« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

暑いです~~でも食べてます!

暑いです!!!!
もぉ、駄目!!!
節電も何もありゃしない・・・
6月でこれだったら、7,8月どうなるんだろう・・・
東京23区は計画停電がないそうだけど、こんな状態で、計画停電されたらほんと、命に関わると思います。

そんな中、加藤茶似の原子力保安員さんが、更迭されました。
20代の女性と不倫だって・・・
ホテル代けちって、カラオケボックスだって・・・
かつらが取れちゃうと困るから、下半身だけ脱ぐんだって・・・

げ~~~~~~!!!!

こういうタイプ、一番触れられたくないんですけど・・・
(向こうも、あんたみたいなデブ、そばに行きたくもないわ!!、と、言うだろうが(汗)

それにしても、東電の株主総会の酷いこと・・・
勝俣会長や、清水社長は人間じゃないね、きっと。
ああいう、人の心を持たない人が出世するって言うのはどうも納得できないけれど、世の中そういうものなのでしょう(あきらめです)

居座り菅さんもすごいな。
だんだん、表情がなくなって、サイボーグみたいになってるし。

ドラマが次々終わってます。
「仁 JIN」も鳴り物入りで最終回。
「グッドライフ」も「ハンチョウ」も。

今日で「BOSS」が終わり、日曜日に「マルモのおきて」が終わっちゃう。

寂しいし、暑いけれど、美味しいご飯を食べましょう!
230630_003
土曜日の晩御飯です。
煮込みハンバーグ。きゅうりとみょうがの浅漬け。サーモンマリネ。鰻の肝焼き。
230630_004
月曜日の晩御飯です。
鮭の塩焼き。トマトと卵の炒めもの。親もつの煮物。うに(うちで育ったきゅうりを添えました。みずみずしくて美味しい!)。お豆腐と明太子のスープ。
230630_005
昨日の晩御飯です。
てんぷら(しいたけの肉詰め、わかめ)
わかめのてんぷら初めてしたけれど、めっちゃ美味しいです!!!
ホタテのベーコンまき(お刺身用のホタテが売っていたので、ベーコンで巻いてさっと焼きました)。にらたま汁。

今日は一日、土曜日発表の早稲田のレポート書いてました。

「左下肢痛の訴えを中心に夜間を通じて不定愁訴聞かれる。両下肢冷感あり。また、37.4度の微熱あり頭部クーリング継続中。
時々痰がらみあり、吸引施行。粘着痰少量引かれる。肺雑なし」

「夕食後より不穏状態となり、熱発され足元ふらつきあるも徘徊が続く。頻回に居室誘導し、入眠促すも効果なく自己起床され朝まで徘徊続く。朝食は座席上で傾眠傾向となり、声掛けして覚醒を促し一部介助にてほぼ全量摂取される。
熱発は尿路感染の疑いで、本日、朝食後より抗生剤処方される。」


「トイレにて意識消失されている主を発見する。大量の発汗見られる。
便器に大量の排便があったため、一過性の虚血性の発作を疑い居室ベッドにて下肢拳上し、安静を確保したところ意識回復し、以降バイタル等、特変なく通常通りすごられる。」

「体交時嘔気あり45度の側臥位にて様子を見る。臀部の仙骨部上に褥瘡になりかけの発赤が二ヶ所あり、保護軟膏塗布しガーゼ保護する。右腸骨部にも発赤が薄く見られるため、暫くの間、右側臥位は禁止する。
仰臥位時は円座マットを使用し臀部発赤部位を保護する。」

これを全て理解できる外国人ヘルパーさんっているのかなあ。

全部わかったら、こっそりご連絡ください。
私の熱いチゥをプレゼントします。
いらん・・ってか!!

| | コメント (0)

心に、ド・ストライク!

早稲田大学の日本語教育実践ワークショップのテーマ2
「外国人ヘルパーのための日本語教育実践」が先週から始まりました。

先週は、介護施設の施設長の方が来られてのお話でしたが、私としては少々不満足で、はっきり、今日行くのがちょっと億劫でした。

でも、心に ド・ストライク!!

墨田日本語教育支援の会のお話でした。

地域、行政、ボランティア団体、日本語教師が一丸となって、外国人ヘルパーを育てている・・・それは素晴らしいやり方だと思いました。

ほんと、今すぐにでも、この活動に飛び込んで行きたい!!!

漠然と心の中にあったものが、ぎゅ~~~っとまとまって焦点が合ったような気がします。

ただ、活動日が公文と重なっていて、行けません・・・
また、場所も遠いです・・・

こういう活動をしているところは本当に少ないそうで、私もネットで調べてみましたが、ヒットしません。


でも、自分のやりたいことが何なのか、はっきり気づけたことは、このワークショップに参加した大きな収穫だし、この年になってもやりたいことが見つかったのはとても幸せなことです。


木曜日、教会の婦人会で「コヘレトの言葉」を学びました。
ここは、聖書の中で私が一番好きな言葉のあるところです。
いろいろなことが書いてあるけれど(いい加減クリスチャンだし~~~)
「時」ということを語っているところが沢山あるように思います。

何をするにもふさわしいときがある・・・
私もいつ何が出来るかわからない・・・
息子の就活もどうなっているのやら・・・

でも「神のなさることは全て時にかなって美しい」
本当にそう信じています。
(ただ、この箇所、新共同訳では、この言葉が違う言葉に訳されています。意味は同じなのですがちょっと残念です)

| | コメント (0)

デジカメを買い換えました。

デジカメが壊れました~~
もぅ、何年使ったことでしょう・・・
あまりの古さに、結婚式のとき、ウェイターさんに、撮って貰おうとしたら
「使い方わかりません」と言われちゃったし(爆)

私は、ブログにアップしたり、メールに添付をするのがメインの使い方だから、こだわりは全くありませんの。

ネットで、FUJITU FINEPIXJX200が、6000円台であったので、迷わず購入です。

デジカメはずっとファインピックスを使っています。

これが良いのかどうかは??ですが、問題なく使えているから、今回もそうしたのですが・・・

小さい~~~~~
今までのデジカメの半分以下の大きさと軽さです。
ぶっとい私の指ではちょっと扱いにくいところもありますが、徐々になれて行こうと思います。

この春は「ドラマが面白い!!」
この一二週間で、みんな終わっちゃいます(涙)

今日は「名前のない女神」が最終回でした。
恐ろしくもあり、とても面白かったです。
こういうこと、一部の幼稚園ではあるみたいです。
他人のお子さんの受験番号を語って「入学辞退します」という電話をするというのは、実際にお受験幼稚園に子供を通わせていたママから聞いたことがありました。

たまたま、先週、息子の幼稚園時代のママ4人とランチをしました。
「私たち、こんなこと全然なかったよね~」
「ほんと、皆仲良かったよね」
うん!本当に母子ともに楽しい幼稚園でした。
都心にも関わらず、農作業を沢山したり、音楽に力を入れたり。
もちろん、小さな個人的な確執が全く無かったと言ったらうそになるけれど・・・ね。

でも、私は思うのですよ。
私は、子育てに失敗したから。
何処の幼稚園に行こうが、何処の小学校に行こうが、何処の中学に行こうが、高校に行こうが、大学に行こうが。
子供の人生を親が決めることは出来ないし、何が子供の幸せか、親が判断することは出来ない。
やってはいけない。

子供が自分の道を見つけて歩んでいくのを、子供の力を信じて、見守ることしか親は出来ない。

その代わり、失敗して傷ついても帰ってくる場所を作って・・・
「うちに帰れば、美味しいご飯と暖かいお風呂がある」という場所を用意してあげればよいのではないかな。
来週は、「JIN仁」「ハンチョウ(これ、回を重ねるほどに面白くなくなるね)」「グットライフ(なんだか反町、やなパパになっていくような・・・
『パパ、わっくん嫌い?』『ああ、嫌いだ』『そしたら わっくんもっともっと良い子になるから』・・・こんなこと言うなんてありえないでしょう!!!!)が終わっちゃいます(涙)
これから何を楽しみに生きていこうか・・・
230621
日曜日、母を呼んでの晩御飯です。
海老とチキンのグリル。ター菜のクリーム煮。やりいかと大根の煮物。
お豆腐のピカタ(これ、めっちゃ美味しかった!)
2306211
今日の晩御飯です。バクテ。たたききゅうり。アスパラ。海老と卵のチリソース。

| | コメント (0)

ワークショップ発表の日です。

先週の早稲田のワークショップの続き「学習支援に向けた活動をデザインする」、それをポスターにして発表する日でした。

私のテーマは「18歳の中国人留学生、来年4月に日本の一流大学合格を目指す。そのために、留学試験を受けようと思っている。どう勉強してよいかわからない」

いや~~~~~、久しぶりにめちゃめちゃ勉強しました。
「留学生試験」と言う言葉で検索してみると、次から次に資料が出てきて、知らなかったことばっかり!!
とにかくどんどんプリントアウトして、読みまくって、切り取ってノートに貼っつけて、アンダーライン引いて。

仕事もあったし、ボランティアもあったし、税理士さんとお会いすることもあったり、歯医者もあったり・・・何度かくじけそうになりました・・・

そんなときはパートナーさんにメールして励ましあって、今日を迎えました。
15分で、二人の持ってきた資料を模造紙に書いたり、資料を貼ったり・・・
もぉばたばたでしたが、考えてきたこと、調べてきたことがパートナーさんととても良く似ていたので、作業はとてもスムースに進みました。

どのグループ(それぞれ、テーマは違います)も、沢山の資料や、パソコンを使って発表の準備をしています。

発表は何とか成功しました。

その後、質疑応答などがあった後、この三回で自分の考え方がどう変わったか、「本講座を終えて思う学習支援」をそれぞれ述べます。

私は、「介護ヘルパーのための日本語支援」が目的でこのワークショップに来たので、最初、このテーマを与えられても何も考えることはありませんでした。
それが、今、
「日本語を教える」というと、一方的に教える、支援すると考えがちです。そうすると、「先生がいないと何も出来ない」と言うことになってしまう。
なので、そうではなく、学習者が自ら調べたり、学習したり、考えたりするための支援が大切なのだなあと。
もちろん、それなりの情報を提供することは必要ですが、学習者の自立を支援することこそが、私たちのすることなのだなと感じています。

みんな、「疲れた~~~~」「こんなに勉強したの何十年ぶりだ~~」「でも、この年になっても勉強できることがわかって嬉しい」と言いながら、達成感があります。

そして、大変だったけど、新しいことを勉強し、新しいものを学ぶのはとても楽しかったです。

今日で「ケースで考える多様な学習支援」というユニットは終了です。

次回からの三回は「外国人介護ヘルパーのための日本語教育実践」
なにより、興味のある内容です。

また、大変な宿題が出るでしょう・・・
でも、やる気満々ですの!
お仲間さんたちもとても楽しいし。

さっき、テレビで、美味しそうな学食、社食の特集をやってました。
一度、息子と、早稲田の学食でランチしたいものです。
230610
私たち二人が作った発表用の模造紙です。
15分で作り上げたので、雑ですが、記念に。
230610_001
母を呼んで晩御飯です。忙しかったので、簡単に手巻き寿司。韓国風のトン汁。

| | コメント (0)

クーの寝言と最近の晩御飯です。

数日前の夜中、なにやら、つぶやくような声で目が覚めました・・・
真っ暗な中で、誰かが、私の耳元でなにやらささやいています。
「どうしよう・・・誰かがこの部屋にいる・・・」
目を開けるのが怖かったけど、まず、手探りでスタンドを付けて、部屋を明るくして目を開けました。

私の枕元に、びったりくっついてクーが寝言を言ってました(爆)
マイの寝言は「キュイン、キュイン」のような、犬らしい?寝言なのですが、クーはごにょごにょごにょ・・・あたかも人間が、苦しそうにささやいているような寝言を言うんです。
時々、フ~~~というため息のような音も入るから、ますます人間っぽくて・・・

あ~~~~怖かった☆

230604_004
こんなに可愛い寝顔をしているのに・・・
最近の晩御飯です。
230604_005
日曜日の晩御飯です。
ステーキ。冷凍餃子と残り野菜のスープ。たたききゅうり。かつおのサラダ(からし醤油に漬けたたまねぎのスライスをたっぷり乗せました)
230604_006
月曜日の晩御飯です。
金目鯛のカルパッチョ。潮汁(鯛のあらを一度焼いて潮汁にしました)。とびうおの酢味噌和え。レタスのかにあんかけ。
230604_007
火曜日の晩御飯です。
鯛ごはん(潮汁に使わなかったあらでご飯を炊き、針しょうが、海苔を混ぜました)。栃尾油揚げにひき肉、にんじん、たけのこ、白滝を巻いて煮ました。大根の葉のきんぴら。かぶのお味噌汁。チンジャオロース。
230604_008
今日の晩御飯です。おせんべいとんかつ。にらのおひたし。昨日の栃尾油揚げの煮物の残りに切干を入れて煮ました。カプレーゼもどき。

| | コメント (0)

ワークショップ二回目です、ちょっと違和感が・・・

日本語ワークショップ二回目です。
「学習支援に向けた活動をデザインする」

前回、宿題が出ました。
いろいろなケースの外国人をどう支援するか・・・

私に出されたテーマは、18歳の中国人。
来年の4月に、日本の一流大学入学を目指して、去年の10月に来日。
学力は初中級だが、大学受験に備えて、そのための勉強をしたい。
詰め込み勉強が得意なタイプで、語彙、文型、文法は良く覚え、テストでよい成績を収めるが、それを運用する力に欠けており、なかなか自分の意見や考えを言おうとしない。

私の答えです。

この人の場合、とにかく大学に合格することが目標です。
先週、インドネシアの看護師さんが「試験に受からなければ、その先がない」といってたように、とりあえず、今は、受験勉強をする。
タイプとして、受験勉強には向いているので、今のところ、自分の意見を言ったり、積極的にしゃべることより、学力を上げることが大事なのではないか・・・
そのために、必要な模擬試験や、過去問、テキスト、受験までのスケジュールを一緒に考え、支援する。
また、面接が必要な大学については、これも、過去問などから、ロールプレイング方式で、練習する。

とても驚きました!

日本では、日本語学校であれ、大学の留学生の先生であれ、勉強を教えるだけではなく、その人が、社会でどう生きていくか、生活をしていくかまで、支援しなければいけないんですって!!

私、ドイツではゲーテ・インスティトゥート、シンガポールでは、ブリティッシュ カウンシルに通っていました。
クラスではひたすらめちゃめちゃ勉強をさせられました。

先生の質はとても高かったので、授業はとても面白かったです。
そして、国境を越えたお友達も沢山出来ました。

でも、その場で、私がどう歩いていくか、どう生活するか、周りの人とどう関わるか、色々な生活に関する、あるいは趣味に関する情報をどうやって得るかなんてことを面倒見てもらったことは一度もありません。
語学学校が、そんなお世話をしてくれることは全くありませんでした。

クラスによって、ドイツ語ならゲーテの検定試験、ブリカンなら、ケンブリッジファーストをはじめとする試験に合格することが目的でした。

ですが、私の回答は
「大学に入るだけが大切なのではなく、大学でどう勉強をするか、また、サークルなどに入って、周りの人と会話が出来るようにするのをどう支援するか、教室外に目をむけるチャンスを広げるように支援するにはどうしたらよいかも考えてください」と指導されました。

・・・・・・たかが、日本語教師がそこまで関わらなくてはいけないのか???

ある程度の日本語を教えたら、あとは、生徒さん自身が必要だと思えば、自分で探っていくべきなのではないでしょうか?
少なくとも、外国で暮らす、外国語学校に通っている日本人にそんなお世話を焼いてくれる学校など、聞いたこともありません。

ものすご~~~いカルチャーショックでしたわ!
もちろん、勉強を教えることは、誠心誠意するし、なにか日常生活で困ったことやわからないことを相談されたら、きちんと相談相手になるよ。
だけど、公の場で、一人ひとりの生徒さんにそこまでお付き合いするのは不可能じゃないのかなあ・・・ってか、甘やかしすぎじゃないのかなあ、相手は小学生じゃないんだから。

また、日本語教育の多くの場で、レベルも、目的も全く違った複数の生徒を一人の先生が見ているそうで、その場合、授業のレベルを何処に設定するかがとても難しいそうです。

私がボランティアをさせていただいているところでは、まず、生徒さんのレベルチェックをして、グループ分けをし、それぞれのグループで必要なテキストを使って勉強します。

全く違うレベルの生徒さんが同じグループにいることはありません。

これもまた、大きな違和感・・・

そうは言っても、私は日本語教師としてもまだまだ駆け出し・・・
もっと学ぶべきものが沢山あると思います。
これが日本語教師なら、そういう風に気持ちを切り替えてやっていくのだ!

とても新鮮なお勉強。
お仲間がとても良いです!!
ヘルパーのスクールのときもめちゃめちゃ良かったけど、同じ勉強をしていると本当に一体感を感じることが出来るし、ご近所さんでも妻でも母でもない「スーさん」個人をみて、付き合ってもらえるのがとても楽しい!

ワークショップ、頑張ろ!!

今日は、ちょっと嬉しいことがありました。
土曜日も授業がある息子、話を聞くと、一限と四限に授業があるから、その間は空いているんですって。
私「じゃあ、お昼一緒に食べようよ」

12:00に大隈重信の銅像(くまぞう、と言うそうです、ちなみに大隈講堂はくまこう)の前で待ち合わせし、息子のおすすめのお蕎麦屋さんへ。
本日のサービス「カツカレー」を食べる。
なんだか楽しい!

帰りに「来週はおれと飯を食わなくても良いように友達作れよ」って。

私、家でお昼ご飯を食べて出ても間に合うんだよ。
君とだから、一緒にランチしたかったの。

私は息子と大変に大きな葛藤、確執があったから・・・
こういう時間を共有できるようになったのがとても嬉しいです。
230604_001
木曜日の晩御飯です。
てんぷら(こしあぶら、そらまめ、あなご、あすぱら、えび)。ウルイのおひたし。鮭の焼きびたし。ウルイと海老の頭のお味噌汁。

病院の帰り、恵比寿三越に行ったら、「こしあぶら」という山草が売ってました。てんぷらにすると最高ですよ!と言われて、久しぶりのてんぷらです。
230604_002
金曜日の晩御飯です。
ロールキャベツ。ブロッコリーと海老のサラダ。鴨ロース。
鴨ロースは、昔から大好きだったけど、作ったのは初めてかな。
とても柔らかく美味しくできました!
その蒸し汁で作ったおうどんがまた美味!!
簡単だし、また作ろう。
230604_003
今日の晩御飯です。
いかとねぎの炒め物。いわしのユッケ。チキン南蛮。えのきのお吸い物。

| | コメント (0)

世の中で一番嫌いなところ。

歯医者さんに行きました。
半年に一度のチェックと、歯石取りです。
マイミクのマーサさんにお聞きして、水曜日の歯科衛生士さんがお上手で痛くしないというので、今日の予約。
確かに、全然痛くなくて、とても短い時間で終わったのですが・・・

虫歯が見つかっちゃいました・・・

右の下と左の上です。

どちらも、大昔に詰めたところです。

麻酔をかけて、詰めたものをとって虫歯を削って、また、詰めることになりました・・・

左の上は、もしかしたら、虫歯が奥まで拡がってるかもしれず、そうしたら、神経を取ることになるかもしれないんですって・・・

「痛くないですか?」
「痛くないですよ、麻酔をすれば、耳とったって、鼻とったって、首とったって痛くないんですから~~~~~はははは!!」

この先生、腕は良いんだけど、常にハイテンション・・・
こういうとき、ちょっと疲れます(汗)

ということで、来週月曜日から三回かけて、二本を治療することになりました。

歯医者、世の中で一番嫌いな場所です・・・
明日、癌の検診でNTT病院に(三ヶ月に一度)行くけど、こっちのほうがずっと気が楽だよ・・・

あ~~~~~~~、めっちゃブルー・・・

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »