« 最近のつれづれです。 | トップページ | マイケル・ジャクソン遺品展に行きました。 »

市橋容疑者逮捕です

2007年に市川市でイギリス人女性を殺害、遺体を遺棄したとして、指名手配を受けていた、市橋容疑者が逮捕されました。

どういう事情があったにせよ、一人の人を殺し、遺体を隠し、2年半もの間逃げ回っていた罪の重さは計り知れず、ひとつの大きな事件の解決は本当に良かったと思います。

昨日かな?お母様の肉声での語りかけが報道されました。

いつも思うのだけど、いろいろな事件(それも成人した)の際、どうして親を表に出すんだろうね。

江戸時代の連座制じゃないんだから。

余程幼い少年の事件であれば、もしかしたら、親の育て方に問題があったのかもしれない・・・

でも、そうであっても、子供を悪くしようと育てる親は居ないのです。
(昨今平気で子供を虐待して殺してしまう親が後を絶たないのでこの辺は???なのかもしれないけれど)

教育熱心であれば「親が期待をかけて子供をつぶした」
放任であれば「親の無関心がこういう子を育てた」と。

優しくしていれば「甘やかしすぎた」
厳しくしていれば「親の厳しさに反発するように事件を犯した」

二律背反することでさえ、まことしやかに議論をすりかえられる。
世間は「私はああいう親じゃなかったから、子供が良く育った。良かった、めでたし!」
という安心感を得たいのかな。

私は、息子の育て方に失敗した一人です。
もちろん、犯罪を犯したり、人を傷つけたりということではありません。
私が良かれと思っていたことが彼を苦しめていたり、それをわかってあげられず、ますます彼を追い詰めたり。

私にとっても息子にとっても、地獄のような数年がありました。

今、彼はとても落ち着いて、青春を謳歌しています。

でも、過去のことで私が、どれほど自分を責めていることか・・・
時計を元に戻せればと何度思ったことか。

今、息子と私は良い関係にあると思います。
でも、その当時のトラウマは決して消えることはないのです。

すっかり成人して、同居もしていない子供の事件に、いまさらさらし者のように親がマスコミのカメラの前に出て、何を言えば、みんなが納得するのだろうか。

もしかしたら、お母様ご自身の希望で、放送されたことなのかもしれませんが、市橋容疑者のお母様のお話
「(息子がやったことは許されない、死刑になっても仕方がないという前置きのあと)、仕事をまじめにしていたと聞いて、達也らしいと思いました。(被害者のご両親には申し訳ないけれど)生きていてくれた!と思いました」

私はこのお母さんの言葉に涙が出そうでした。

息子が犯した罪が絶対に許されないことはお母さんも理解しています。
それでも、息子が行方不明だった2年半、彼女は息子が死んでいるのではという不安が凄くあったのでしょう。

そして、さっきテレビに映ったご両親のお顔。
お父様、整形前の市橋容疑者にそっくりではないですか!!
とっても整った良いお顔。
お父様からもらった、この良いお顔を捨て、新しい偽者の顔になって。
彼はどこに行こうとしていたのでしょうか。

親って悲しい。

|

« 最近のつれづれです。 | トップページ | マイケル・ジャクソン遺品展に行きました。 »

コメント

容疑者、似てましたね!
とても良いお顔なのに。

クリストファーは私より私の母に似ています(笑)

投稿: スーさん | 2009年11月14日 (土) 07時09分

私もびっくりするほど親父さんと容疑者が瓜二つでしたね~。私の中では、子は「異性」の親に似るというのがあったので・・・。

クリストファーはシャーではなく、「すーさん似」なんでしょうか?

投稿: クカバラ | 2009年11月13日 (金) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183476/32165671

この記事へのトラックバック一覧です: 市橋容疑者逮捕です:

« 最近のつれづれです。 | トップページ | マイケル・ジャクソン遺品展に行きました。 »