« 風邪をひきました。 | トップページ | またひとつ歳をとりました。 »

ご心配いただいてどうもありがとうございました。

風邪のことでは、ご心配いただき、どうもありがとうございました。

日曜日、月曜日は、薬を飲むと熱が下がるけれど、ヤクが切れると、39度近くまで上昇する繰り返しでした。
お医者さんは休みだし、ひたすら薬を飲んでは寝ていました。
人間、こんなに眠れるもんなんだ~~と驚くくらい!!
おかげさまで、昨晩から、熱が出なくなり、今朝は36度台になったのですが、念のため、もう一度インフルエンザの検査をしていただきました。

結果、またまた陰性で、完全にインフルエンザの疑いが晴れました~~!!

さすがに昨日は体がきつかったのと、もし、インフルエンザだった場合、ご利用者に移してはいけないと思い、ヘルパーのお仕事は休ませていただきましたが、おかげさまで、今日の公文より、復活します。

ところで、今朝の医院。
幼稚園の制服を着て、ママと来ていた園児さん。
診察室から出てきながら、ママ「困ったわ、困ったわ、あんた、ママと一緒に来る?」

子供、ちょっとぐずる・・
ぐずってる子を待合室において
「ちょっと電話してくるから」

数分後
「さ、幼稚園に行きましょう。今日は絶対になにがあってもマスクをはずしちゃ駄目よ!!」
「だって、先生、幼稚園お休みしなさいって言ったよ」
「良いの!!ママ、お仕事休めないんだから」
子供、泣きべそ・・・

何があってもマスクをはずしちゃ駄目と言われたって、お弁当だって食べるだろうに・・・

お母さんの立場はわからないじゃないけれど、その子が、たとえば怪我をしたとか、おなかを壊したのなら、無理やり登園させても、本人がつらいだけで済むけれど、明らかに風邪(もしくはインフルエンザ)なのに、登園はまずいんじゃないかなあ。

周りに迷惑をかけることは良くないと思うよ、どんなに仕事が大切でも。

とはいっても、こういう場合、子供を預けられる場所がないのも大きな社会問題だと思います。

「子供手当て」のばらまきなどしないで、その予算を使って、病気のときでも子供を安心して預けられるところとか、保育園を充実させていくことが必要なのではと感じました。
(子供手当てを正しく子供のためだけに使う親がどれほどいるか、とても懐疑的な私です。)

昔は、若い子のお父さんは若い=収入が少ない=経済的に苦しいという方式がなりたったけど、今は全然違うじゃないですか?
中年の、お父さんの身に降りかかるリストラ、減収の嵐。
中年のお父さんの子供こそが一番お金がかかる世代なんですよ。

また、私の時代は、母親は家にいて子供のことをするのが仕事と思われていたけれど、今、若い奥さんがのうのうと専業主婦をやっていられる家庭ばかりではないでしょう。

って、風邪ひいた病院で社会問題を考えて、またまた熱が出そうになったのでした。

|

« 風邪をひきました。 | トップページ | またひとつ歳をとりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183476/32343156

この記事へのトラックバック一覧です: ご心配いただいてどうもありがとうございました。:

« 風邪をひきました。 | トップページ | またひとつ歳をとりました。 »