« クーの検査結果とバザーの準備です。 | トップページ | 「アイーダ」観劇と、シンガポール料理大食いのハロウィンでした。 »

THIS IS IT

公文がお休みだった今日、ご近所友達のかーすけさんと、
「THIS IS IT」を見に行きました。

これは「2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー」です。

「 2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直前まで繰り返されていた。(シネマトゥデイより)」

まず、バックダンサーたちのインタビューから始まります。
どれほど、マイケルにあこがれていたか、マイケルと同じ舞台に立てることが一生の夢だったか・・・を語る、オーディションを受けるために世界中から集まってきたダンサーたち・・・

オーディションのとき「君たちはマイケルの一部になるんだ」と言われた、息子くらい若い年代のダンサーとマイケル。
ダンスが素晴らしかった!!

そして、このコンサートにかけるマイケルの思い。
「観客を喜ばせる、未知の世界に連れて行く」という、彼の熱意がものすごく伝わってきました。

音楽に対する勘というかこだわりのすごさ。
ちょっとしたキーの違いも見逃さず、「キューは自分が出す、見ていなくても分かる」と。

なにより驚いたのが、マイケルの素の姿でした。
プライベートでは、とかく奇行とかスキャンダルばかりが先行していたマイケル。
これほど、優しくて、周りに気を使い、いっぱい愛して、いっぱい愛されていたとは。

彼と同じ舞台に立った、ミュージシャンが、ダンサーが、スタッフがどれほど彼を愛し、また、マイケルがどれほど彼らを愛していたか・・・

超超ビッグなマイケルが、製作現場で、傲慢だったり、高飛車だったりという態度を一切しません。
スタッフに注文を出すときも、いつも丁寧。
そして、ニコニコして、ユーモアがあって。
ちょっと、諍いになりそうになっても
「これは怒りじゃないんだよ。愛なんだ」と軽く明るくかわします。

ギターの女の子に
「ここが君の見せ場なんだ!!」と何度も優しく指導します。
そして「一緒にいるから」とさりげなく力づける・・・

私はマイケルのファンですが、「マイケルは人間じゃないのだから、どんなスキャンダルがあってもOK」と思っていました。
でも、それは間違いでした。
彼は「人間」それも繊細で傷つきやすく、それだから全てを受け入れて愛することが出来る・・・
「THRILLER」「BEAT IT」「BLACK OR WHITE」「BILLIE JEAN」「I JUST CAN’T STOP LOVING YOU」

どの曲も大好きです!(車の中で良く聞いています)

それを聞けるだけでも最高の映画(ライブ)です。

演出もすごい!!

私は1996年のシンガポールでのコンサートに行きました。
野外だったし、今ほどの技術がなかった当時。
それでも、本当に素晴らしかった。

リハーサルでこれだったら、もし、本当にロンドン公演がなされていたら、世界の音楽の歴史に残る素晴らしいコンサートになっていたでしょう。

彼は「HEAL THE WORLD」でも知られているように、非常に世界の現状、悲劇に大変関心を持ち、それに対して立ち上がらなければいけないと活動していました。

ロンドンのコンサートでも、これが大きなテーマとして扱われる予定でした。
(ちょっとうろ覚えなのですが「四年後には温暖化を失くすんだ」というせりふがあったような)

ラスト、ロンドン公演の成功を信じ、祈ってスタッフと一緒に円陣を組むマイケル。

四年後の夢を実現することを誓った、その数日後に死が訪れるなど、全く予期もしていない、彼の笑顔が悲しかったです。

エンドロールではマイケルの歌を何曲も聞くことが出来ます。
そして、最後にあのつま立ち。
(エンドロールが始まっても絶対に席を立たないでくださいね!)

マイケルの前にマイケルなし。
マイケルの後にマイケルなし。

そう思います。

彼と同じ時代に生きることが出来た幸せを、今、感じています。

|

« クーの検査結果とバザーの準備です。 | トップページ | 「アイーダ」観劇と、シンガポール料理大食いのハロウィンでした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183476/32004994

この記事へのトラックバック一覧です: THIS IS IT:

« クーの検査結果とバザーの準備です。 | トップページ | 「アイーダ」観劇と、シンガポール料理大食いのハロウィンでした。 »