« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

嬉しいお客様

今日もマイは食べてくれました。 朝はカンパチとマグロのお刺身3切れずつ。 お昼も同じ。 夜はサーモンのお刺身3切れと焼き鳥レバー3つ、正肉2つ。 もっと欲しそうだったけど、戻しちゃうと辛いからね。 栄養ドリンクも注射器で飲みました。

食べるのと異常行動がなくなるのが並行しているように思います。 とてもうれしいことです。

今日はとっても嬉しいお客様がありました。

お芝居関係でお友達になったサラさん。

私よりずっと年下なのに、落ち着いた優しいとても素敵な方です。 彼女は去年愛犬を亡くしておられます。

だから、私の気持ちをとてもよくわかってくれて、いつもいつも寄り添ってくださいます。

今日もお店を経営している彼女、明日からの消費税のことでお忙しいのに、わざわざマイに会いに来てくださいました。

我が家は相変わらずばたばたしていて、おもてなしもできなかったけど(ごめんなさい)

Dscf14761

Dscf14771

マイクーを優しく抱っこしてくれて、マイをずっとずっと撫でてくれました。

マイ、もう一度サラさんに会えるまで頑張ろうね!

サラさん、本当にありがとうございました。

Dscf1475

床の上でぺちゃんと寝てます。
マイちゃん、軟体動物みたいだね。

Dscf1474

給餌用の注射器をネットで買いました。
で!!!獣医さんにいただいたのと比べてください、このでかさ!!
一応サイズ確認したはずだったのに・・・
大人の水鉄砲みたいだよ(汗)

父が亡くなった時、延命とか・・・いろいろ考えました。
父は、ずっとドクターに「延命はしてほしくない。ただ、苦痛は取り除いてほしい」と言っていました。
だけど、入院して、呼吸に悪いからと鎮静剤ももらえず、暴れて体を縛られ、もうどこに刺しても受け付けない点滴を、手がだめなら足、足がだめなら最後は股関節の動脈を切って入れらえました。

私はなんどもなんどもドクターに言いました。
もし、元気に家に帰れる可能性がもうないのなら、鎮静剤でゆっくり眠らせてあげてほしい。それで命が短くなってもそうしてほしいって。

でも「私たちは元気に家に帰すための治療をしています」と言われました。
母はいまだに父の最期に納得がいかず、後悔しています。

延命治療って言うのは、人工呼吸器をつけるとか、胃瘻をするとか、本人の意思をもう超えたところで行われることなんだな。

マイが調子悪かった時、獣医さんとも沢山お話しました。
飼い主さんがどこで終止符を打つか・・どれも正解ですって言ってもらいました。

マイは苦しいわけでも痛いわけでもなく、自分の老いに戸惑っているけれど、ぬくぬくした自分のうちで寝たい時に寝て、食べたいものを少しだけ食べて、少しだけよろよろしながらお散歩をし、
トイレも自分でできます。
時々変な行動をしたり、変な声で鳴くけれど、私が十分に対応できる範囲です。

これは延命ではなくて、当たり前の老後の生活なのだと思います。

だからお母しゃんは、毎日マイの食べたいものを探して一緒にゆっくりやっていきます。


| | コメント (0)

マイにご飯をあげました。これ、変な日本語ですか?

マイは昨日は、何も食べず、口から栄養剤を注射器で入れ、病院で点滴を受けました。 脱水状態になっているそうで、お水も注射器から飲ませます。

Dscf1466

わからないことをするねえ〜^ お水の容器に前足を入れます。 これ、お水を替えても一日に何度も・・・ ついでにひっくり返すので、重い容器を買いました。

Dscf1469

夜はサークルの中で寝ているのに、朝私が起きたらこういう状態に。 ゆたポンを枕にタオルでくるまれてヒーターの前にいました。 多分夜中、サークルから出て床の上で寝ていたのだろうな。 夫かな息子かな? 皆がマイに優しい気持ちになっているのはありがたいことです。

(特に荒くれ息子は一番遅く寝るので、マイをタオルでくるんでサークルに入れてゆたポンを用意するお役目)
もう歩いて獣医さんには行けないし(12,3分だけど)、車で連れて行くにも、駐車場の争奪戦?があります。
これから気候が良くなるから、ゆっくり歩いて行きましょう。

Dscf1470

Dscf1471
こんなの買いました。
10キロまでだからマイクー両方とも乗せられるのだ。
これをゴロゴロ押して
「シトシトピッチャンシトピッチャン〜〜♪」(ふる!)楽しく獣医さんに行くのだ!

Dscf1472

今朝のツーショットです。
内緒話してるのかな?

今日はマイ食べてくれました!
焼き鳥のレバーを一本。かんぱちのお刺身を4切れ!!
ガツガツと言う感じで食べました!!

給餌用のぶっといシリンジをアマゾンで注文しました。
これからは、もし食べられない時も、マイが好きなものをフープロでどろどろにして食べさせてあげられます。

あ、私が面白く読んだ「カネを積まれても使いたくない日本語」(内館牧子著)
納得!!納得!!!納得!!!!!の本です。
その中に「花に水をあげる」「猫にえさをあげる」という表現はもともとおかしいとありました。

あげるは「やる」「あたえる」の謙譲語。「〜に」にあたる人を高める謙譲語。
それならば人間でない花や猫を高める必要はないわけで「やる」が普通です。
でも「やる」と言う言葉は乱暴に聞こえるので「あげる」を使いたい人もいて、「あげる」を謙譲語ではなく、物事を美しく上品に表す良い方「美化語」として用いているんですって。

「桃太郎」の歌、一番で猿と犬と雉が、桃太郎にキビ団子をくださいと言います。
それに2番で桃太郎が答えます。
「あげましょう、あげましょう、これから鬼の征伐についていくならあげましょう♪」と歌いませんでしたか?

でも元歌は「やりましょう、やりましょう」なんですって。

まあ桃太郎の犬や雉やサルはどうでもいいのですが、ワンコ飼いの気持ちとしては
「ご飯をあげる」だと思うんですよね〜〜(by一日本語教師)

| | コメント (0)

マイが食べました!と「空ヲ刻ム者」観劇です。

今日はすごくうれしいんです!!

水曜日から固形物をまったく食べなくなったマイ、どうしても何か食べてほしくて、すがるような思いで焼き鳥を買いました。
夕方少しお散歩をして、そのあとあげたら、なんと、レバー一本食べました。
今晩の晩ごはんは、ローストビーフを焼いたのですが、それも厚めに切って一切れ食べました。
ベーコンと白菜のスープも薄めて注射器で飲みました。

「もっと頂戴」という顔をしていますが、あまり急に食べさせるのも負担かなと思って
「マイちゃんまた明日ね!」。

こんな日が毎日続くほど、状況が甘くないのは分かっているけれど、たとえ一週間に一度でもたべてくれるのなら、お母しゃん、毎日ローストビーフ焼いたっていいって思うのです。
(どうせ安いオージービーフだし、簡単だし、息子も喜ぶし)

今日は、スーパー歌舞伎2「空ヲ刻ム者」を観に行きました。
大分前に取ったチケットで、マイがこういう状態だからどうなるかなと思っていたのですが、安定していたし、息子が春休で家にいたので「マイちゃん良く見ておいてね。おかしいと思ったらすぐ、獣医さんに電話してね」と言いおいて。

先代の猿之助さんのスーパー歌舞伎、大好きでした。
もともと私の歌舞伎入門はスーパーでした。
それから、好きな役者さんができたりし、普通の歌舞伎を観るようになりました。

佐々木蔵之介さん、福士誠治さん、浅野和之さんという歌舞伎以外の役者さんが出られるのも興味がありました。

で、すっごくおもしろかったです!!
爆発ばんばん、滝の中での大立ち回りといった派手な演出や、中国の役者さんたちによるすごいアクションはなかったけれど、わかりやすくまとまったストーリーでした。

特に佐々木蔵之介さん、ほんと〜〜〜〜〜〜〜〜〜に!!!かっこよかった !!
全く違和感なく、すごく良かったです。

上手側の端っこに近い席だったのですが、前から三列目!
本当にこの方は素敵やなあ。

福士誠治さんも、朴訥なお役がとても良かったです。
浅野さんも、ストーリーテラー、笑わせていただきました。

ただ、ちょっと思うんです。
話題性とか三人の方の演技力は抜群だったとしても、わざわざ歌舞伎界以外の方を入れる必要があったのかなって。

蔵之介さんのお役は、例えば、月之介さんとかでも良かったような気がします。

もちろん、これまでのスーパーにも金田明夫さんが出られたりしていましたが、やっぱり歌舞伎は歌舞伎役者さんで作り上げてほしいなと思ったりもしたのでした。

そうは言っても蔵之介さんは、最高に素敵でした!!!(しつこいって^^;; )
そして春猿さんは本当に美しかった。
笑也さんの、透明感のある中性的な美しさは、今回のお役にピッタリでした。

何より嬉しかったのが、猿四郎さんをゆっくり見られたこと。
悪役だったけど、この方の男くさい演技は、昔から大好きです。


22日と今日、続けて素晴らしい観劇ができました。

| | コメント (0)

「君よ生きて」観劇です。

先週の水曜日から、マイは自分でご飯を食べることをしなくなりました。
ニュートリカルというペースト状の高カロリー食を指で食べさせたところ、思いっきり噛まれました(涙)
今は、ニュートリカルとビオベテナリーという液体、それと手羽元で取ったスープを混ぜて、注射器で飲ませています。

それでも注射器を噛むので、目薬を入れる時口輪をして、その時ちょっと開いた口から。
幸いそれはちゅぱちゅぱごっくんと飲んでくれます。

口元に好きだったものを持っていってもまず食べません、が、ほんの一瞬、奇跡の様にひとかけ食べてくれることもあります。
それを期待してお母しゃんはいろいろ頑張ってます!

そういう毎日だから、仕事以外で長い時間外出することはなかなか難しいのですが・・・

今日(昨日)は、すごく久々の観劇に行きました。

音楽劇「君よ生きて」です。

元四季の望月龍平カンパニーのお芝居です。

せっかく就職した仕事も辞め、彼女とも別れ、「自分探し」の旅をして、舞鶴に立ち寄った青年が、彼のひいおじいちゃん(もちろん故人)と出会い、時空を超えた旅にでる。
その先は、敗戦後日本人が強制労働させられたシベリア。

以前、劇団四季の「異国の丘」という演目を見ました。
シベリア抑留・・・
日本に帰れると思って乗せられた汽車が、気が付くと反対の北に向かっていた。
そして、過酷な強制労働。

それが昭和32年まで続いたことを知っている人がどれだけいるだろう。
正直私も知りませんでした。

日本は、自国がやったこともやられたこともきちんと伝えていません。
だから若い世代はアメリカと戦争したことも知らなかったり、国際的にもいまだに負の清算を迫られ、信用されていません。

やったことを反省し、やられたことも後世に伝えていく・・・それが歴史認識だと思うんだけどな。

私は、旧西ドイツに駐在したことがあって、その時東ドイツにも行きました。
国境を超えると30年は時代が戻ったような・・・
語弊はあるけれど、正直、日本はアメリカに占領されて良かったなと思いました。
それくらい、東西ドイツの戦後の復興は違いました。

夫の父親も満州で終戦を迎え、シベリアに送られました。
シベリアの話は聞いたことがないけれど・・・
今日の芝居で「シベリアの話をしたくなかったのではなく、聞かれなかった」って。

今回のお芝居は、タイムスリップした青年が、シベリアでの経験から「命のバトンを繫ぐ」ことを知る。

こういうメッセージこそ、なんだかややこしい今の日本にきちっと届いてほしいと思いました。
涙腺の乾ききった私は涙出なかったけれど、周り中、嗚咽、ぐしゅぐしゅでした。
引揚者を受け入れた舞鶴は、私の故郷京都です。
「母は来まし~~た、今日もまた♪」という曲もあったなあ。
どれだけの人が、舞鶴の港に帰ることを願ったんだろう。

地下に降りていく小さな劇場でした。
客席100くらいかな。
そういう小さな劇場から発信されるクオリティーの高い芝居を観ることこそ、芝居ファンの醍醐味だなと思うのでした。

芝居後は、お楽しみがあったのだ~~
元四季女優さんのお友達に紹介していただいた役者さんにをお会いすること。
凄く混んだ廊下で、やっと捕まえたその方は、本当に優しいきれいな目をした方でした。
ゆっくりお話しできなかったけれど、福ちゃんさんからのプレゼントと私の差し入れを渡せました。
また、私の大学の先輩の役者さんにもお会いできて嬉しかった!
これからも、こういう素敵な役者さんのお芝居が観たいです。

普通に入口の望月龍平さんがいらっしゃって、普通に目の前にマンゴジェリー(武藤寛さん)がいらっしゃる~~
四季ファンの皆様、どうですか~~(笑)

本当に観劇できて良かった!!

| | コメント (0)

マイの痴呆?

悲しい現実だけど、やはり受け入れないといけないんだなと思われる・・・マイの痴呆です。

松山から帰ったころから、極端に食欲がなくなって、いろいろ試した結果、焼き鳥のレバーたれだけは食べてくれました。 それが、ここ数日、一切れか二切れ。 今日は何も食べません。

それに伴って異常行動が増えてきました。 まず、とにかく隅っこ隅っこに入ろうとします。 冷蔵庫と壁の隙間に無理やり顔を入れたり、玄関の靴箱の隙間に入って動けなくなってキャンキャン泣いたり。 水を入れた容器を置いてある台の上から、容器を落っことして、その台の上に乗ります。 小さい台だから、まるでサーカスの象が四本足で台の上に乗った感じです。

Dscf1465

今まで玄関に置いていたマイのサークルをリビングに置きました。

クーが立ち上がってお水を飲んでいます(笑)

おとといは、庭の柵を通り抜けて(すごく痩せたから)、お隣の庭に入り込み、息子がもらい下げにいきました。

今日は、反対のお隣との間にあるヨドコーの下のブロックに潜り込み、お隣の柵に半身つっこんで、行くも帰るもできなくなってぎゃんぎゃん泣き、息子が引っ張り出そうとしたもののどうしようもなくて、私がお隣の庭に入れてもらって前から引っ張り、息子がお尻を押してやっと救助できました。

獣医さんに聞くと、食欲不振と言うのも、満腹中枢がおかしくなってるのかもしれないって。

マイさん、16歳3か月。 もう少し頑張ってみようよ、お母しゃんも付き合うから。

それにしても、土曜日の息子のアニサキス、マイ、そして昨日はクーが低血糖の発作で救急で獣医さんへ…半日入院、今日は夫が原因不明のめまいで病院へ。

なんだか、天中殺、大殺界のような我が家なのでした。 あ~~疲れる!

| | コメント (0)

アニサキスにご注意を。

息子がしめ鯖を食べてアニサキスに寄生されました。木曜日の夜美味しく食べたのですが、金曜日の夜帰ってきて「昼過ぎからものすごく胃が痛くなって、大学の保健センターで薬をもらったけど治らない」って。

それでもおなかがすいていたので、晩御飯は食べたのですが、今日の明け方

「みぞおちが痛い、もうだめだ、病院にいく」と。

救急で大学病院に行きました。

胃カメラを飲んで、二匹のアニサキスがいて、胃壁に潜り込んでいたそうです。

同じものを食べたのに、夫や私は大丈夫で、なぜ息子だけが??

多分、噛み方が足りなかったのでしょうとのことでした。

アニサキスはお酢や塩で絞めても死にません。

48時間以上冷凍するか、加熱する。またはしっかり噛んで粉砕しちゃう。

そういえば、やはりアニサキスが多いイカだって、イカそうめんという細切りにすることでアニサキスを殺しちゃいます。

鮭のルイベと同様、そうすれば安全という昔ながらの知恵なのでしょうね。

おかげさまで息子はすっかり元気になり、晩御飯もしっかり食べました。

みなさんも、アニサキスには十分ご注意くださいね!

| | コメント (0)

松山二日目です

ご披露宴も素敵でした!

最近何度か結婚式に出席しているのですが、「ファーストバイト」というのだね、お婿さんからお嫁さん、お嫁さんからお婿さんにケーキを食べさせる。 私たちのころはケーキカットで、ケーキの高さ=ステータスって感じだったな。 もちろん作り物のケーキで。 お色直しに行くときもお母さんと手をつないで行くんだね。 うちの息子だったら、絶対にしないだろうな。

Dscf1435

Dscf1438_2

お料理もとても美味しかったです。
最後に鯛めしが出て、これは、松山風の炊き込みだったから、一日で二つの鯛めしを食べられたんだ!

新郎新婦のご挨拶を聞きながら、親として最高に幸せな瞬間だろうな・・・うちにはこんな幸せ来るんだろうか・・・なんて思ってしまいました。

とってもらったお宿は、道後温泉の「ふなや」老舗です。
凄く立派なの。

Dscf1441

Dscf1443

入り口、そして左のドアがトイレ、右が洗面所とお風呂。


次の間
Dscf1439_3

お座敷

Dscf1440

ちょっと広すぎて一人で怖いかも(汗)

お婿さんのお母さんである従姉妹のお兄さん(もちろん私の従兄弟)ご夫婦と、その娘さんご夫婦二組と同じお宿で、みんなで楽しい二次会。
道後温泉は、飲食店が閉まるのが早いです。
温泉街はそのあとのお楽しみがあるもんねがまん顔
温泉街の夜ってどうしてあんなにピンクなんだろう・・・

たまたま開いていたところが、ラーメン屋だったんだけど、郷土のお料理お惣菜が沢山あるお店でした。
ご披露宴のお食事でおなかはいっぱいだったから、つまみを頼みます。

Dscf1444
Dscf1445

チャンバラ貝によだれ貝。
チャンバラ貝は、貝の身の先っちょに硬い剣のようなものがついているから。
よだれ貝はよだれが出るほど美味しいからですって!

そのあとは、コンビニで地ビールと地酒を買って旅館の部屋で1:30までワイワイと飲みました。
めっちゃめちゃ楽しかった~~~~!!

朝は早く起きて、旅館の温泉に行きました。
朝ぶろ気持ちいいね!!

そのあとは、夕べは夜でゆっくり見られなかった道後温泉本館へ。

Dscf1452
Dscf1453

確か、ここは映画「千と千尋の神隠し」の舞台。
中に入る時間はなかったけど、すごく面白そうなところでした(「千と・・」の映画は嫌いだけど)
Dscf1454

からくり時計。

そのあとは、従兄弟たちと、大街道にある行列のできるお菓子屋さんに行き、空港まで車で送ってもらいました。

ちょっと搭乗には早かったから空港レストランで

Dscf1455

またまた鯛めしです。
ここのはお刺身が別になってました。
うまい!!

帰りの飛行機では乗った途端に爆睡!
飲み物のサービスもパスされちゃいました。

たった一拍の駆け足旅行でしたが、とても楽しかったし、幸せな気分になりました。
そして、家に帰って、やっぱり家はいいなあと思ったのでした。

| | コメント (0)

行ってきました、松山

行ってきました〜〜松山!!
大好きな従姉妹の息子ちゃんの結婚式なのだ。
めっちゃ疲れたけど楽しかった〜〜〜

普通の人なら、一泊二日・・といっても次の日の2時には家に帰るなんていうスケジュールはかなりタイトで、やらないでしょう。
でも、今の私には、夜、家以外のところに泊まるというのは、ものすごいことなんです。

なんともばたばたした旅行でした。

まず、始まりは羽田空港。
うちから羽田まで、車だと30分かかりません。
夫が送ってくれるということでそれでも余裕を持って出たはずでした。
それが、環八で渋滞・・・京急蒲田まで送ってもらったのですが、いまだ工事中の京急蒲田・・・
どうやって駅に入っていいやらわからなくて、ほとんどパニック!!
工事現場のお兄さんに詰め寄って、なんとか駅に着きました。

すぐに来た電車に乗って一安心したものの・・・
私、羽田空港を舐めてました (汗)
ごめんなさい。

あほみたいに広いです!!!!
手荷物検査場からゲートまでの遠いこと!!
ここでまた半べそ状態
まあ走った走った!!
ゲートにたどり着いたのは、搭乗の5分前でした。(京急一台乗り遅れたら間に合わなかったかも)

松山は、周りに高い建物もなく、とってもおっとりとした街でした。
リムジンもなんとなくおっとりしていた。

結婚式は3時半からで、親族紹介があるから3時までには式場に行かなきゃいけないけれど、まだまだ時間がある。

今回の旅行での、是非ものは、1、鯛めし。2、松山城。 3、みかんジュース。
「大街道」という松山一の繁華街でバスを降り、従姉妹に教えてもらった鯛めしが美味しい「吉」へ。
ネットで場所を調べて、カートをゴロゴロ転がしながら歩くも店がない・・・
通りがかりの人に聞いてもわからなくて、ほとんどあきらめていたときにやっとお店を知っている人に出会った!数年前にお引っ越ししたんだって!
そこからまたゴロゴロ〜〜やっとたどり着きました。
「吉」さんです。

Dscf1418

目の前にいけすがあって、とっても美味しそうなお店!
大将もかっこいい〜〜

Dscf1417_2

鯛めしのご膳です。
これに、お吸い物、サラダ、お漬物がついています。
鯛めしは、松山バージョンは鯛を炊きこんだもの、宇和島は生の鯛を乗せたごはんなんですって。
もちろん食べたかったのは、生の鯛めし。
後があるからやめとこうと思ったのですが、羽田からの走りまくり歩きまくりでのどがカラカラ・・・
思わず(というか当然)ビールいっちゃいました!
そしたら、おつまみにサヨリの骨せんべい出てきて、これが美味しいの!!

鯛めしもめっちゃ美味しかった!!
ごはんの上に厚切りの鯛のお刺身が乗っていて、お薬味に生卵、ちょっと甘めのたれをかけて、ぐちゃぐちゃ混ぜていただきます。
お刺身が新鮮だから、歯ごたえがとっても良かった〜〜〜!

すっかり満足して、次に私が向かったのは松山城です。
松山城は全国でも12しか現存しない天守閣のお城です。
私はお城が大好きだから、どうしても行ってみたかったの。

Dscf1421
Dscf1425
ロープウェイから見える寒桜、すごくきれいでした。

時間に限りがあるから、お城の中に入るのは残念だけど無理でしょう

天守閣を見て、写真を撮れればそれで満足と思いました・・・・が
Dscf1422

ロープウェイを降りて、延々続く坂道・・
石垣はあれども、天守閣なんて全然見えないし
これまた羽田状態アゲインで、坂道を必死で走りました。
観光地で必死で走るおばさん、絶対怪しい・・・
Dscf1423
Dscf1424

や、やっと天守閣見えたぜ!
だけど、これから200mはあるな。
もうタイムアップ。

泣く泣くあの坂道を転がるように駆け下りて(3回くらいこけそうになったよ)ロープウェイに乗りました。

そこからタクシーに乗るまでの間、走りつつ外売りのみかんジュースを飲んで、タクシーで式場へ。

ものすごく立派な結婚式場でした。
何もないところにいきなりそそり立つヨーロッパのお城みたいな。

そこで着替えをするわけですが、あれはちょっと酷いな。
以前広島で結婚式に出席したときは2畳くらいだったけど、ちゃんとしきりのあるお部屋でした。
それが、10畳もないところで、一方は着付け、一方はヘアメイク、一方はメイク。
仕切りがありませんがな。、
私、下着から替えたかったのにヌードご披露です^^;;
ストッキングをはくのも片手で支えて穿く状態・・・
汗びっしょりの顔を洗うのもトイレの手水鉢みたいなところで片手で洗い、お化粧も隅っこで立ったまま。
外見のハード面はすごいけれど、こういうソフト面も整えていただきたいものです。

でも、結婚式は最高に素敵でした!!!


Dscf1426

Dscf1427

Dscf1429
従姉妹の息子ちゃんは、うちの息子同様、高校時代にいろいろあって、従姉妹を泣かせた子。
でも立ち直って大学に行き、就職した彼は、私にとってモデルケースでした。
うちの息子も色々あったけど彼みたいになってほしいなって。
だから万感の思いがありました。
本当におめでとう!!
誰もが人生順風満帆じゃない。
だけど、君は頑張った!!

それを見守った従姉妹夫婦も本当によかったね!!
つづく

| | コメント (0)

単数?複数??

明日、いえ今日?は久々のお休みだ~~~!!
ゆっくり松山行の支度をするのだ~~

結婚式という公の理由はあるけれど、マイクーの世話をすべて夫に任せる立場上、あまり嬉しそうに支度はできないのです(汗)
別に機嫌が悪いわけじゃないんだけどね・・・
なので今までこっそりとガイドブックを見ては、ウシウシと楽しんでいたのです。
そうは言っても、飛行機でお昼前に松山について、結婚式集合の2時半までと、次の朝、11:00前にリムジンに乗るまでしか自由時間がないのだけど・・・

大街道で鯛飯を食べて、松山城に行くのだぁ~~

ところで、昨日は日本語にまた新しい生徒さんが来られました。
ご主人の仕事の関係で赴任されたオーストラリアの女性。
まだ来日して一か月ということで、まったく日本語はゼロ。
先週のマケドニアの方と同じく私のクラスになったのですが、マケドニアの方もこの方も、まあ美しいの!!!
それで、明るくて楽しい☆

で、お二人はどうしても英語で話しちゃうわけで、一人ずつなら私と英語で話す時は少々ゆっくり話してくれるのですが、お二人でネイティブの速さで盛り上がって、いきなり「「ところでスーさん先生、これはどういう意味ですか?」と来るもんだから、私、一瞬も気を抜けず(滝汗)

私が日本語を教えるというより、私が英会話のレッスンを受けたような2時間でした。
めっちゃ疲れたよ~~~

日本語を教える場合、基本媒体語を使っちゃダメです。
すべての生徒さんが英語を話せるわけじゃなし、すべての先生が、英語以外の外国語を話せるわけじゃない。
だから、日本語は日本語で教えるのが絶対の鉄則なのですが、ここまでゼロの方でお二人とも英語が母国語なら(マケドニアの母国語は知らないけれど)しばらくは仕方がない・・・な。

少しずつ日本語の割合を増やして、授業のペースをこっちに持ってくるようにしましょう。
来週は、トルコのゼロの方が来られるそうで・・どうなることやら(おいら知らねえぞ~~)

質問されて、ほほ~~~っと思ったことです。

例えば、日本語だと、リンゴが一個でも、五個でも、「リンゴ」じゃないですか?
複数形になっても、リンゴがリンゴSにはならない。

最初何を質問されているのかわかりませんでした。
でも確かに、英語だと単数と複数では名詞も動詞も変わりますよね。
その話をランチミーティングの時したら、通訳、翻訳を生業としておられる一人の先生が、そこが日本語の難しさなんです、っておっしゃいました。

例えば「犬がいます」と言う場合、一匹なのか二匹なのか三匹なのか?
犬は二匹いても三匹いても、犬Sにはならない。
「います」という動詞も、変わらない。

もちろん「うちにはに二匹犬がいます」とか「リンゴを五個買いました」と具体的に言うことはあるけれど。
それでも犬は犬だし、リンゴはリンゴ。
「私には五人子供がいます」とはいうけれど、「私には五人(の)子供たちがいます」とは多分言わない。
ひとりの子供=child,複数の子供=childrenという日本語の使い分けは、日常会話ではあまりされていないでしょう。

「公園には沢山の、子どもたちがいます」?これはある?
でも「います」は単数複数ともに同じだし。
単数is と複数areの違いはありません。
「子供たちはお祭りを楽しんでいます」これもあり?
でも「楽しむ」という動詞は単数でも複数でも日本語では同じ。

それに、犬は一匹、一頭?
リンゴは一個、一つ?
そんな数助詞まで考えると、ほとほと日本語は難しいなあと思うのです。

でもって、そういうことを外国の方から指摘されると、しんどいけれど面白くって仕方がないところもあるんです。
なるほどなあ~^って。

しかし、やっぱりしんどいなあ、教案づくりは(号泣)

| | コメント (0)

すっかり飛んじゃいました~~

わ~~気づいてみればこんなにも長く放置してしまいました (汗)
何してたのかなあ~~
ソチオリンピック、見てました。
フィギュアは、団体戦からエキシビジョンまで全部オンタイムで見たなあ。
ジャンプの団体戦も。
一応毎朝血圧を測らなきゃいけないのだけど、いつが朝やら??
でも、感動したなあ。
終わっちゃって寂しいです。

18日からは仕事の無料体験で、2歳から3、4歳のちびっこがたくさん来てくれました。
もぉ可愛くて可愛くて一生懸命対応したのですが、あまりの忙しさに夜寝ようとして、うとうとすると幼児さんの教材が目の前にちらついて、うなされて起きて・・・私危ないかも!

日本語は、3月までフリーでのんびりしていたら、突然、まったくゼロの方が来られて(あいうえおも読めないし、数字も数えられない)シフトに入ることになっちゃった。
マケドニア(この国名を聞いて、どこかすぐにわかる人は少ないと思う)のとっても素敵な生徒さんだから、楽しみではあるけれど、また悪夢の教案作成だ~~~~

でも、自分が必要とされているのはとても幸せなことだと思います。

後は母を鍼や病院に連れて行ったり、マイクーの獣医さん通いだったり。

Dscf1411

Dscf1412
ご飯を載せる台に足を乗せて寝ているマイです。
食欲がなくなって、がりがりに痩せました。
食べても戻したり。
11キロくらいあったのに、5.2キロ。
クーと変わらない体重です。
検査をしていただいたらどこも悪いところがありません。
老衰で、少しずつ体を枯れさせていっているのだと思います。
でも、お散歩はしっかり歩きます。
毎日、マイが食べられそうなものを用意します。
牛肉のステーキ(レア)だったり、砂肝だったり、鶏軟骨だったり。
今はおかあしゃんとマイちゃんの蜜月なのかもしれません。
クーちゃんはちょっと後回しになるけど、許してね
でも、マイちゃんのお残りを奪っちゃって「ハイエナちゃん」みたいだね(笑)

マイはお顔がどんどん赤ちゃんの様になっています。
もともと童顔だから、可愛い可愛いおばあちゃんです。

獣医さんにも「16歳まで緑内障はあっても大きな病気がなくきたのは、マイちゃんもスーさんも頑張った結果です。あとは自然に任せて良いと思います」とお話しされました。
私もそう思います。
食べないことにいらいらするのではなく、自然にマイに付き合って行こう。

戻したり、おしっこをもらしちゃったりするけれど、そんなの全然OKです。
マイが可愛くて可愛くて仕方がありません。
徹底的にマイに付き合うぜ!

ワンコが歳を取って介護が大変になるとか、お金がかかるとか、看取るのがつらいとかで保健所に持ち込む人が結構いるんですって。
確かにお金はかかります。
気持ちも大変です。
でも、歳を取って病気で苦しいワンコが「犬のアウシュビッツ」と言われる場所で、どれほど寂しくて苦しい死を迎えるか、そんな飼い主は地獄に落ちろ!!!!!!

そんなばたばたの毎日ですが、27日の木曜日、お友達のmamさんと神保町のランチョンでランチ&昼飲みでした。
いっぱい食べて(私、鍼の先生から揚げ物禁止令が出ているので、ランチョン名物のメンチカツとか、仔牛のカツレツとか、エビフライは食べなかったけど)ビールやワインを飲んで楽しかった!
ランチョン、大好きです!!
おしゃべりも最高に楽しかった!

3月も元気でやって行こう!
3月は従姉妹の息子ちゃんの結婚式で松山に行くのだ~~
そして、スーパー歌舞伎や、元四季の望月さんプロデュースのお芝居を観に行くのだ!!

Dscf1415 先週末の晩御飯です。ローストビーフ(

mamさんから教えていただいたストウブ鍋を使ってのローストビーフ、やっとコツがつかめて美味しくできました)。ボルシチ。サラダ。

Dscf1416

今晩の晩御飯です。チキンアンナ、サラダ。白菜とベーコンのスープ。生ガキ。ボタンエビのお刺身。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »