« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

THIS IS IT

公文がお休みだった今日、ご近所友達のかーすけさんと、
「THIS IS IT」を見に行きました。

これは「2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー」です。

「 2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直前まで繰り返されていた。(シネマトゥデイより)」

まず、バックダンサーたちのインタビューから始まります。
どれほど、マイケルにあこがれていたか、マイケルと同じ舞台に立てることが一生の夢だったか・・・を語る、オーディションを受けるために世界中から集まってきたダンサーたち・・・

オーディションのとき「君たちはマイケルの一部になるんだ」と言われた、息子くらい若い年代のダンサーとマイケル。
ダンスが素晴らしかった!!

そして、このコンサートにかけるマイケルの思い。
「観客を喜ばせる、未知の世界に連れて行く」という、彼の熱意がものすごく伝わってきました。

音楽に対する勘というかこだわりのすごさ。
ちょっとしたキーの違いも見逃さず、「キューは自分が出す、見ていなくても分かる」と。

なにより驚いたのが、マイケルの素の姿でした。
プライベートでは、とかく奇行とかスキャンダルばかりが先行していたマイケル。
これほど、優しくて、周りに気を使い、いっぱい愛して、いっぱい愛されていたとは。

彼と同じ舞台に立った、ミュージシャンが、ダンサーが、スタッフがどれほど彼を愛し、また、マイケルがどれほど彼らを愛していたか・・・

超超ビッグなマイケルが、製作現場で、傲慢だったり、高飛車だったりという態度を一切しません。
スタッフに注文を出すときも、いつも丁寧。
そして、ニコニコして、ユーモアがあって。
ちょっと、諍いになりそうになっても
「これは怒りじゃないんだよ。愛なんだ」と軽く明るくかわします。

ギターの女の子に
「ここが君の見せ場なんだ!!」と何度も優しく指導します。
そして「一緒にいるから」とさりげなく力づける・・・

私はマイケルのファンですが、「マイケルは人間じゃないのだから、どんなスキャンダルがあってもOK」と思っていました。
でも、それは間違いでした。
彼は「人間」それも繊細で傷つきやすく、それだから全てを受け入れて愛することが出来る・・・
「THRILLER」「BEAT IT」「BLACK OR WHITE」「BILLIE JEAN」「I JUST CAN’T STOP LOVING YOU」

どの曲も大好きです!(車の中で良く聞いています)

それを聞けるだけでも最高の映画(ライブ)です。

演出もすごい!!

私は1996年のシンガポールでのコンサートに行きました。
野外だったし、今ほどの技術がなかった当時。
それでも、本当に素晴らしかった。

リハーサルでこれだったら、もし、本当にロンドン公演がなされていたら、世界の音楽の歴史に残る素晴らしいコンサートになっていたでしょう。

彼は「HEAL THE WORLD」でも知られているように、非常に世界の現状、悲劇に大変関心を持ち、それに対して立ち上がらなければいけないと活動していました。

ロンドンのコンサートでも、これが大きなテーマとして扱われる予定でした。
(ちょっとうろ覚えなのですが「四年後には温暖化を失くすんだ」というせりふがあったような)

ラスト、ロンドン公演の成功を信じ、祈ってスタッフと一緒に円陣を組むマイケル。

四年後の夢を実現することを誓った、その数日後に死が訪れるなど、全く予期もしていない、彼の笑顔が悲しかったです。

エンドロールではマイケルの歌を何曲も聞くことが出来ます。
そして、最後にあのつま立ち。
(エンドロールが始まっても絶対に席を立たないでくださいね!)

マイケルの前にマイケルなし。
マイケルの後にマイケルなし。

そう思います。

彼と同じ時代に生きることが出来た幸せを、今、感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーの検査結果とバザーの準備です。

半年くらい前、クーの心臓に雑音が認められ、血液検査、エコーや心電図の結果「僧坊弁閉鎖不全」と診断されました。

この病気は、小型犬には3割くらい起こる、進行性、完治することのない病気です。

症状は、せき、荒い呼吸、呼吸困難などです。

病気を治すことは出来ないけれど、症状を緩和する薬があります。
これは飲み始めたら、一生欠かさず飲まさなければいけません。

ただ、早くから薬を飲めば、病気の進行を早く抑えられるというエビデンスはありません。

お母しゃんとして、クーが苦しむのを見るのは、自分の数倍の苦痛です。

獣医さんのセカンドオピニオンもとって、私が決めたのは
「もうしばらく、クーの心臓を信じて、薬はまだやめておこう」ということでした。

マイも毎日薬を飲んでいるので、ワンコに薬を毎日飲ませる作業は、私にとって苦ではありません。

でも、なんだか・・・上手く言えないけれど、薬を飲ませることで、クーの心臓病を認めてしまうことが、怖くて悲しかったのかもしれません。

その代わり、半年に一度「心不全マーカー」という血液検査をしていただくことにしました。

先日、していただいた血液検査の結果を聞きに、今日電話をしました。
前回は、基準値が350までのところ、362とわずかに超えていました。

で、今回聞いた結果は。
検査の基準が変わったそうです。
量りかたの単位が変わったのかわかりませんが、現在では900までが基準値、クーは700.
完全に基準値以内です。

クーに症状は現れていないし、この数字なら、今のところ全く心配することはない、と言われました。

良かった・・・
病気であることは、雑音や、エコーでの弁の肥厚が認められている以上、覚悟はしなければいけないけれど、少しでも今のままでいられて、そして、問題があったら薬を開始して、クーの天寿を全うして欲しいと思います。

午後は、バザーの値段付けです。
しかし、このあたり、高齢の教会員さんと、若手(一応教会では若手だし^^;;)のセンスの違いがあって、ごたごたすることもあるのですが、無事、お値段が付きました。

私の所属する、日本基督教団長原教会では、11月3日にバザーが催されます。
この教会は「音楽」が売り物(とは言わんだろう)
ピアノ、パイプオルガンなどのミニコンサートが行われます。

住宅地の中にある小さな教会です。

www008.upp.so-net.ne.jp/nagahara-ch/gaiyou.html

私、たぶんレジか、雑貨売り場でうろうろしていると思います。

ぜひ、遊びにいらしてください。

今夜の「不毛地帯」面白かったです。
来週はぎばちゃんが???
絶対に目を離せない番組です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラマンとか怪獣たちとか、です。

屋根裏を片付けていて、いろいろなものを見つけました。

全然着ていなかった洋服、袋に入ったままのパジャマ、息子の高校の卒業証書(息子の高校卒業は、私にとってしょっぱい思い出がありすぎるので、ここに封印したのかもしれません)、古いゲームソフト・・・
それに加えこんなものもの。

211028_003

ウルトラマンシリーズに出てくる怪獣の群れです。

教会のバザーで、子供コーナー、ひとつ10円で出したらよいなと思っていたのですが、ふと思い出したことがあります。

これは、5年位前に、我が家で、動物愛護団体のチャリティー、ガレージセールをしたときに、3こ100円で売りに出しました。

お手伝いに来てくれた、マイクーのトリマーさん、ヤヨイちゃんが
「スーさん!これ、こんな値段で出しちゃだめですよ~~
マニアだと、かなり高いお金で買っていきますよ」と言われて
あわてて、引っ込めたのでした。

そういえば、ヤヨイちゃんが来る前に、中年の男性が二人で現れて、あれこれ物色しながら「かねごん」を選んで
「これひとつ100円でいただきます」と帰って行きました。

もしかしたら、かねごん、もっと高く売れたのでは!!

目利き(ほんとか??)が、残していったので、他は「かねごん」ほどの価値はないのかもしれませんが、ヤヨイちゃんが、こういう人形を買い取るお店か、オークションを探してくれるって!

神様への献金より、わが身の利益を優先してしまう私をどうぞお許しください(教会にも、売れそうな品々、献品したし^^;;ぶつぶつ)

211028_004

これはどうなのかな、ウルトラマン一族です。

もし、これをご覧になって欲しい!!と思われるものがおありでしたら、ご連絡ください。
お値段、ご相談に乗りまっせ!!

211028_001

今日の晩御飯です。餃子。たまねぎがんも。大根と牛筋、こんにゃくの煮物。ヤーコンとギバサのお酢の物。
餃子はお肉が少ししかなかったので、嵩増しに、この間韓国料理屋さんで食べた餃子をまねして、春雨を入れました。
これ、食感がよくて気に入ったよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お片づけとドラマ考です。

この週末は、お片づけ、お片づけ。

我が家にはロフトというと完全に名前負けな、天井裏収納があります。

普段着ない洋服、クリスマスのグッズなどの季節の飾り物、サムソナイト(私が使っていたころは、ハードケースばかりだった)などのかばん類、シャドーボックス、デコパージュや、パッチワークなどの手芸材料(シンガポールで仕入れたもの、古くはロンドン時代の布などもあるぞ~~)、息子が小さいころ使ったレゴ、など、詰め込んであり、利用するのははしごをあがって、手が届く範囲・・・
後は、完全にブラックホールと化しております。

奥が深いので、中腰で奥まで行くのも結構つらいし、暑い時期は、温度がものすごく上がって、そこにいるだけで、熱中症になるくらいだし・・・我が家一「見なかったことにしよう」と封印されていた場所なのですが、家の中のあまりのものの過剰さに、夫が
「ロフトを片付けたら、もっと家がすっきりするはず」と、ブラックホールにメスを入れることになりました。

まず、土曜日は私の洋服の整理。
いや~~、こんな服あったんだね~~
と、驚きの世界です。
シンガポールにいたころから、私はチャイナドレスが大好きで、仕立ててもらったり、買ったり、沢山あります。

ご存知の通り、チャイナというのは、とにかく体のラインピッチピチに仕立てます。
寸分の余裕もありません。

最近は、おしゃれをして出かけることがほとんどなく(涙)、ワンピース、チャイナなど、頭の隅にもありませんでした。

あと、バーバリー、アクアスキュータムのトレンチコート、ダッフルコートの類。
いまどき、こんなカチッとした、肩章がついたトレンチ、着てる人いないよね・・・
ダッフルだって、今の私が着たら、あまりにもぶりっ子(死語)だし。

そして、大量のワンピース、チャイナ、完全にサイズアウトだし(爆)

「でも、また痩せて着られるようになるかもしれない」というと
「そういう現実性のない、希望的観測は一切捨てること!!」と、夫に厳しく言われました。

新品は教会のバザーに持って行きました。
中古衣料で、まだまだ綺麗なものは、週明けに、近くのリサイクル洋服店に持って行く予定です。

日曜日は夫のものの整理。
こちらは数が少ないので、はけなくなったズボンなどを燃えるごみ袋に入れて終了。

まだまだ、かばん類、布類など、ごちゃごちゃが沢山ありますが、とりあえず、半分くらいは整理が付きました。

思い出のあるものを捨てるのは忍びないけれど、ここは心を鬼にして!

10月から始まったドラマも回を重ねるようになりました。

「チャレンジド」
佐々木蔵之介さんは、やっぱり素敵です!!
「医龍」「ハンチョー」のかっこよさとは違う、なんとも愛らしい、可愛らしい蔵之介さんに、毎回めろめろ(これも死語)になっています。

しかし、ストーリーがなあ・・・

とても前向きで、明るくて、素敵なお話なのですが、見ていてかなり無理がある。

同僚教師たちの最初のころのやりすぎな冷たすぎる対応(現実、ありえないだろうし、もし本当なら、こんな先生たちに子供を預けたくないよ)
副担任との、確執が、あっという間に解決。
だいたい、川に入って答案を探すのは、あんたでしょう!!と突っ込みたくなった。
そして、この副担任、一晩で点字をマスターして、試験問題を作るって!!
学生時代友達が点訳のボランティアをしていたけど、完全に打てるようになるまで半年くらいかかると言っていたし・・・
ありえないことがありすぎ!

父親のDVに悩む生徒の回だって、読売新聞のテレビ欄の「試写室」にさえ、
「父親がすぐに改心するのに違和感を覚え、現実はそんなに
簡単なものかと思ってしまった。着眼点はいいが、もう少し丁寧さが欲しい。 」
と書かれていたし・・・

でも・・・そうは言っても、蔵之介さんの演技は最高です!!
だから、やっぱり見てしまいます。

「不毛地帯」
二回目、録画を見ました。
これは、骨太なドラマだな。
娯楽番組というより、かなり重いお話なので、緊張して見てしまうけれど、すごいと思うよ。
半年続くそうなので、どこまで続けて見られるかわかりませんが、テレビの前にきちっと座って見たくなるドラマです。

「ギネ」
二回目見たけれど、紀香が、ますます嫌味な女で、完全パスだな、次回からはもう見たくありません。

「仁」
初回よりどんどん印象、良くなってます。
大沢たかおさんが、現実の自分と、幕末にスリップしてしまった自分に戸惑いながらも、医者としての使命を果たす。
これこそ、ありえないストーリーなのに、「チャレンジド」より
「ありえる」話だと感じてしまうのは何故だろう??

昨晩は両親を食事に呼ぶ予定で、タラちりを予定していたのだけど、急に父が「体調が悪いからキャンセル」・・・
息子もいないし、夫と二人(夫はタラ、あまり好きじゃない)で、タラではなく、他の用途に買っていた豚肉を使い常夜なべです。
東京Xの豚肉はこうやって使ってもあくが出なくてとても美味しいです。

211025_002
常夜なべ。ヤーコンのキンピラ。マグロとトマトの漬け。

急に寒くなったせいか

うちのお姫様
211025_003
「お散歩嫌だ~~」と抵抗しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コストコと絶品タイ料理です。

今日(昨日)は、ネットお友達t-mさんの奥様、こちらもネットお友達のmamさんに、コストコ(コスコ)多摩境店に連れて行っていただきました。

4月の最初に連れて行っていただいて以来、半年ぶりのコストコです。

時間に余裕を持って出かけたら、246ががらがらで、一時間足らずでmamさんのお宅に到着!
予定より30分も早くついてご迷惑をおかけしてしまいましたが、お宅でコーヒーをご馳走になり、t-mさんともお会いできました。

t-mさんは、とても楽しい方で、沢山笑わせていただきました。
(青虫の写真のアップを楽しみにしています)

ランチでmamさんに連れて行っていただいたのは、南林間のタイ料理です。
小さな、テーブルが5席ほどの、町の定食やさん、といった風情のお店。

トムヤムクン、ヤムウンセン(春雨サラダ)、パッタイ(焼きそば)、ガバオ(鶏肉とバジルの炒め物、ご飯と目玉焼きと混ぜ混ぜします)をいただきました。

・・・・・これ、絶品!!!
どれも、最高に美味しい!!

日本風にアレンジすることなく、現地そのままの味、そしてお母さんがきちんと作った家庭的なお味です(タイの家庭に訪問したことはないのだけど^^;;)
トムヤムクンは、とても辛いなかに、海老の濃厚なお出汁とスパイスが効いていて、ものすごく美味しい。
たぶん、今まで私が日本で食べたトムヤムクンの中で一番美味しいと思うよ。

都心で、ど~~んと大きなお店を構えたって絶対に繁盛すると思います。

「おなか一杯」「もう無理!!」と言いながら、しっかり完食です。

ダイエットはどこに行ったんだ~~~(笑)

でも、昨日ジムでしっかり汗を流したし、これからコストコでいっぱい歩くし、唐辛子のカプサイシンはダイエットに良いというし・・・ぶつぶつぶつ(見苦しいいい訳だ)

でも、美味しいものを食べると、ほんとに幸せな気持ちになれますよね。

久しぶりのコストコはとっても楽しかったです!

買ったもの:5Lの液体洗濯石鹸、6Lの柔軟剤。
これがどれくらい大きいか想像してください。
すごいお得です。
でも、毎回洗濯するたびに、肩を脱臼しそうだよ。
というと、mamさんに「小さい入れ物に詰め替えて使うんですよ」と教えていただきました。
お~~~、確かにそうだ。
眼からうろこ!

乾燥ポルチーニ茸。
ダイストマトの缶詰。
はさみ6本セット。
ペーパータオル12巻(このパックの上で正座できそうな大きさです。)
WILKINSONのジンジャエール、24本、ケース買い。
鶏胸肉2キロ(ワンコのご飯に使うので、安く欲しかったのだけど、2キロで580円ってすごくない?100g29円というのは、今まで見た底値です)
刺身用の鮭、800g。
アカザ海老。
ほうれん草。
スポンジ(カラフルで可愛いのだ)
トッポギ、ヨシダグルメソース(これ、どんなものか全く不明です。mamさんにも、是非、お味を教えてねと言われました。
楽しみなような、恐ろしいような・・・)

mamさんとのおしゃべりは最高に楽しいです!!
95%が美味しいもの、お料理のお話。

もともと、私の話題は、誰とでも90%美味しいもの、お料理、ワンコなのです(なんと、話題に乏しい女よの~~~)

mamさんとのお話はさらにめちゃめちゃ盛り上がります(合い間合い間に、外国での体験とか、政治のこともお話したよ)


211022_003

今夜の晩御飯です。チーズチキンカツ(ワンこのために買った胸肉をチキンカツにしたら、ジューシーですごく美味しかったです、このお値段で、こんな美味しいチキンが買えるなんて!!)。アカザ海老のにんにく炒め+ほうれん草。キャベツ。ねぎのナムル。

211022

なぜか、こんなもんも買っちゃった~~
DSソフト、ゼルダの伝説「夢幻の砂時計」

211022_004

問題の(いえ、話題の)トッポギ、ヨシダグルメソースのたれです。


沢山歩いて、重い荷物を運んだので、力尽きて、9:30ごろバタンキューでした。

最後の力を振り絞って(爆)、「不毛地帯」はタイマー予約しましたが、這うようにベッドに行って、爆睡。
こんな時間に眼が覚めちゃいました。

美味しいものを食べて、楽しいお買い物をして、本当に楽しかったです!

どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸術祭十月大歌舞伎

月以来の歌舞伎座「歌舞伎座さよなら公演」です。

朝、はこうと思っていたパンツが、太ったため、はけず(少々のことではなく、ファスナーの左と右が遥かかなた・・・)急遽着物での観劇となりました。
着物はサイズ変化にも対応してくれて良いな!

私にとって、最高の歌舞伎観劇お仲間!!息子の予備校時代の恩師I先生ご夫妻と息子と4人での観劇は、もちろん、前回と同じ枡席です。
靴を脱いで、このお席に4人で座り、机の上に、お弁当、ビール、I先生に持ってきていただいた、冷酒を並べて、もぉ極楽気分!!
お芝居への期待感もどんどん強くなります。

舞台が今開くというときの緊張感は、四季でも歌舞伎でも、他の劇場でも同じ、観劇ファンにとって最高の瞬間です。
これから、舞台で演じられる演目への期待、こうして劇場にいられる幸せ!!

歌舞伎座夜の部は、通し狂言「義経千本桜」です。

いろいろな演目が上演される昼の部と違い、ひとつの演目が通しで演じられる通し狂言。

今回は、義経千本桜から「渡海屋」「大物浦」「吉野山」「川連法眼館」です。
兄頼朝から疎まれて、都落ちする義経主従。
それを助けると装って、実は源氏に復讐する機会を狙っている、平知盛こと、渡海屋銀平の男意地と壮絶な死に様。

銀平、知盛役の吉右衛門さんがとてもかっこよかったです!

吉野に落ち延びた愛しい義経に会いに、静御前が吉野を目指します。
忠臣、佐藤忠信と逸れてしまった静ですが、義経から形見に渡された初音の鼓を打つと、どこからともなく、忠信が現れます。

菊之助さん演じる静の美しく、可愛くはかなかったこと・・・

さて、忠信の正体とは?

「川連法眼館」(四の切)では、それが明らかになる。
早変わりあり、突然現れたり、欄干を渡ったり、動物らしい動きがとても面白い。

今までにも何度か、違う役者さんで拝見しましたが、とても好きな演目です。
今回は菊五郎さん。
小さくて可愛い狐忠信でした。

本当に素敵な演目、満喫いたしました。

さて、お席では、ビール、お弁当(歌舞伎座近辺にも有名なお弁当やさんがありますが、うちの近くの鶏肉やさん、ものみんたさんちの幕の内をお願いしてみました。)
私にとってはいつもの安心したお惣菜の数々ですが、所詮、地元のお惣菜・・・グルメでいらしっしゃるI先生ご夫妻はどうかなと思っていたら、とても気に入っていただけました。
良かった!!!

日本酒の冷酒は、とてもさわやかで飲みやすく、息子もぐいぐい飲んでいました。

あ~~~、幸せ!!というのはこういうことを言うのだな。

長い演目だったので、最後はお尻が痛くなって大変でしたが(爆)ほんとに素晴らしい演目、素敵な観劇でした。

歌舞伎好きだな!!!
「芯」でも感じたけど、日本古来の文化をもっともっと好きな人が増えれば良いな。
日本人だもの、絶対に日本の文化を嫌いになるはずがないんですよ!!

観劇後の一杯は、I先生が探してくださった、東銀座のスペインバルです。

美味しかった~~~(まだ食べるのか!!)
マッシュルームのオリーブオイル煮、すなぎもとエリンギのオリーブオイル煮、たことポテトのガルシア風、ハモンイベリコ、チーズ盛り合わせ、パエリア。
どれもめちゃめちゃ美味しかったです!!!
お酒は、サングリア(クーポンで)、シェリー、コロナビール。

もっとおなかがすいていたら、がんがん食べられたのにな。

観劇もお食事も、そしてお仲間さんも最高の一日でした。

こういう日があるから、しんどいことがあっても
「生きているって素晴らしい!」と思えるのだと思います。

また、楽しい観劇で、生きるパワーをもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

錦秋特別公演 「芯」 、林英哲さんが好きです!

6月のはじめに、新聞で見て、速攻、申し込んだチケットでした。

林英哲さん、高橋竹童さん、中村勘太郎さん、七之助さん。

和太鼓、津軽三味線、歌舞伎のコラボです。

どんな内容か全くわからなかったけど、この出演者で、どう考えたって、悪いわけがない!!!
誰と行くとも考えず、とりあえず3枚購入しました。

結局、母と叔母と行くことにしたのですが
「どんな演目?」と聞かれても、
「う~~~ん、よくわからない。けど、めちゃめちゃ良い舞台のはずだから!!!」

会場は、うちから10分でいける、大崎広小路の「ゆうぽうと」です。

1800の客席、満席だったのではないでしょうか。

4部構成で、
一:太鼓  林英哲。英哲風雲の会。
二:津軽三味線  高橋竹童。
三:歌舞伎舞踊  中村勘太郎。中村七之助
四:コラボレーション「芯」

どれもものすごく、今思い出しても鳥肌が立つくらい素晴らしかったです!!!
この感動を、語彙不足の私、語りつくせないのが歯がゆいです。

太鼓、津軽三味線初めての母と叔母も「素晴らしい!!素晴らしい!!歌舞伎と津軽三味線と太鼓がどうなるのかと思ったけど、あんなに感動的な作品になるとは!!」と大絶賛していました。

こういう作品を見ると「日本人でよかったなあ!!!」としみじみ感じます。
西洋文化の進出に伴い、日本古来の豊かな伝統文化をもちながらもそれを忘れつつある現代の日本。

最初の一歩のきっかけは、見つけにくいかもしれないけれど、絶対に知って欲しいです。
きっと「日本人の血」が騒ぐはず!!

まさに日本人としての「芯」をつくづく感じました。

前にも書いたことがありますが、林英哲さんは、私の理想の男性です。

好きな役者さんや男性は、ころころ代わってきたけれど(オイ!!)、四半世紀にわたり、ずっと私の理想の男性は英哲さんなのです。

私が初めて英哲さんを知ったとき、英哲さんは、今の「鼓童」の前身である「佐渡 鬼太鼓座」のメンバーでした。
私は当時、「鬼太鼓座」の追っかけをしていて(爆)、メンバーに会いたくて、なにより、英哲さんに会いたくて、佐渡島まで行きました。

素の英哲さんは、大太鼓を舞台でものすごい迫力で打ち鳴らす姿とは違い、物静かで、丁寧で、謙虚で、優しくて、ストイックで、なんて魅力的な人だろうと思いました。(それは、ビッグネームになられてからテレビを通じて拝見しても、いつも感じることです)

その後、彼は集団を離れられ、ソロとして活動を始められました。
海外でのご活躍も多く、テレビでは何度も拝見していたけれど、生林英哲を見たのは、そのとき以来です。

初恋の人、彼は私の理想の人だった。
その彼に再会した。
そして、久しぶりに会った彼はますます素敵になっていた・・・

そんな気持ちです、って完全におばさんの妄想!

明日も「日本人の血」を騒がせに、そして「日本人の芯」を感じに「芸術祭十月大歌舞伎」を観にいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマが始まりました、&さっぱりのマイクーです。

お楽しみのテレビがどんどん始まりました。

「相棒」
これは、今までほんの数作しか見ていなかったので、新しいバージョンというより、私にとって初めてのドラマと言えます。
面白かったです!
及川光博さん、割と好きだし、これからも楽しみです!

「ギネ産婦人科の女たち」
これはなあ・・・
紀香扮する女医さんが感じ悪すぎ、不愉快!
きっと過去かトラウマがあって、ああいう態度をとるのだろうけど、研修医を一切無視するとか、人間として失礼すぎるでしょう。
ありえないと思うよ、あんな女医さん。
楽しみというより、初回から嫌気がさしてしまいました。

「不毛地帯」
すごかった!!!
シベリア抑留の話は、劇団四季の「異国の丘」で、初めて詳しく知りました。
戦争が終わっても11年間シベリアに抑留され、酷使され、異国で死んでいった日本人が沢山いたこと、どれだけ知られているでしょうか。

関東軍がアジアでやってきた蛮行にしても、シベリアのことにしても、日本人は、自分たちのやったこと、自分たちのやられたこと、加害者であること、被害者であることを、後世に伝えることをしてこなさすぎたと思います。

ナチスのような、世界史上まれに見る汚点を持ったドイツは、それを検証し、反省し、国民に語り継いでいます。
「ナチス戦犯に時効は認めない」と、戦後かなりたってからも、ナチスの戦犯が逮捕されています。
戦犯を、平気で、靖国神社に合祀した日本とは大きく違います。

また、シンガポールでは、日本軍がどれほど残酷なことをしたか、子供たちにまで語り継いでいます。
「忘れない、だけど、許そう」と。

自国の過去をきちんと振り返り(必要以上に、被害者意識を持ったり、自虐的になる必要は全くないけれど)、国民がそれをきちんと知ってこそ初めて「誇りある国」という意識をもてるのではないかと思います。

テレビドラマで、ここまでシリアスに表現できるとは・・・
唐沢さんすごいよ!!
これからのお話も楽しみです!!

第一話を見終わって、私なりのランキングは
1、チャレンジド(これは、蔵之介さんファンにはたまらないシーン満載ですもの!)


2、不毛地帯
3、相棒
4、JIN

かな。

今日の公文の年少さん。
教材では「たまごは白い。いちごは赤い。ももは丸い」など、絵を見ながら、その様子を表すお勉強があります。
「ももは丸い、ももはおいしい」と反復したあと
「先生、ももの時期はもう終わったんだよ」
きみ!!3歳児にしては鋭いね~~

息子は言葉が遅かったので、こういう年少さんを見るととても楽しみです。


211016_003

昨日のクーです。



211016_005

今日のクーです。



211016_004

リードにハロウィンの飾りをつけてもらいました。




211016

さっぱりしたマイクーのツーショットです。

211016_006

今夜の晩御飯です。
お取り寄せのカワハギを使って。
薄作り(肝をたれにして食べたら最高でした!)。あらとお豆腐、小松菜の煮

| | コメント (2) | トラックバック (0)

瓢箪から駒?

昨日、ご利用者のお昼ご飯作りの仕事に行きました。
ここのお宅は、ご家族が、ホワイトボードに、献立、材料を書いておいてくださいます。

それを見て、作るのですが・・・

お昼の献立はサンドイッチでした。
フルーツサンド(バナナとキウィ)、卵とソーセージときゅうり、サーモンとクリームチーズ。

フルーツは刻んで、卵は焼いて、ソーセージも炒めて、きゅうりをスライスして、さて、サーモン。

材料を入れてあるところを見ると、私が想像していたスモークサーモンではなく、刺身用のサーモンのブロックが入っています。

そうか、このお宅のサーモンのサンドイッチは、生の鮭を使うんだ、そういえば、サーモンと書いてあるだけで、スモークサーモンとは書いてないし・・と納得。
パンにクリームチーズを塗って、鮭を薄く削ぎ切りにしてその上に並べ・・・でも、これじゃ、味が薄いだろうと思って、塩をぱらぱら、また、ポッカレモンがおいてあったので、それも数滴。

出来上がったので、麦茶を用意して、ご利用者をお呼びしようと冷蔵庫を空けると・・・パックに入ったスモークサーモンが!!

げげ!!

このお宅は、よく、作る材料を、冷蔵庫の横に出してくださっています。
特に、冷凍のものだと、常温にしておいてくださるので、てっきり、お刺身用のサーモン(冷凍したのを解凍中で、半解凍くらいで、薄く切りやすかった)を使うと思ったのだけど、やっぱり、最初に冷蔵庫を確認すべきだったのか!!

すぐ、ご家族に電話しました。
そしたら、その鮭は、夕食作りのヘルパーさんが、鮭の南蛮漬けを作るために解凍してあったのだそうです。

思いっきり笑ってくださって
「父は生の鮭は食べないから、あなた食べて行ってね」とおっしゃいました。

で、ご相伴したら、なんと、ものすご~~~く美味しかったのです!!
これ、ちょっと驚き!!
スモークの臭いもないし(それはそれで好きだけど)、クリームチーズのこってり感と、微妙な塩加減が最高!!
今度、サーモンとクリームチーズの和え物を作ってみようと思います。

これぞ、瓢箪から駒!!(ちょっと違うか・・・)

新しい発見が出来ましたが、大変ご迷惑おかけいたしました。
この場を借りて、再度お詫び申し上げます。



211015_001

「おかあさん、お帰りなさい」
お出迎えのマイの笑顔。
微笑みの魔術師。



211015_003

お兄ちゃんに靴下をはめられました。
「くさい!!」とも言わず、まったりしています。





211015_005

ハロウィンです。


どうしてマイだけの写真家と言うと、クーは、毛むくじゃらでダスキンモップみたいで、バッチいのです。
明日、カットに行ってきれいになるのだ!

211014

昨日の晩御飯です。
秋刀魚の塩焼き(今、最高に美味しいです)、ステーキしいたけのグリル。白菜とベーコンのスープ。キャベツと塩こぶの和え物(朝のはなまるで、辻ちゃんが紹介していました)。なすとピーマンの味噌煮。明太子奴。牛のたたきとオニオンスライス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三連休

三連休が終わります。

連休中にやったこと。 (仕事はちゃんとやったよ)

日曜日、義母をうちに呼んでお食事。
211011_001
鮭の塩焼き。湯豆腐。たらことしらたきの煎り煮。自家製塩辛(水曜日に漬けたのが、そろそろ良い頃合です)
月曜日、私の両親をうちに呼んでお食事。
2110112
火鍋。最近買った二つに分かれたお鍋で、片方は、豆板醤、花椒、にんにく、しょうがたっぷりの猛烈に辛い鍋、片方は、鶏がらスープ。野菜やお肉やお豆腐、イカをいれて、〆はラーメン。
父でさえ「これは、強烈に辛い!!」と言いました、が、私は、全然OK!!
これもひとつの味覚障害だろうか(汗)。
白いスープのほうは、ポン酢かタイスキソースで食べましたが、母が、タイスキソース、とても気に入りました。

卵と海老のチリソース(もともとエビチリの嵩増しに卵を入れていたのが、最近は卵が重要な役割になりました)。塩辛(今日で終わっちゃった)。ギバサときゅうりのお酢の物。茄子の煮物。

ドラマを見た。

土曜日「チャレンジド」
良かった!!
蔵之介さん、めっちゃめっちゃ良かった!!

「チャレンジド」は、アメリカで「障害者」の意。
神様からチャレンするという使命を与えられた、選ばれた人ということです。

人間、ものすごい試練を与えられたとき
「神は乗り越えられない試練は与えない」とか「あなただから超えられる試練を与えた」と、何度も聞かされる言葉です。
障害児をもったご両親には
「あなたたちだから、育てられると言う神様の贈り物なのです」とか。

その運命をすんなり受け入れられるかというと、なかなか難しいと思います。
多くの人は「そんな、神様にわざわざ選んでいただかなくてもよろしいから、普通でよろしいから・・・今の苦しみを取り除いていただきたい」
と思うのではないでしょうか。

でも、その運命を受け入れざるを得なくなったとき(人生パスは出来ないもの)、そういう言葉は、やはり大きいなと思います。

このドラマは、その言葉のまま。

神様に使命を与えられた一人の教師の生き様を見て、誰もが元気とか自信とか・・・そういっちゃうととてもベタなのだけど・・・をもらえる。
ほんと、そうだと思う。

そして、頑張りすぎないこと、出来ないことは「助けてください」と言えば良いと言う事・・・これも本当にそうだよね。
それが言えないから、苦しんでいる人が沢山いると思う。

もちろん、現実は、このドラマほど簡単ではないと思うけれど、みんなに元気を与えてくれる、素晴らしい作品だと思います。
ドラマの続きがとても楽しみです。

日曜日「JIN-仁」

う~~~む、それなりに面白かったけど、テンポがゆったりしすぎていて・・・
内野さんの龍馬、暑苦しかったけど素敵でした!!
これも、続きが楽しみです。

夫が変なことを言った。
二人で歩いていて、向こうから、パグを二匹連れた方とすれ違いました。

「最近のブルドックは随分小さくなったんだな」

あの、ブルドックとパグは違うし(汗)

今日、急に「近くでお祭りがあるの?あんた手伝いに行かないの?」
「どうして?」と聞くと「だって、あの人お祭りのかっこしてるじゃない?」

目の前を歩くお姉さん、上半身はとてもカラフルなシャツ、下半身は、なんというのだろう・・・股引チックな白い半ズボン(若い人のファッション知らないもので^^;;)
「あれは、秋のファッションだよ、お祭りじゃないよ」

そういえばあなたの奥さん(私ですがな)、公文にアロハシャツを着ていって
「先生、お祭りの服みたいだね。お祭り先生だ」と言われましたな。

日中の日差しはまだ強いけれど、風のさわやかな季節になりました。
金木犀の香りが秋を感じさせてくれます。

ますます、食欲が増進しそうな季節です(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいドラマが始まります。

番組入れ替えで、面白くない特別番組ばかりが続いていましたが、やっと、秋のドラマがスタートです。

楽しみなドラマが沢山!

「チャレンジド」
突然、視力を失った教師が、再び教壇に立つ物語です。
佐々木蔵之介さんが主演と言うことで、これは必見!!
ただ、盲導犬が出てくるのが、私にはちょっとウルウルかもしれません。
盲導犬を見るたびに、その健気さと、賢さに、そして自由気ままなマイクーと比べてしまい切なくなってしまうのです。

「不毛地帯」
これは、原作も面白かった!
さらに、佐々木蔵之介さんが出演と言うことで、必見です。

「JIN 仁」
幕末好きだから。

「ギネ産婦人科の女たち」
医療ドラマ好きだから。

「相棒」
今までの作品は見ていなかったけど、お昼の再放送を見て、好きになりました。

「アンタッチャブル」
なんとなく・・・かな。

「マイガール」
昨晩、第一話が放映されました。
ゆる~~い感じのドラマで、これからどうなるかわかりませんが、「嵐」ファンの私には、相葉くんの初主演ドラマと言うことで、頑張っていただきたいです。

秋の夜長が楽しみだ!

映画も「さまよう刃」「私の中のあなた」「ヴィヨンの妻」「クヒオ大佐」など、見たいものがいろいろ始まります。

台風で、すごい雨と風のあと、急にすごい日差し、だけど風はとても強かった木曜日、マイクーを獣医さんに連れて行きました。
マイの皮膚の薬を頂き、クーの「心不全マーカー」の血液検査、そしてマイクーの狂犬病の予防接種です。

以前にも書いたことがありますが、保健所からの手紙には狂犬病の接種のお知らせ
「4月○日~○日」と一週間だけ、書いてあります。
なので、この間しか接種が出来ないと思う飼い主さんが多くて、獣医さんは異常に混み合います。
この予防注射は、一年中いつ接種しても良いのです。
4月の接種期間に打ったからといって別になにもお徳はありません。
すいている時期を見て、接種するのが良いのかなと私は思います。
でも9月30日を過ぎると、笑っちゃうくらい、即、保健所から督促状?が届きますが・・・


マイは体重も良い値を保っており、状態よし。
クーの心雑音は、以前と変わらず、血液検査の結果で、判断しましょうとのことでした。
ちょっと安心。

お会計・・・マイの保険を使える分を含めて、約21.000円、チ~~~ン!
この獣医さん、近所でも安くて評判(だから、行列が出来る)のだけど、それでもこのお値段、ワンコはお金がかかりますぜ!

木曜日は、ご近所友達のかーすけさんと飲み会でした。
近所の韓国料理やさん(焼肉やさんにあらず)で、ビールの、サワーの、韓国焼酎のを飲み、レバ刺し(店長お勧め、ぷりぷりですごく美味しかった!!)、激辛ちぢみ(全面唐辛子!だけど、美味しかった~~)、キムチ餃子などなど食べながら、お話が弾みます。

お店が閉店時間になったらしく、なんとなく「出なければいけないのかな?」モードに入るまでおしゃべり。

それでもしゃべり足らず(飲み足らず)、近くのカウンターだけのスナックで飲みなおし、おしゃべり、おしゃべり。
帰宅したのは、一時近かったでしょうか。
とても楽しかったです。

楽しいテレビ、映画、芝居を見て、ワンコをかまって、美味しいお酒を飲んで美味しいものを食べて、お友達としっかりおしゃべりをして、パワーをもらって生きていきましょう!(わからん、決意表明だ)

211009
水曜日の晩御飯です。白子とたまねぎ、きのこのホイル焼き。イカゲソと大根の煮物。白子塩焼き、イカのお刺身。トン汁。ギバサ、きゅうり、たまねぎ、みょうがのお酢の物。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イカと白子のお取り寄せです。

秋になると、北海道の秋鮭が美味しくなります。
身はもちろん、生すじこ、白子も!

毎年、北海道からお取り寄せで、筋子、イカ、白子を取っています。
(もっと寒くなると、タラをお取り寄せします。タラのお刺身って初めて食べたけどとても美味しいです)

山のような海産物を目の前に、ちまちま、筋子をほぐしたり、いかを捌いたりするの、かなり好きです。

今年は、イカと白子を注文しました。

211007_001

朝どれイカ、20杯。
赤く囲んだのが携帯電話です。
この量、笑っちゃいます。

211007_002

白子、1キロ。これもはさみの大きさと比べてください。

イカと白子は、実家やご近所さんに少しおすそ分けして、今日、イカ7杯、捌きました。
肝を抜いて、ゲソと、えんぺらをはずして、皮をむいて。
身は、お刺身、塩辛用に細切りにしました。

今夜は、イカのお刺身。白子塩焼き。大根とゲソ、えんぺらの煮物。白子ときのこ、たまねぎのホイル焼き。
めちゃめちゃ美味しかったです!!

塩辛はただいま、冷蔵庫でスタンバイ中。

しかし、どう見ても、完全に居酒屋メニューです。
これに、トン汁と、ギバサ、きゅうり、スライスオニオンのお酢の物をつけたけど。
家庭のおかずとはどんなものか、だんだんわからなくなっている気がする・・・

月曜日に続き、今日もカーヴスに行きました。
ものすごく楽しいです。
汗をかくのがこんなに気持ちよいとは!!

「もうちょっとやりたいな」というところで終了するのがきっと良いのでしょうね。

台風が近づいています。
今、すごい雨です。
そんな中、夫はマイのお散歩に出かけました(爆)

被害が大きくなりませんように。

週刊誌を読んで、今思ったこと・・・
石田純一氏の東尾理子さんへのプロポーズ・・・

やだな、こんな見せ見せのありありのプライバシーの露出。
理子さん、こんな演出があったのを知っていたのだろうか。
知らない間にこんなことが仕組まれていたら、私だったらその瞬間、愛が冷めると思うよ(って、あなたには誰も聞いていません)

ま、お二人が幸せでいらっしゃるのなら、それで良い事だと思います。

211007

マイ、てっきりクッションに頭を乗せているのだと思ったら、微妙な距離・・・首、しんどくない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一安心です。

7月の始め頃、母が頭痛がすると言いました。
病院でCTを撮っていただいた所、首にも圧迫骨折のあとがありました。3月末に転んで、胸椎を圧迫骨折したとき、転んだついでに頭を階段にぶつけたそうです。
でも、そのときは腰のあまりの痛さに、頭のことは忘れていたとか。
痛み止めをもらって、とりあえず、念のため、MRIを撮りましょうと言われたのですが、予約が8月後半になってしまいました。

まあCTでは異常がないし、頭痛も治まったしと軽い気持ちで受けたMRIで
「頭に白い影がある」と引っかかってしまったのです。
もしかしたら転んだときに内出血していた跡かもしれないけれど、もう一度調べないとなんとも言えないといわれ、9月28日に再MRIを撮りました。

この一ヶ月、我が家はかなり気持ち的にうっとおしかったです。

単純な打撲の結果なら良いけれど、もし他に悪いところが見つかったら、場所が場所だけにちょっと深刻です。

母の病気も心配だけど、なんと言っても一番の問題が父。
なんども書いていますが、これほど何も出来ない(物理的にも精神的にも)じいさまは、まず、いないのではないだろうか。
お茶を入れられないのなんて当たり前、一人で着替えることも出来ない・・・それ以前に、今日の温度がどれくらいで、何を着ればよいかさえ、母に聞かなければ決められない。

決まった時間に、決まったものを食べなければならない(どんな周りが切迫した状況であろうと)

自分の生活パターンが、どういう事情であろうと崩されることは絶対にだめ。

それ以上に、すべてを母に依存しており、母の姿が見えないと、精神的に大ダメージを受ける。

もし、母が入院とか、手術になったら、このお役目がすべて私にかかってきます。
父は、私では満足できないだろうけど、施設にショートステイをするとか、ヘルパーさんを頼むのは論外だから、私で我慢してもらうしかありません。
母が骨折したときは、叔母が手伝いに来てくれていたけれど、叔母も娘(私の従姉妹)が出産を控えていて、以前のように、父を最優先することは出来ないし・・・

もう完全に仕事辞めるしかないな、遊びに行くことも出来なくなるな・・・と、覚悟を決めて、今日、検査結果を聞きに行きました。

幸い、頭の白い影は消えていました。
たぶん、転んで打ったときに内出血したのが、吸収されたのだろうとのことです。

良かった!!!!

高齢者を抱えると言うのは、大変なことです。

主人の母、私の両親、三人の爺婆の面倒が、全部かかってきます。
親って、いくつになっても、自分の前をしっかり歩いている・・・そういう存在であって欲しいのに、いつの間にか、立場が逆転してしまう。

老いて、弱って、よろよろして、自分でいろいろなことが出来なくなった親を見るのは切ないです。
仕事では、ご利用者の心身のお世話、傾聴、受容、共感といったマニュアルが実行できます。
でも、自分の親になると、かなり辛いです。

ついいらいらして、きついことを言ってしまい、後悔したり、やってあげられない自分に自己嫌悪を感じたり・・・

それでも、私の介護生活はまだまだ入り口。
仕事で学ばせていただいたことを、実生活にも生かしてやっていこうと思います。

何人かのお友達には、相談させていただき、愚痴も聞いていただいていました。
おかげさまで、今回は、一安心できます。
どうもありがとうございました。

211005_001

昨晩、両親を呼んでの晩御飯です。鶏肉のホワイトソース煮。鶏皮ポン酢。白子ソテー。三種盛りは親もつ、セロリメンマ、大根と牛肉の炒め物。秋刀魚ご飯(これ、めちゃめちゃ美味しかった!!秋刀魚を塩焼きして、炊飯器にお米を入れ、出し、お酒、しょうが、梅干で、炊き込みます。食べるときに大根おろし、ねぎを乗せて、巣立ちを絞り混ぜ混ぜして)

211005_002

今日の晩御飯です。鶏肉のホワイトソース煮、親もつの煮物は昨日の残りです。茄子の煮物。白子の塩焼き。秋刀魚ご飯の残りには、味噌と大葉を混ぜました。これも美味しかったけど、私は大根おろし、酢橘のほうが好みかな。

211005 なんだかばたばたしていたのとマイの皮膚の調子が悪くてなかなか、マイクーをシャンプーカットに行かせる事が出来ません。
で、こんなもこもこのくまさんみたいになっちゃいました(汗)
早く、トリマーさん、予約しなきゃです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カムイ外伝

「カムイ外伝」を見に行きました。

この原作は昔、読みまくり、アニメもずっと見ていました。
今のアニメにはあまり見られない、救いのなさ、暗さ、孤独、絶望・・・満載の、読んで(見て)楽しい物語ではなかったけれど、好きでした。

この映画はレビューでは散々酷評されており、あまりの酷評に、崔監督がぶちきれたとまで言われているのですが、私はわりと面白く、全然退屈することなく見られました。

映画「英雄 HERO」のワイヤーアクションと比較して、いろいろ言われているようですが、(「HERO」は映画館で何度も見て、DVDも持っているくらい好きな作品です)、もともとアニメが原作である以上、この程度の無理があってもかまわないと思うなあ。

鮫のシーンのCGには、驚いたけれど。

松山ケンイチさんは、特別好きな役者さんではないけれど、走り方とかとっても「忍者」してて、かっこよかったです。

小雪さん、小林薫さん、伊藤英明さん、佐藤浩市さんといった周りの豪華な方々もよかったです。
特に、伊藤英明さん、すごかった!

ただ、カムイを囲む人々が良い人で、カムイもそこに落ち着いちゃってる感じはちょっとかな・・・

歴史的な背景も含め、もっともっと孤独で、絶望的で、それでも「生きる!」という姿が見たかったです。

それから、この映画、かなり血まみれです。
私は、映画の「血」はあまり得意ではないので、目をそらしたところもありました。

二度見たいとまでは思わないけれど、面白かったです。

マイケル ジャクソンの最後の映像を撮った映画「This is it」の予告をやっていました。
10月28日から、二週間限定の上映だそうです。
これは、絶対に絶対に見なきゃ!!!(万障繰り合わせて!万難排して!)


川崎ラゾーナはハロウィン一色です。すっかり日本人にもハロウィンは認知されたね。次はイースターだ。

で、
211002
こんなピアスを買いました(どこに付けていくんだろう)
211002_001
金曜日の晩御飯です。公文の日は、前もって作っておけるものにします。おでん。たたききゅうり
211002_002
夜の晩御飯です。冷蔵庫のお掃除。お好み焼き。茄子と牛筋の煮物。鶏ともやしの炒め物、大根おろしと酢橘で(大根おろしと酢橘にお醤油というのがマイブーム!!お肉を焼いたり、パスタを茹でたりしても、これで頂いています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジムに行くのだ~~

最近、ものすご~~~~~く太ってしまいました。
夫や息子に言われるばかりか、久しぶりにあった友達にも、第一声「太った?」

うぐぐぐぐ

明らかに、ジーンズとかきついし・・・
ぴちっとしたTシャツを着ると、背中の肉がくっきり見えるし・・・

今まで、割と飲んでも食べても太らなかったので、すっかり油断していたのだけど、やはり年齢のせいか、ホルモン剤飲んでるせいか、しっかり身につくようになってしまいました。

これは何とかしなければならない。

それに加え、職業病?の腰痛もかなり限界に近かったし・・・

いまさら、バリバリのスポーツジムに通う気力はなし、泳ぎに行って、すっぴんで電車に乗る勇気もなし。

歩いて5,6分のところに、「カーヴス」という女性専用のフィットネスクラブがあります。
H多さん始め、ご近所さんが沢山通っておられるところです。

筋力トレーニング(マシン)、有酸素運動、ストレッチの3本仕立てで、12あるマシンとステップボードを30秒ごとに入れ替わり、それを二周。
その後5,6分のストレッチ運動です。
合計30分。

痩せるという効果ももちろんあるけれど、五十肩、腰痛、膝痛、生活習慣病改善がどちらかというと、メインなのかな。

メンバーさんの平均年齢、かなり高いです。

昨日、体験に行ってきたのですが、なかなか気持ちよく、これなら、空いてる時間にちょこっと通えるので、続きそうです。

30分の体験の間だけで、5人もお知り合いにあっちゃったよ。
みんなに「頑張ってね」と言われ、インストラクターの方にも
「スーさん、応援が沢山いてよいですね」と言っていただきました。

恐ろしくて量ることが出来なかった体重、ウエスト、おなか周り、ヒップ、太もも、腕周り、体脂肪などなど、具体的な数字が出るたびに
「わ!!」「う!!」「お!!」と叫びたくなりました。

「妊娠中を除いて、一番太っていたときはいつですか?どれくらいありましたか?」
という質問に
「今です・・・(妊娠中は6キロしか太らなかった)」と答えたのは悲しかった・・・

でも、私は半年後には大きく変わるのだ!!

常日頃から、気になっていることのひとつですが、ニュース番組でもワイドショーでもバラエティーでも、外国人にインタビューするとき、その吹き替えや字幕が、すべて、ため語なこと。

「そうなんだよ、僕が見たとき、車が突然飛び込んできて、いや~~驚いたよ」とか
「そうなの、私はいつもあのお店で買い物をするんだけど、あの時は○○だったわ」などなど。

とても違和感を感じていたけれど、今朝は、びっくりしたよ!
アメリカのファーストレディ ナンシー夫人が、オリンピック開催地のことでインタビューを受けていた、その吹き替えが
「シカゴはとても美しい町だから、シカゴに決まるといいわね~~。私も大好きな町よ」(うるおぼえ)

どう考えても、これはおかしいでしょう???
一国を代表する人が、こんな口の聞き方するわけないじゃないですか。
う~~ん、どう考えてもおかしい。

211001_001

水曜日の晩御飯です。秋刀魚のお刺身。唐辛子とじゃこの炒め物(全然辛くないとお店の人は言ったけれど、ものすごく辛かった!!息子なんて悶絶していました。今度文句を言おう)。豚肉と白菜の重ね蒸し。なめことねぎのお味噌汁。

211001_002

昨日の晩御飯です。煮豚(キャベツたっぷり)。オクラおひたし。なめこおろし。えのきのお吸い物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »