、自分の家が一番だから。
幸い叔父は腹水がたまってお腹が張る(一度抜いてもらいました)けれど、痛みも苦しみもありません。
今後のことはわからないけれど、最終的に東松山の病院で看取ってもらうことになるだろうけど、きっと心穏やかに過ごせると思います。

なんだかんだの一週間の狂詩曲が木曜日に終わり(従兄弟とも電話で長く話し、彼も納得しました)、ちょっと脱力しています・・・

しかし、ホスピスって高いね~~~普通に一泊2、3万円とかだもの。
もちろんそれより安いところもあるけれど、うちからも従兄弟のところからも遠いし・・・
それに数も少ないから、大変に待たされます・・・
面談だけで25000円とる病院もありました。

東京でもこういう状態、地方の友達に聞いたらほとんど皆無だそうです。
理想の終末の選び方はまだまだ難しいです。

今週はテレビを見る時間もなかったから、今日は一日ゴロゴロしながら録画しておいたドラマを見ました。
今季のベストは「銭の戦争」かな?
あと「ウロボロス」「残念な夫」も面白そう☆




Dscf1632_2

クーはヒーターの前のお水の置き場の上に顔を乗せて寝ています。
今はおなかも治って沢山食べて沢山寝ています。

Dscf1633

いつもマイのお花を買いに行っているお店で見つけました。
セロシアキャンドルケーキというそうです。

| | コメント (0)

群衆

ようやく酒びたり?の三が日が終わり、真人間になりました(ホンマかいな)

三週間ぶりの教案づくりに、どうしようもないくらい苦しんだよ。

超初級のクラスは久しぶりだしなあ。 まあなんとかなるでしょう・・・(またまたホンマかいな)

朝の6チャンネル「歴史を変えた群衆の力とは」ものすごく面白く、ものすごく怖かった。

フランス人の心理学者 ル ボンの唱えた 群衆の特徴 (1)感染する (2)過激に走りやすい (3)衝動的である (4)暗示に弱い (5)時に高い徳性を示す (6)国民も群衆化する  (7)反復・断言に弱い (8)群衆は同一化する (9)群衆は服従する

ひとりひとりの個人が群衆となった時、歴史を変えるほどのパワーになる。

後半のナチスドイツのところは、私の大学の卒論が「ナチスドイツの宣伝政策(ゲッペルス)」だったので余計面白かったです。

アイヒマン実験と言われる、教師が、間違えた生徒に電流を流すという実験(実際に生徒には流されていなかったが)、「平凡な一般市民であっても、権威ある者からの命令に接すると、たとえ、不合理な命令であろうと、みずからの常識的な判断を放棄して、その命令に服従してしまうことを示している。 」

最初は、生徒の悲鳴を聞き(これもフェイクであったが)命令に渋っていた教師たちが、どんどん電圧をあげるにつれ、6割が笑い出す。

そしてどんどん高い電圧を流し続ける。 めっちゃ怖い心理ですやん。

また、アイヒマンは「100人の死は悲劇だが、100万人の死は統計だ」と言ったんですね。 私はその言葉てっきりチャップリンの映画の中の言葉だと思ってました。 (似たようなことはスターリンも言ってますが)

彼は、1961年にアルゼンチンで捕まり、イスラエルに連行されて死刑になりました。 彼は最後まで「私はただ上官の命令に従っただけだ」と言い続けていたそうです。

同じように戦争に負けても、いまだ周囲からあーだこーだいわれ続けている日本と、確かに世界の信頼を回復したドイツでは、確実に戦後の処理にいろいろ違いがあったんでしょうね・・・

久し振りに学生時代を思い出し(原書は読んだが、わかってたんだかわかってなかったんだか・・・家に引きこもりで卒論を書いていきなり10キロ太ったとか)懐かしくなりました。

群衆が恐ろしいほどの力を持つのは、群衆にアピールできるアジテーター(それがどういうものか知らないけれど)が現れ、それに群衆が呼応したときです。

そして、現実が閉塞し不満が多ければ多いほど、群集心理として大きな力を持つでしょう。 ヒットラーは見事なアジテーターでした。(言ってることやってることはめちゃめちゃでそれを演出したのはゲッペルスだけど。)

ナチスドイツのやったことは絶対に絶対に許されることではありません。

でも、それが群衆に受け入れられたのは、社会の疲弊とか、国民の不満が、当時のドイツにあったからでしょう。

日本だって、今、決して幸せと思って暮らしている人が多くはないはず。

でも日本人は最近いろいろ言われながらも、世界中で誇れるほどモラルが高く高潔な国民だと思います。

ドイツは自分たちがやったことの反省としてモニュメントを建てたり、街の中の石畳に、「ここに住んでいたこういうユダヤ人が何月何日にどこで亡くなった」という記念の石を残しているそうです。


日本がやられたことやったこともきちんと後世に残してほしいな。

だからこそ、正しいリーダーが現れてほしいね。

| | コメント (0)

新年早々大騒動でした。

皆様、良いお正月をお迎えになりましたか?

我が家は朝からだらだら飲んで、朝からだらだら食べて、取り置きのドラマを見て~~というお正月を過ごしました。

元旦は買ってきたり作ったりしたおせち料理とお雑煮。お昼から母が来てず~~~っとしゃべりながら、私は飲みながら過ごしました。

夜は簡単にすき焼き。

今朝も普通におきて普通に飲んで普通に食べて、夫が「せっかく良いお天気だからドライブに行こう」と言いました。

息子は修論の提出間近なので、昨日も宴会に参加せず、ひたすらお勉強。
今日もやることがあるというので、夫、私、母、クー(家に置いておくとうるさいから連れて行ってくれと息子)で、ドライブに!

神宮外苑や増上寺で、歩いていると息子から電話がかかってきました。
「お父さん、今帰ってきた?」
「帰ってないよ」
「玄関が開いて、黒い服を着た人が入ってきた、俺を見て逃げて行った」って。

それって??

息子の悪い癖は玄関のカギをかけないんです。
まあ、集合住宅でいつも誰かが家の前を歩いているし、真昼間ということもあったのだけど。
でも最近はあやしい人も多いし、酔っぱらいかもしれない。

それにしても気持ちが悪い。
「どうしようか?」
「とりあえず警察に連絡して。お母さんたちもすぐに帰るから」

車中で
夫は「息子やあんたは不用心すぎる、ちょっとした外出でも鍵をかけるべきだ」と言うし、母は
「うちはリビングが二階で、私は足が悪いからすぐに玄関を開けられないから、誰かが来るときは前もって鍵を開けておくけれど、それは危ないかしら」とか言うし。
我が家には見事に金目のものはないけれど、それでも玄関にはおじいちゃんからもらった作家ものの木彫がある。
とられるとしたらそれだけかな、それとも年末酒屋さんから頼んだビールの段ボール箱もあるなあ・・・
それにしても、留守だと思った泥棒が入って、あんな用心棒みたいな息子を見たら恐怖を感じて逃げたのかもね。
母なんて「私みたいなばあさんだった、居直り強盗になっていたかもしれない」

焦りや妄想はどんどん膨らみます。

息子から電話があって「警察の人が来るって」

私あわてて「ソファの上にある私の昼寝用の布団、二階にあげといてね」
だって、うちの車が車上あらしにあった時に来てくれたおまわりさんが、ものすごい男前で・・・
もし家の中にあんな男前のおまわりさんが来られたら、困っちゃうしcoldsweats01

家に着くと、パトカー2台を含む、合計5台の警察車両が停まってましたsweat01
テレビでしか見たことのない「鑑識」という名前を書いた鞄を下げた捜査員が4,5人います。
道行く人は足を止めて見ている。
うちの前で、息子、隣の奥さんなどなどがおまわりさんといるしbearing

うちの車を停めようとしているとき、警察車両は帰って行きました。
残っていたのは自転車に乗ったおまわりさん。

結局、隣のおうちが、新年早々水道が水漏れして、緊急に業者を呼んだ(いつもの指定の業者じゃなくて、緊急対応用のところだった)。
その職人さんが、敷地内に車を停めず、そとのコインパーキングに車を停めていた。
で、その職人さんが、車になにか道具を取りに帰った時に、間違えてうちの玄関を開けて入ってしまった。
家に入ったものの、息子の姿を見てびっくりして出て行った。
ということだったみたいです。

結局うちの鍵が開いていたのも不幸だったし、職人さんがそこで息子に「あ、間違えました」って言ってくれれば問題なかったのでしょうが。

あまりにも恐縮して平身低頭の職人さんにかえって申し訳なく思ってしまいました。

しかし、このくらいの通報にも本当に物々しく来てくれるのだなと思うと、日本はまだ安心だ!!と思った次第です。

ひゃ~~新年早々疲れた~~

| | コメント (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年は、皆様にいろいろと助けていただき、楽しませていただきました。
どうもありがとうございました。

昨年は、マイを亡くしたり、足を怪我したり・・・あまりいい年ではなかったけれど、今年は楽しいことが沢山ある年になるといいなと思います。

昨日大みそかはマイの誕生日でした。

元気に昨日を迎え、17歳のマイに「おめでとう」って言いたかったな。

今年もクーともどもどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »