« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

無題

220729_002

ローストチキン食べたくなっちゃった。

| | コメント (0)

暑いですね~~

めちゃめちゃ暑い日が続いております。

私は、変わりない生活をしています^^::

土曜日は、法事に行く母を神保町まで送り、そのあと父のお昼ご飯を作るべく実家へ。

日曜日は、義母のホームの夏祭りでした。
夫はなぜかイベントが嫌いな人なので、こういうところの出席はいつも私一人です・・・
ボランティアの方が来られて、シャンソンを聞かせてくださったり、皆で何曲も歌を歌ったり、ヘルパーさんたちの寸劇があったり(結構笑えました)、スイカ割をしたり、とても楽しいひと時でした。

カキ氷が配られたのですが、あの、超イケメンのホーム長さんが、私のところに来て
「スーさん、ビールが冷えてますよ」とおっしゃる。
「それじゃあ、お願いします」とカキ氷を返上。

缶ビールって手で持っていると、すぐ、生ぬるくなるから、ササッと飲み終えると、すかさず、二缶目が!!

すっかりいい気分で、楽しんできました。

が・・・お姑さんのホームに来て、いきなり缶ビールを二缶開ける嫁さんって、どうよ・・・(汗)

ヘルパー二級のスクールでは、こういった、イベントをどう催すかという授業があります。

歌に振り付けを考えたり、ご利用者のお誕生日に渡すカードを作ったり、ゲームを進行したり。
なんとも、乗りの良かった私たちのクラス、大盛り上がりで、もぉ先生たちにも止められない状態でした。

スクールが終わって、どういう形で介護の仕事をするかという話になったとき、こういうイベントが苦手だから、施設は嫌だという人と、こういうイベント、大歓迎!!というタイプがいて。

私はもちろん、イベント大好き、ちょうど実習がクリスマス時期だったので、私、被り物してサンタにでもトナカイにでもなれるよ、と言ったのを思い出しました。

また、介護の仕事をすることがあったら、今度は施設もやってみたいな。

月曜日は、どうしてもNTT病院に行くという父・・・
飛び込みで行って、3時間半待ちでした。
結局、どこも悪いところはなく、ドクターも少々呆れ顔で、なんとなく私に同情してくれているような。

爺婆に明け暮れた3日間のあと、今日は、公文の日。
このお仕事は、本当に楽しくてたまりません。

夏休みの開放感もあってか、ざわざわするお教室。
ざわざわを通り過ぎて、大きい子を中心に、かなりの騒がしさでした。

他の先生たちは、女の子だけのママさんだったり、息子さんがいらしても、おとなしいお子さんばかりで、私のように、荒くれ息子(涙)を育てた方がいらっしゃいません。
なので、生徒さんを叱るのも、とても優しく穏やか・・・

そんな中、一人怒鳴り倒す私。

先日の打ち上げでも「スーさん先生が怒鳴ると、一瞬、お教室中がシーンとしますね」と言われちゃいました(汗)

すっかり、生徒さんの間で「怖い先生」とインプットされてしまっています。

最初は、言い含めるように注意していたら、小二の男の子に
「先生、次は『うるさい!!!』って、怒鳴るんでしょう?」
「そんなことないよ」
「うそだ~~、いつも、凄く怖く怒るじゃない。虎が吠えてるようだよ(なんという表現だ!!まあ、タイガースファンではあるけれど)」

そしたら、小一の女の子がすかさず言ってくれました。

「この先生は、悪いことすると怒るけど、まじめにしてると、とっても優しいんだよ!!」

ううう、いい子だねえ・・・
この子こそ、大きい子とつるんで大騒ぎするので、何度も怒鳴りつけた子。
最近は、心を入れ替えて(笑)、とてもきっちりお勉強をするようになりました。
そうすると、スーさん先生お得意の、誉め誉め戦術です(笑)

子供って、ストレートに反応するから、本当に面白いですね。



220727_002
土曜日の晩御飯です。母を送った後、久しぶりにニッシンデリカに行きました。ソーセージだけの(夫がどうしても卵を焼きたいといいましたが)鉄板焼き、マスタードとカレーケチャップをつけました。
トマトと自家製バジルのサラダ。オクラのお漬物。三種盛りは、沖漬け、岩下の新ショウガ、わかめのナムルです。
220727_001
今夜(火曜日)の晩御飯です。ニッシンで買った、黒毛和牛のジャンボステーキ(これ、ニッシンで一番のお買い得だと思うよ)、700g位あります。ミネストローネ。サラダ。
オージービーフも好きだけど、やはり、和牛は美味しいな~~

| | コメント (0)

母の怪我とか、楽しいこととか、「レ・ミゼラブル」のこととかです。

土曜日の朝、母から電話がありました。

金曜日の午後、お昼寝をしていたら、ドアフォンが鳴ったので、あわてて起きたとき、足首をひねったそうです。

そのときは、大して痛くなかったので、そのまま買い物に行ったり、台所に立ったけど、夜からめちゃめちゃ痛くなって、立っているだけでも涙が出るほど痛い・・・右足をつけないから、家の中でも杖にすがって歩いてる・・・と。
どうしよう、どこの病院に行こう(例の大ヤブ整形に行こうかとまで言う)と騒ぐのを、近所の整骨院に連れて行きました。

捻挫だそうで、冷やしてテーピングをしてもらい
「嘘のように楽になった!!」と、喜んでいたのですが、「歩いちゃいけません」との先生の指示がありました。

土曜日は午後出かける予定だったので、実家に母を連れて帰り、冷蔵庫にあるだけの材料で、両親のお昼ご飯、夜ご飯を作って・・・

まあ、元気そうになってよかった!と思っていました。
私、前日の夜遊びのため(爆)、朝寝をして、今朝、ゆっくりパソコンをあけたら、悲痛なメールが3通も入っていました。

「又痛くて動けない、テーピンクがきついのかね、こられるとき、きてください」
「パパもうるさいので、できるだけ早くきてください」
「くるときは、鍵お持ってきてください。下え降りられないので」

う~~む、「鍵お→を」「下え→へ」の変換も出来ないくらいに痛いのか!

しかし、緊急のメールは、携帯に入れて欲しいもんだ。

昨日、整骨院の先生に「テーピングがきつくて痛くなったら、切ってください」と言われたそうで、いためた部分を避けて、ハサミでジョッキンしてあげたら、たちまち痛みがひいてきたそうです。

この程度の処置なら、自分でやって欲しいし・・・

この馬鹿暑い中、チャリで飛んでいって、私熱中症寸前だし。

それでも、また動いて、痛くなると困るので、お昼ご飯の用意、片付け、買い物に行き、家で料理して、夜ご飯を運び、片付けて・・・

父は父で、ショックを受けて「わしはどこかに入院する、すぐにNTT病院に連れて行ってくれ」というのを
「そんなに簡単には入院させてもらえない。ママで大変なときにごたごた言うのは止めれ(爆)私、身体はひとつしかないんだから」と一喝し。

しばらく、こんな日が続きそうです(涙)。

年寄り抱えてると、こういう突発的なことがあります。

でも、楽しいことも沢山しています!

金曜日は、mamさんと、浅草、人形町、日本橋を、昼酒飲み歩き、おしゃべり三昧の一日でした。
どうして、こんなにしゃべっても、しゃべっても、お話が尽きないんでしょう!
本当に楽しかったです。

土曜日は、公文のミーティングのあと、打ち上げで、近くの中華料理屋さんで沢山食べて、飲んで、お話して。
このメンバーも最高に素敵です。
二次会で、近所のスナックへ行き、元、公文スタッフのマーサさんを呼び出して、1時過ぎまで飲んで~
それが、日曜日の朝寝坊に繋がるわけですが(笑)

大変なことはあるけれど、楽しいお友達がいて、美味しいものを食べて、美味しいお酒を飲んで、パワーを補給しているから、私は頑張れるのだ!

もう一つ、最高のニュースがあります。

来年の春、帝劇で上演される、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のジャン バルジャン役に、元四季、「響人」の吉原光夫さんが大抜擢です。

吉原さんは、2000年12月、私が初めて見た、四季ミュージカル「ライオンキング」のムファサを演じられた方。
吉原さんの、美しいムファサに、私はいっぺんに持っていかれ、ライオンキングリピーターになり、四季の猛烈ファンになったと言っても過言ではないくらい、私の「四季原点」ともいえるお方です。

4月には、1mの間近で、吉原さんのお芝居を拝見しました。

それが、あなた、天下の山口祐一郎さんと並ぶお役です!!
どうしよう!(どうもするな!!)

フランス革命記念日、パリ祭の日に届いた、とても嬉しいニュースでした。

| | コメント (0)

ペットの火葬に立ち会いました。

昨日の夜、H多さんから、電話がありました。
H多さんちの19歳の猫、はなちゃんが亡くなりました。

はなちゃんは、最近、衰えが酷くて、あと、一週間持つかなと聞いていました。
だんだん、食べられなくなって、飲めなくなって。
最後は、お刺身をほんの一切れ、クリームチーズを一舐めするのがやっとで、お水も針のない注射器で、二滴、三滴飲ませていたそうです。

火曜日に獣医さんで会ったとき、
「もう19なので、無理な治療はしたくない」と話しておられました。

体が、食べ物も飲み物も受け付けなくなっているのに、無理やり食べさせたり、飲ませたりするのは、かえって動物を苦しめる。
枯れ葉が落ちるように去っていくのが、自然の姿だと思うから・・・という彼女の考え方は、私も同感です。

昨晩、はなちゃんは、H多さんにさすられながら、家族のワンコやニャンコがいる部屋で、全く苦しまず、失禁も、嘔吐も、脱糞もすることなく、召されたそうです。

だんだん消えていくはなちゃんの命を見ながら、
「たまちゃん、迎えに来てやって!一緒に天国に連れて行ってあげて」と祈ったそうです。

たまちゃんというのは、H多さんが以前飼っていたワンちゃんです。

はなちゃんは、目もあいてないときに、公園で、H多さんが保護しました。
夕立の後、びしょぬれで、体温もなく、ゴマをまぶしたように、のみがたかっていたそうです。

すぐにつれて帰って、温かいお湯でのみを落とした後、たまちゃんのおなかにくっつけて、暖を取らせて以来、たまちゃんのはなくそのように、たまちゃんびったりだったので「はなくそ」という名前が付いたそうです(笑)。

もう、息が途絶える・・・というとき、弟ワンコのさんちゃんが、玄関に走っていって、凄い勢いでほえました。
彼女は、ご主人が帰宅されたのだと思って
「早く上がってきて!はなちゃんがもう危ないから」と叫んだのだけどドアは開きません。
それでも、ほえ続けるさんちゃん。

そのとき、彼女は、たまちゃんが迎えに来てくれたと確信したそうです。

今朝、また、電話があって
「今日の2時に、葬儀の予約を入れた。一人で車を運転していくのは、心もとないので、もし良かったら、一緒に来て欲しい」と。
もちろん、私も、はなちゃんに会いに行くつもりだったので、はなちゃんとH多さんをピックアップして、池上の「東京ペット霊堂」へ行きました。

崇禅寺という、お寺の中に、ペット霊園と、ペットの火葬場があるところです。

「合同葬」「個別葬」「立会い葬」と三種類あって、はなちゃんは「立会い葬」。
火葬場で、お釜?に入れて、火をつけるのを見届け、焼きあがったら、お骨あげをします。

小さな箱に沢山のお花を入れて、以前、私が、大野屋さんで買ってプレゼントした「眠り猫」の日本手ぬぐいに包まれて、はなちゃんはお星様になりました。

人間の火葬場のように、本当に丁寧に親切に扱ってもらえました。

お骨あげのときも、ここがお顔、上あご、つめ、尻尾の骨、犬歯(クーが焼かれたときは、これはないんだ・・・と一瞬考えました・・・)喉仏様と説明をしていただき、H多さんとお箸でつまんでお骨壷に入れました。

いつの日か、私も、ここにマイクーを連れて来る事になるでしょう。

そのとき、お釜に入れられるマイクーをどんな思いで見送って、焼きあがるまでの一時間をどんな気持ちで過ごすのだろう。

犬歯のないクーのお骨をどうやってあげるのだろう。

どれだけ、ベストだと思うことをしても、後には必ず悔いが残るでしょう。
H多さんも、そういう気持ちでいっぱいだったと思います。
でも、彼女の顔はとてもすっきりしていました。

私も、こういう顔で、マイクーを見送れたら・・・と思います。

| | コメント (0)

新大久保で遊びました。

みかさんが上京されました。
みかさんとは、亡くなったmiraiつながりでお知り合いになれたご縁です。

朝、羽田に着かれて、夕方はご用事がある、ということなので、短い時間でしたが、ゆみちゃんも誘って、新大久保で遊びました。

新大久保は、蒲田以上にディープだ~~~!!

前にも書きましたが、新大久保は息子が中学、高校で通った町です。
そのときは、今のような「韓流スター」のブームはなくて、普通に(?)ちょっと怪しげな、異文化の街でしたが、今はすごいね!

駅に降り立ったところから、99%中年以上のおばさんが大挙しています~~
今、息子があの駅を見たら、学校までの道を迷ってしまうくらいの変化です。

韓流スターのお店乱立、めちゃ混みです。

ゆみちゃんがお友達に頼まれていたり、みかさん、私の叔母がファンだったりで、そういうグッズのお店に行きました。

私は、金曜日の「ぴったんこ かんかん」を見てやっと、イ・ビョンホンと、チャン・ドンゴンの区別がついたくらいの韓流音痴です。

先日、パク・ヨンハさんが自殺されて、日本から200人ものファンが駆けつけ、見送られましたが、すごいね・・・
手にお数珠を巻いて、霊柩車を追いかけて、泣き叫んでいるおばちゃんたちを見ていると、不況だ、政治不信だと言われていても、日本はまだまだ安泰だな~と思います。

今の日本人男子には、失われた、クリーンさ、誠実さ、本当の意味の優しさ・・・これに、日本女子、惹かれるんだろうな~~

しっかし、ものすごい数のスターがいるんだね。

私は、ミュージカル「エリザベート」で拝見したパク・トンハさんが好きなのだけど、彼に注目が集まらないのはどうしてだろう・・・

グッズ屋の店員さんに聞いても「知らない」と言われたし(爆)

なぜか、妙に、新大久保に詳しいゆみちゃんに導かれて、ランチです。
サムギョップル、チャプチェ、トッポギを食べつつ、昼ビール!!
このお店もほとんど100%、おばさんでいっぱいでした。

美味い!!!
お鍋の加減で油が落ちてカリカリした豚バラ肉は最高です。

その後は、職安通りのお店でお買い物です。

以前マイミクのリンコさんに連れて行ってもらったお店(眉毛柴犬が看板)の前に、パクさんの献花台がありました。

自殺は決して肯定されることではないけれど、どうしようもなくなったとき、衝動的に死んでしまいたい、という行動を起こす・・その気持ちはわかります。

私もいろいろあったとき、自暴自棄になって、救急車に乗せられたこともあったし・・・ね。

韓国スーパー、なすが大ざるいっぱいで100円だって!!
(もちろん、なす、買いです)
サムギョップルのお鍋も欲しかったけど、重いし^^;;
今度は車で行って、いろいろ買いたいです。

美味しいものを食べて、沢山おしゃべりして、とても楽しい一日でした。


ゆみちゃんと私とmiraiは病気つながりで知り合って、それが遠くに住んでいるみかさんと繋がって。

本当にネットの世界は面白いです!

〆は、ギャンブルの神様「皆中神社」
老犬つばくろちゃん、いたね!

眉毛柴犬とつばくろちゃんを見られて、とても嬉しかったです!

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »