« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

横浜中華街と、私の将来の夢です。

今日は、美味しいもの大好き、お料理大好き、買い出し大好きお友達のmamさんと、横浜中華街に行きました。

11:00の開店を待って、同發でランチです。
ランチメニューから、もつ煮込み、蒸し鶏、皮付きチャーシューを選びました。
二人なのに、3つもランチメニューを取る~~~??

ごはんは全部お断りして、3つの絶品おかずと、野菜炒め、スープ、お漬物でビールを飲めば、ノー プロブレムなのだ!!

しかし!!!
本当に美味しいです!!!!
サイドの野菜炒めや、スープまでもが大変に美味しい☆です。

ここで、二人で誓いを立てましたの。

私の遠縁に92になるおじさんがいます。
社会的地位も高く、リッチで、90を過ぎても、どこも悪いところがなく健啖家。

そして、お酒が大好きな方です。

でも、奥様や娘さんが、お酒をほんのちょびっとしか飲ませてくれないんですって。
お酒を飲んで、命にかかわるような病気は一切ないんですよ。
なのに、コップに焼酎を1センチくらい入れて、お水をたっぷり入れたのをいっぱいしか許してもらえなくて、いつも「もう少し飲ませてくれよ」と頼むのを、きつく却下されてるんですって。

私、思うのだけど、92にもなれば、どんなに長く生きたってあと10年でしょう。
それなら、過度は良くないけれど、もう少しお酒を楽しませてあげたらよいのにな・・と。

私の将来の夢は、「70歳になったら、朝から一升瓶を抱えて、一日中お酒を飲むこと」

70なら、たぶん母はもういないだろうし、ワンコもいないだろう。
夫は微妙な線だけど(爆)、息子も独立しているし、私も仕事を辞めているだろう。車を運転することもたぶんなくなっているだろう。
長生きしたいとは全然思わないし。

朝から、一升瓶抱えて(別に日本酒じゃなくて、ビールでウィスキーでもワインでも)、ちびちび飲みながら、好きなものを作って食べて(たぶん、食欲、料理欲はあるだろうから)、一日を暮らす!!!!

わ!!最高じゃないですか~~~

そうお話したら、mamさんも「私も仲間になる!」って。

「70歳になったら、朝から一升瓶を抱えて飲み食いする婆あ同盟」です。

中華街では、皮付きチャーシュー、あひる、腸詰、バクテの素、アクセサリーなど買って、またまた仕上げにホテルのカフェで飲んで、おしゃべりしてめちゃめちゃ楽しかったです!!

晩御飯に、あひるを食べたのですが、美味しいったらありません!
写真を撮る暇もなく、夫とがつがつ食べて、今、夫は「食いすぎた」と胃薬を飲んでます。

あ~~、今からでもあひるを買いに行きたいよ!!

| | コメント (0)

「テルマエ ロマエ」とタイ料理な週末です。

土曜日、「テルマエ ロマエ」を観に行きました。
友達から、ゲラゲラ大笑いするよ!と教えてもらって行ったのですが、面白かったです!!

ゲラゲラ大笑い・・・というところまで行きませんでしたが、クスクス、ハハハくらいかな(笑)

過去から現代に(あるいは現代から過去に)タイムスリップしちゃうお話はいくつか観たけれど、私は、錦戸亮くんの「ちょんまげプリン」が好きです。

「テルマエ」も、「ちょんまげ」のような終わり方だったら、もっと良かったかな。
タイムスリップした人間が、確実に、それぞれの世界にいた足跡を残す(それも、自然な方で)というのが。

「JIN」もそんな感じだったし。

でも、久しぶりに、何も考えず笑える映画を観て、気持ちがすっきりしました。

今週は、母が行きたいという「わが母の記」に木曜日行く予定です。

今晩(昨晩)は、母を連れて、タイ料理を食べに行きました。
息子は、この週末も帰宅せず・・・3人で。

歩いて15分位のところにあるタイレストランです。
夫とウォーキングの途中、ずっと気になっていて、最近ランチに行ったら、とても美味しかったんです。
母を連れていたので、電車で行ったけど、電車の便もとても良かった。

Dscf0667



タイ風さつまあげ
アツアツですごくおいしかった~~

Dscf0668


ヤムウンセン
取り分けて、何口か食べた後の写真です^^;;
辛すぎず、とてもさわやかでした。
うちでも時々作るのだけど、こういう美味しいたれの調合ができません。

Dscf0669



トムヤムクンと小松菜の炒め物(空芯菜が今日はなかったそうです)
トムヤムクンは夫が嫌いだから、一人で食べる予定だったのですが、あまりに美味しくて、夫と母にも分けてあげました。

Dscf0670



パッタイ
生のニラともやし、ピーナッツが絶対だよね!
時々、全部炒めてあるお店に出くわすと、なんだかがっかりなんです。

Dscf0671



ガイ ヤーン
鶏肉の中に、しっかりスパイスが効いていて美味しかったです。

Dscf0672



お豆腐と肉団子のスープ
これも、さっぱりで美味しかったです。

母は、タイ料理を食べたことは今までに数回しかないし、
「あんたたちには、いろいろ珍しいものを食べに連れて行ってもらってる」と言って、たぶん、何を食べているのかわからないと思う(笑)のですが、どれも、「美味しい、美味しい!」と沢山食べてくれました。

徒歩圏にこんなに本格的で美味しいタイレストランがあるのは幸せです!

Dscf0663

先週水曜日、息子が帰宅したときの晩御飯です。
ローストチキン。しゃぶしゃぶサラダ。火曜日の残りのおでん。モロヘイヤのお浸し。

Dscf0664_2

木曜日、母を呼んで、4人で晩御飯。
かに玉。せせりとねぎの塩麹炒め。
昨日のローストチキンの骨と野菜でポタージュ。
大皿は、ジャガイモとタコのジェノベーゼ、明太子白滝、カジキマグロのバター焼き、焼きそら豆、こんにゃく田楽。

| | コメント (0)

日本語は正しく??

最近、「視聴者の質問に答えます」とテレビに出演した、東電の常務さん。 お話のお粗末さ以上に、私は彼の日本語のひどさが気になって・・・ プライベートではどんな日本語使っても良いけれど、公の場でお偉いさんが「思ってございます」「考えてございます」「やらさせて頂きます」はないでしょう。

| | コメント (0)

HOME 愛しの座敷わらし

珍しく水曜日の日本語の教案作成が早く終わったので、5月いっぱいのただ券があった川崎の映画館に「HOME 愛しの座敷わらし」を見に行きました。

座敷わらしは、劇団四季の「ユタと不思議な仲間たち」を観て知っていました。
貧しい地方で、生まれた子供を育てることができず、「神様にお返し申す。仏にはしねえで、もっといい時代に、さずけなおしてけろ」と、自らの手で、殺してしまった子供が、由縁です。
座敷わらしが、住む家には幸運や福が訪れると言われています。

「ユタ」でも、いじめられっこのユタやさよちゃんを助け、いじめっ子にお仕置きをして…その中で、みんなが仲間になり、ユタにも友達ができる助けをするというお役目でした。

この映画は、左遷されたお父さんに伴って、お母さん、娘、息子、お義母さんが、岩手に引っ越しするところから始まります。
「和製ログハウス」とは言ったものの100年か、200年建った古民家。
田舎の生活になかなかなじめないお母さんや、学校に居場所がない娘と違い、息子はどんどん村にも、田舎の仲間にも馴染んでいきます。
そんな生活の中で、なんだかおかしいことが次々起こり、ついに、それが座敷わらしの仕業とわかります。

この、座敷わらし、めちゃめちゃかわいいんだけど、登場の仕方はかなりホラーでした・・・
いくら幸せをくれると言っても、ああいう子が家の中にいるのは、怖いと思うよ(笑)

現実はこんなに甘いものじゃなく、とんとん拍子にうまくいくものじゃないぞ~~~!!とは思いましたが、ほんわかとした、良い映画でした。
最後の終わり方も、なんとなく安心できたし。

お母さん役の、安田成美さんが、可愛くてきれいで素敵でした!

久しぶりの映画、楽しかったです。

Dscf0660
土曜日、息子が帰ってこなかったので、丸鶏は冷凍庫に入れ、鶏のクリーム煮。ジャガイモのサワークリーム和え。カツオの香味漬け。ブロッコリーとスモークイワシの炒め物。赤エビのサラダ。
母を呼んで三人で食べました。
Dscf0661
今日の晩御飯です。春巻き(お野菜をたっぷり入れたら、やわらかくて、カリカリというよりふっくらして、美味しかったです)。にら卵炒め。しこいわしのお刺身(映画の帰り蒲田の、グランデュオに寄ったら、ぴかぴかのしこいわしが売ってました)。おくらのおひたし。
Dscf0662_3


お刺身の残りの骨をから揚げにしました。

| | コメント (0)

姫の寝姿

うちのお姫様の寝姿。


Dscf0655_5


Dscf0656_2


コーヒーテーブルと平行に、マイのベッド(マット)が置いてあるのに、なぜかそれに直角(厳密には、ベッドに沿ってではなく、斜めもしくは直角に)に寝ています。

Dscf0657






Dscf0658


つまり、こういう状態です。
テーブルクロスに顔を突っ込んで。
湯たんぽ(今は温めていません)を枕に。

そして、急に起き上がろうとして、頭をテーブルにぶつけて「ゴン」と音がしたのを私は聞き逃しませんでした(笑)

普通にかまって面白いのはクーなのだけど、実は、マイは天然で面白い!!!と思うひと時です。

| | コメント (0)

連休

連休が終わります。

5月4日、従妹が子供を連れて叔母のところに来るので、私も母と会いに行きました。

ショーちゃんは2歳4か月。
めちゃめちゃかわいいです☆

Dscf0631a





Dscf0637a
Dscf0643a_3
魔の二歳児という言葉があるように、自我が芽生え始め、イヤイヤだったり、ちょっと意地悪だったりするのが、可愛くて仕方ありません。

息子にもこういう時期があったのに、自分の子供の時って余裕がなくて、またうちの息子は、ショーちゃんみたいにおとなしくなくて、とにかくやんちゃだったから、追いかけまわして、怒ってばかりいたから、こんなに無条件に可愛い!という気持ちにはなかなかなれなかったなあ。(命に代えてもこの子が可愛い!とは思っていたけれど、日常がばたばただったし)

穏やかに愛を沢山受けて育ってほしいです。
叔父と叔母が「おじいちゃま」「おばあちゃま」と呼ばせるそうなので、私も「おねえちゃま」と呼ばせることにしましょう。
(子供に嘘を教えてはいけません!)
息子は、大雨の3日の早朝に、お友達と岩手県へ旅行に行きました。
新幹線が止まるくらいの雨だったそうです。
3~4日と、災害をおこすほどの雨とともに北上して、どうなることかと思ったら、わんこそばを食べたり、いろいろなところをまわったり、楽しかったそうです。

ただ、陸前高田は、いまだまったく復興しておらず、ショックだったみたいです。

昨日は息子の誕生日会を、荏原町の洋食やさんでしました。
ここは、30年以上、この街で愛されているお店です。
マスターと奥さん二人でやっている小さいお店ですが、美味しいの!!

母も一緒に4人で行きました。

まず、3150円のコースから。

Dscf0650



干しタラのコロッケ、ヤシの芽のサラダ、ミートパイ、ハムサラダ。
コロッケ、餃子のような形のミートパイが美味しい!!

Dscf0651



オニオンスープ。
サッパリ味のスープです。

Dscf0652



ホタテのクリーム煮。
これ、絶品!!

Dscf0653



シュラスコ。
ブラジルの有名なお肉料理です。
お肉がやわらかくて、玉ねぎのソースが爽やかで
「うちの一番お勧めです」と言われるのがよくわかります。

私や母はこの段階でおなか一杯!!
お肉を息子にあげました。
このクォリティー(コーヒーとパンが付きます)で3150円はすごいと思うよ!!

Dscf0654



チキンカツ。
以前夫と食事をしたとき、夫がとても気に入ったので頼みました。
二枚ついてくるんだよ。
でも、サクサクでソースも美味しいから、ペロッと食べられちゃいます。

最後のお客だったので、マスターと沢山おしゃべりしたり、ちょこちょこっとサービスしていただいたり、120%満足しました。
私はビンガというブラジルのお酒をがばがば飲んでました(爆)

恵比寿とか、代官山とか、お洒落なレストランでのお食事もとっても憧れるけれど、(行ったことがないけれど^^;;)、こういう地元のお店も気がはらなくてよいなと思うのでした。

さっき息子が下宿に帰り、明日からまた、いつもの日々です。

| | コメント (0)

わんこにお別れなんて言ってほしくないです。

知人のわんこちゃん、8歳が永眠しました。

H多さんのお友達のわんこで、4月初めに体調を崩し、今までかかっていた病院で診察を受けたら、末期の肝臓がんと診断されました。
抗がん剤を受けるも効果なく、その病院ではもうやることがないと言われ、まったく食べられず、どんどん弱っていくわんこを見ながら、飼い主さんが絶望的になっておられました。

H多さんのご紹介で、マイクーと同じ病院に来られ、私が偶然、待合室でご一緒になって、「H多さんのお友達ですか?診察室で先生が、隣の診察室の方もH多さんのお友達ですよと言われました」と声をかけてくださいました。

お会いしたのはその時だけでしたが、こんなに丁寧に説明してくれて、親切に飼い主の気持ちに寄り添ってもらえたのは初めてだと、涙を流しておられました。

さっき、H多さんから電話があって、昨日のお昼に亡くなったと。

まったく食べられなかったのが、最後はフードもジャーキーも食べられるようになって、おうちの中を走れるようになったそうです。
それでも、もう肝臓はぎりぎりのところに来ていたらしく、突然の肝臓破裂で急変したそうです。

おとといの晩、大好きだったベランダに出して!と言うので、飼い主さんが出してあげたら、いつもお気に入りだったベランダのいすに座って、周りを何度もじっと眺めていたそうです。

昨日、点滴で病院に預けられた時も、瞬きひとつせず、「すぐに迎えに来るからね」という飼い主さんをまっすぐに見つめていたそうです。

きっと、自分の死期がわかり、飼い主さんにお別れを告げ、自分の大好きだった景色を胸に収めて、逝ったんだろうね・・・とH多さんも飼い主さんも言うけれど。

でも、これはつらいなあ。

私だったら、マイクー、まったくそんな気配もなく、突然逝っちゃって
「マイちゃん、クーちゃんどうして最後におかあしゃんにご挨拶しなかったの~~、まったくあんたたちは、最後までマイペースで自分勝手なんだから!」と言いたいな・・・

いつまでも
「うちのワンコ達は、もぉマイペースで身勝手で、勝手に逝っちゃったんですよ~~、散々お世話になった私に一言の挨拶もなく、ねえ、酷いでしょう」と泣き笑いしながら話したい・・・そう思います。

| | コメント (0)

東京スカイツリー第一展望台内覧会に行きました。

雨の中、昨日、母と東京スカイツリー第一展望台内覧会に行きました。

Dscf0578




Dscf0579


招待券と交換に、首から下げるカードをもらいます。
さあ、出発だ!

Dscf0580



Dscf0581


入り口に向かって歩きます。

Dscf0582



オープニングをした際には、チケット売り場になるんだね。

Dscf0589



エレベーターを待ちます。

Dscf0594



エレベーターは全部で四機。
左から、春、夏、秋、冬のイメージですって。
私たちが乗ったのは「秋」お祭りのイメージです。

Dscf0596



フロア350に到着です。


Dscf0597





Dscf0600


Dscf0599



Dscf0598



あいにくの雨・・・
とりあえず、これくらい見えました(汗)
晴れていたらきれいだろうな。

Dscf0601




Dscf0602



カフェだ、でも、アルコールがない!!(爆)

Dscf0605



フロア350を一周したら、エスカレーターでフロア340へ。

Dscf0606

これが入館証です。


Dscf0607



Dscf0608


お土産物屋さんです。
スカイツリーのお水とか、そらからちゃんとか・・・

Dscf0610



とても立派な建物だけど、私、平衡感覚が悪いのか、こういう斜めのところにいると、体が傾いて、ちょっと気持ちが悪いです。

Dscf0611



満面の笑顔の母。


Dscf0612



Dscf0613


有名な下が見えるガラスの床。
どうってことなかったな。

Dscf0615



雨はさらにきつくなって、何も見えないよ・・・


Dscf0618



帰りのエレベーターは「夏」
イメージは花火です。




Dscf0623_5


上まで撮るのが難しい~~
というか、どうしてこのブログ写真の回転ができないんだろう・・・
Dscf0627

お土産にお水をもらいました。

久しぶりに母とのお出かけはとても楽しかったです。
でも、スカイツリーがオープンして、果たして、行くかなと聞かれたら、とても微妙です。
てっぺんの天望回廊までいけば、また、感想も違うかもしれないけれど・・・

ここだったら、恵比須ガーデンタワーの39階でで、美味しいランチを食べながら、眺望を楽しんだほうが良いな、というのが私と母の感想でした。

故郷は遠くにありて思うもの。
スカイツリーは遠くにありて眺めるもの(笑)
     

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »