« THIS IS IT | トップページ | バザーと息子の事故です(涙) »

「アイーダ」観劇と、シンガポール料理大食いのハロウィンでした。

大阪の、四季観劇お仲間、バビルママさんが「アイーダ」観劇のため上京されました。

バビルママさんは、飯野おさみさんの大ファンでいらして、東京の演目に、飯野さんが出演されると、遠征観劇されます。

そのとき、私もお誘いいただいて、何度かご一緒しました。

今日も、前回の「ウィキッド」のとき同様、朝の飛行機で来られるバビルママさんと築地でおすしを食べ(朝ビール飲んで!)、お買い物をして、「四季劇場 海」に出かけました。
朝早くから遊べて、食べられて、一時開演の演目を見るには、築地は非常に都合が良いところです。

「アイーダ」は、5年前になるでしょうか?初演の大阪公演を観にいったことがありました。
とても素晴らしい演目なのですが、なかなか東京に来てくれず、待ちに待った観劇でした。

アイーダは、オリジナルキャスト、濱田めぐみさんです。
今の四季では、濱田さんは確実に実力ナンバーワンなのではないでしょうか?
「ウィキッド」も良かったけれど、アイーダは、まさに、濱田さんのためにあるお役という気がします。

そして、ゾーザーは、飯野さん。
大阪では飯野ゾーザーを見逃してしまいました。

バビルママさんに「絶対に飯野ゾーザーを見てほしい、素晴らしいから!」と刷り込まれての、ゾーザーは、すごかった!!!
ゾーザーという奴、めっちゃ悪い奴です、嫌な奴です。

でも、飯野さんのかっこいいこと!!
バックにゾーザーダンサーズがいるのだけど、飯野さん、一番目立っていたよ!!

昨日の「THIS IS IT」のとき、息子ほど歳の違うダンサーの中に入っても、マイケルが一番かっこよかったのと同じです。

友石竜也さんが、「幻のラダメス」と言われた、今日のラダメスは、金田 俊秀さんです。
この方、初見。
韓国の方だそうで、四季は、韓国や中国の役者さんがとても多く活躍されているのですが、なぜか、日本の名前にしちゃうんです。

いつのまにか、趙さんが、西門さんになっていたり、王飛さんが、日田さんになっていたり・・・
私のようにブランクのある観客は、大変戸惑ってしまいます。
「西門マンカスが・・・」といわれても「え、誰、そんな人知らないよ」という感じで・・・趙マンカスなら、何度も拝見しているのに(汗)

どうして、こんな植民地統治時代の日本の政策のようなことをするのか、全く持って不思議でなりません。

なので、金田さんが、以前、どういうお名前で出演されていたのか、あるいは、日本の名前をつけるのが決まりになってから、デビューされたのかわかりません。

ものすごくかっこいいかたでした!!
最初の博物館でのシーンから
「この人、めっちゃ男前やん!!」
(観劇後ロビーで「沢村一輝そっくり~~」という声が聞こえましたが、沢村さんより数倍男前だと思うよ。)

歌も最高でした。
せりふになると、若干棒読みが気になるところはありましたが、ラダメスというお役、やたらと愛を語る、くどき文句があるわけで、日本人の俳優さんでも大変なのではないかな。

金田さんって、最近の「ジーザスクライストスーパースター」で、ジーザスを演じられたのだそうですね。

私にとってジーザス=柳瀬さんだったので、柳瀬さんが(も)退団されていたことにショック!!

どれだけ、素晴らしい俳優、女優を四季は失ったのか・・・
またまた愕然とする思いです。

で、金田さんに話を戻しますと、いかにもジーザスらしかった(意味不明)柳瀬さんに比べ、ルックス的に、かなり濃いジーザスだったのではないかと思います。
ジーザスは全て、歌ばかりなので、金田さんの魅力が十分発揮されていたことでしょう。
次回があったら、観てみたいな。

また、「ライオンキング」のムファサも演じておられたのですね。
イメージ的には、これまためっちゃ男前の「新木ムファサ」に重なるかも。

私は、5月のライブ以来、友石さんのラダメスにかける思いが、ずっと胸の中にありました。
なので、ずっと友石さんを金田さんに重ねて見てしまいました。

このシーン、友石さんだったらどんな風に演じられるかな?
このせりふ、友石さんだったらどんな感じかな?と。

ラダメスって、結構エロいところがあったりするので、さわやか熱血青年の友石さんが、どんな風に演じられたか・・・今となっては本当に「幻のラダメス」ですが、やっぱり観たかった・・・

最近は四季を観る事が激減しました。
四季の会の会報すら、封を開けることなくゴミ箱行きということもしばしば。

私自身が忙しくなったこともあるけれど、素晴らしかった方々がこぞって退団され、その方々が違う舞台で活躍するのを見ることが増えたから。

今の四季に魅力を感じる演目や役者さんがなくなったから。

でも、金田さんを拝見して、新しい四季の役者層が育っているなあと感じました。

やっぱり、大きな舞台は魅力も迫力もあります。

四季観劇、母も大好きだったし、久しぶりに母を誘って「アイーダ」に行こうかな。

観劇の後は、もちろん飲み&イートです。

今宵は、汐サイトにある「海南鶏飯」
三崎町、恵比寿ガーデンプレイスにあるお店です。

バビルママさんはチキンが苦手というのに、このお店を予約してしまった私・・・ごめんなさい!!
「オイスターオムレツ」「ペーパーチキン」「フライドホッケンミー」「バタープロウン」「チキンライス(フライドのほう)」「青菜のガーリック炒め」。
やっぱり、ここは美味しいよ!!

なんだか訳のわからなかった、パシフィックホテルの「シンガポール シーフードなんやら」と違い、本当に現地で食べたものが出されて私は大満足でした。

バビルママさんも、フライドのチキンは「全然癖がないね」と召し上がってくれて、ちょっと安心でした。

お店を予約する際、シンガポールに住んでいましたというと、プレゼントがあります。
何かなあ~~と楽しみに行くと「グリーンチリ」でした。
これ、大好き!!
「唐辛子の酢漬け」なのだけど、日本では、美味しいのが手に入りません。

シンガポールでお店に行くと、まず、グリーンチリとピーナッツがテーブルに出されます。
グリーンチリはお料理にかけても美味しいのですが、このまま食べるのがまた美味しい!!
「グリーンチリを素で食べられるのが、シンガポール滞在の洗礼」なんて、訳のわからないことを言われたっけ、当時。

バビルママさんはビール、私は赤ワインをがんがん飲んで、沢山食べて、とても幸せでした。

さて、私のダイエットはどうなることでしょう・・・

ただでさえきついパンツ・・・
もし、トイレに行ったら、絶対にファスナーが閉まらないと、家までトイレを我慢しました(そこまで食べるな!!)

今日(もう昨日になっちまった)はハロウィン。
帰りの山手線で、見事に扮装した外人さん4人と遭遇しました。

私は例のハロウィンピアスをしていたのですが
「それ、グーね!!超可愛い~~」と言って頂きました。
降りるとき「ハッピーハロウィン!」と。

本当に最高のハロウィンでした。

|

« THIS IS IT | トップページ | バザーと息子の事故です(涙) »

コメント

バビルママさま

本当に楽しい一日をどうもありがとうございました!
お寿司もシンガポール料理もお酒も美味しかったですね!!
チキン、あまりお好きでないのは知っていたのに、「海南鶏飯」なんて、そのものずばりのお店にお誘いして申し訳ないなあと思っていたのですが、沢山召し上がっていただけてうれしいです。

「アイーダ」、良かったです!!
私としては、幻の友石ラダメスにどうしても思いがいってしまいまが、金田ラダメス、とっても素敵でした。

飯野ゾーザーは、もぉ、かっこよすぎ!!
あの、切れの良いダンスは今思い出しても興奮します。

是非このメンバーでまた観劇したいです。

アンサンブルは、特に意識はしてなかったのですが、ピアスの色がかなりはっきりしているので、着る洋服の色を選んでしまいます。
今、太って、着られる服の選択肢が少なくて(汗)
・・・

投稿: スーさん | 2009年11月 2日 (月) 06時39分

スーさん、昨日は、楽しい一日をありがとう!

飯野ゾーザーのかっこ良いこと!年月を経て、鋭さに磨きがかかり、その所作も切れが良い。もう、惚れぼれ(どんだけ惚れるんや!)
ぜひ、今のキャストのうちにお母さんを誘って、又観劇してくださいね。

築地でのお寿司は、やはり美味しかったです。終演後のシンガポール料理、鶏もあまり気にならず、たくさん頂き、たくさん飲み、本当にお腹一杯になりました。美味しかったぁ~~。

新幹線に乗り込む時に、350のビールを1缶購入(まだ飲むのかっ!)。半分も飲まないうちに爆睡。新大阪で降りても地下鉄に乗るまでの道のりは、眠りながら歩いてました(笑)

いやあ、楽しかったです。

スーさんの、アンサンブルの上着は、ひょっとしてハロウィンに合わせて??ピアスも帰りの電車まで気付かず、すみません(汗)
何せ、日本の祭りしかしらないもので・・・。

投稿: バビルママ | 2009年11月 1日 (日) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183476/32019773

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイーダ」観劇と、シンガポール料理大食いのハロウィンでした。:

« THIS IS IT | トップページ | バザーと息子の事故です(涙) »